ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM WinShare
  5. FAQ
  6. FAQ(動作環境)
ここから本文です。

WebSAM WinShare - FAQ(動作環境)

動作環境

機種/ハードウェア

Q1対応機種を教えてください。
A1WinShareはMicrosoft Windowsが動作するMateシリーズ、VersaProシリーズ、Express5800シリーズ(MIPS社製CPU搭載機種は除く)、その他PC/AT互換機でご利用可能です。
Q2ディスプレイドライバとの相性問題はありますか?
A2WinShareはディスプレイドライバに依存しないため、どのディスプレイドライバを使用している環境下でも利用可能です。
Q3接続先のマシンにディスプレイが繋がれていなくても利用できますか?
A3ディスプレイドライバの環境設定がされていて、単にディスプレイが本体に接続されていない場合であれば利用可能です。

ネットワーク

Q1インターネット経由での利用は可能ですか?
A1リモートPCにグローバルIPアドレスが付与されており、オペレーションPCとリモートPCでTCP/IPによる通信が行える環境でしたらご利用可能です。
また、リモートPC自体にグローバルIPアドレスが付与されていない場合でも、ルータなどでグローバルIPアドレスとローカルIPアドレスが一対一で変換できるNAT環境であればご利用可能です。

一対多のNAT(IPマスカレード)環境でご利用される場合はこちらのFAQをご参照ください。
Q2モデムを用いたダイヤルアップ接続環境でも利用できますか?
A2オペレーションPCとリモートPCでTCP/IPによる通信が行える環境でしたらご利用可能です。
ただし、WinShareにはダイヤルアップ接続を行う機能自体はありません。

そのため、WinShareで接続する前にOSの機能などで別途ダイヤルアップ接続を行い、TCIP/IPによる通信が可能な状態にした上でWinShareをご利用いただく必要があります。
Q3一対多のNAT(IPマスカレード)環境でも利用できますか?
A3オペレーションPC、リモートPCともにVer6.1以降の場合、「1対多」のNAT環境でご利用いただくことが可能です。

ルータにて、ポート番号で接続先のリモートPCを切り替える(静的IPマスカレード)設定を行ってください。
接続先のポート番号を適宜変更することで、一つのグローバルIPアドレスで複数のリモートPCに接続することができます。

接続先のポート番号は、オペレーションGUI(リモート操作ツール)起動コマンドの引数に指定します。
実行例は以下の通りです。
wsclient.exe /server 接続先グローバルIPアドレス /port ポート番号
Q4通信内容は暗号化されますか?
A4ご利用のバージョンの組み合わせによって暗号化されるデータや暗号化アルゴリズムが異なります。

×:通信データは暗号化されません
○:認証データ+リモート操作データがAES128で暗号化されます
◎:全ての通信データ(認証データ+リモート操作データ+ファイル転送データ)がAES256で暗号化されます

  リモートPCのバージョン
~Ver5.3 Ver5.31~Ver6.01 Ver6.1~
オペレーション
PCのバージョン
~Ver5.3 × × ×
Ver5.31~Ver6.01 × ○ ※1 ○ ※2
Ver6.1~ × ○ ※1

※1 リモートPCにて、「送受信データを暗号化する」に設定する必要があります。

※2 リモートPCにて、「Ver6.0以前のホストからの接続を拒否しない」に設定する必要があります。

OS(オペレーティングシステム)

Q1Linuxには対応していますか?
A1WinShareはLinuxサーバに対応しておりません。
現在のところ、対応予定もございません。
Q2Windows XPには対応していますか?
A2Windows XPにはVer3.06~Ver6.01で対応しています。
ただし、製品のバージョンによっては以下の注意・制限事項があります。
  • WinShareリモートライセンス(Ver3.0x, Ver4.0x)をインストールした場合、Windows XPのユーザの簡易切り替え機能は使用することができません。
  • WinShareリモートライセンス(Ver4.07以前)をインストールした場合、Windows XPのリモート デスクトップ接続は使用することができません。
Q3Windows Server 2003/2003 R2には対応していますか?
A3Windows Server 2003/2003 R2にはVer4.0~Ver6.01で対応しています。
ただし、製品のバージョンによっては以下の注意・制限事項があります。

