サイト内の現在位置

ベトナム向け地球観測衛星「LOTUSat-1」、自然災害の監視強化に貢献 [02:16]

音声テキスト

宇宙というのは世界をですね。グローバルに俯瞰して見れる・・

NECが開発した高性能小型レーダー衛星、「ASNARO-2」。
そのミッションは、電波を使って地表を観測すること。
同時に、そのデータを地上システムが見える化し、自然災害の監視、都市や農地の状況把握に貢献する。
そして2024年、ASNARO-2の同型機であるベトナム向けの地球観測衛星「LOTUSat-1」が完成した。

ベトナムは気候変動が激しく、多くの嵐や雲によって影響を受けている国です。
しかし、SAR(合成開口レーダー)を搭載しているLOTUSat-1があれば、より多くのデータを入手でき、災害対策や大規模災害の予防に、より効率的に貢献できると信じています。
そのため、近い将来の衛星運用に向け、それに特化した人材を準備しようとしています。
そうした中で、日本、特にNECが、非常に重要なパートナーになると信じています。

衛星は打ち上げた後に5年以上軌道上で運用されることが予定されております
次はこの事業の更なる拡張を進めていきたい
NECのグローバル宇宙市場におけるプレゼンスを確実なものにしたいと考えております。
衛星を小型にすれば打ち上げロケットも小さいサイズですみますし、これまで衛星を使ったことがない人も利用できるように進めていくことによって、社会の安心安全を全ての人が享受できる世の中にしていきたい。

これからがスタートだと・・

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

LOTUSat-1は、地球表面にレーダーを照射しその反射波によって高解像度の画像を作成する合成開口レーダー(SAR)を搭載しており、昼夜を問わず撮影し、雲やその他の気象現象にも影響されず地表を観察できます。これにより、土砂崩れや森林火災、洪水など自然災害に対する監視を強化することができるようになり、近年増加するベトナムにおけるの自然災害の被害低減および気候変動対策、災害予測の高度化に貢献することが期待されています。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2024年3月21日)