【リモート デスクトップ接続、ターミナル サービスとの併用ができない】
WinShareと、リモート デスクトップ接続を併用することはできません。
また、ターミナル サービスについても同様に併用することができません。
※Ver4.08以降の製品では上記制限事項はございません。

【Windows Server 2003/2003 R2(x64版)に対して特定の機能が使用できない】
リモートPCがWindows Server 2003/2003 R2(x64版)の場合、以下の機能が使用できません。
  • CTRL+ALT+DEL送信
  • ログオン画面、セキュリティ画面に対するマウス操作およびキー入力
※Ver5.1以降の製品では上記制限事項はございません。
Q4Windows Vistaには対応していますか?
A4Windows VistaにはVer5.1以降で対応しています。
ただし、以下の注意・制限事項があります。

【JIS2004固有文字が文字化けする】
WinShareのGUI上に表示される文字列(例えば、接続履歴を確認する際に表示される「接続先ホスト名」や「ログオンユーザ名」など)やクリップボード転送機能で用いるデータなど、WinShareが取り扱うデータにJIS2004固有文字が含まれている場合に文字化けが発生するなどの問題が生じます。
この問題は、以下の2つの対処を行うことで回避可能です。

  1. IMEでの入力範囲をJIS90に制限 IMEプロパティ→[変換]タブ→[変換文字制限]にて、「JIS X 0208文字で構成された単語/文字のみ変換候補に表示する」にチェックを入れる。
  2. Microsoftから提供されているJIS90互換フォントをインストール Microsoftのダウンロードセンターから「KB927490」を検索して、検索したページに従いインストールを行う。
※なお、リモートPC内に閉じた(WinShareが関与しない)範囲においてはJIS2004固有文字を問題なくご利用いただけます。

【標準のセキュリティ設定でCTRL+ALT+DEL送信ができない】
リモートPCがWindows Vistaの場合、標準のセキュリティ設定ではWinShareの機能の一つであるCTRL+ALT+DEL送信を使用することができません。
CTRL+ALT+DEL送信を使用する場合は、以下の設定変更を行ってください。

  1. リモートPCにてローカル グループ ポリシー エディタ「gpedit.msc」を起動
  2. 「コンピュータの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「Windows ログオンのオプション」→「ソフトウェアの Secure Attention Sequence を無効または有効にする」を開き「有効」を選択
  3. 「Secure Attention Sequence の生成が許可されるソフトウェアを設定する」で一覧より「サービス」を選択
  4. 「OK」ボタンを押下
Q5Windows Server 2008には対応していますか?
A5Windows Server 2008にはVer5.11以降で対応しています。
ただし、以下の注意・制限事項があります。

【JIS2004固有文字が文字化けする】
WinShareのGUI上に表示される文字列(例えば、接続履歴を確認する際に表示される「接続先ホスト名」や「ログオンユーザ名」など)やクリップボード転送機能で用いるデータなど、WinShareが取り扱うデータにJIS2004固有文字が含まれている場合に文字化けが発生するなどの問題が生じます。
この問題は、以下の2つの対処を行うことで回避可能です。

  1. IMEでの入力範囲をJIS90に制限 IMEプロパティ→[変換]タブ→[変換文字制限]にて、「JIS X 0208文字で構成された単語/文字のみ変換候補に表示する」にチェックを入れる。
  2. Microsoftから提供されているJIS90互換フォントをインストール Microsoftのダウンロードセンターから「KB927490」を検索して、検索したページに従いインストールを行う。
※なお、リモートPC内に閉じた(WinShareが関与しない)範囲においてはJIS2004固有文字を問題なくご利用いただけます。

【標準のセキュリティ設定でCTRL+ALT+DEL送信ができない】
リモートPCがWindows Server 2008の場合、標準のセキュリティ設定ではWinShareの機能の一つであるCTRL+ALT+DEL送信を使用することができません。 CTRL+ALT+DEL送信を使用する場合は以下の設定変更を行ってください。

  1. リモートPCにてローカル グループ ポリシー エディタ「gpedit.msc」を起動
  2. 「コンピュータの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「Windows ログオンのオプション」→「ソフトウェアの Secure Attention Sequence を無効または有効にする」を開き「有効」を選択
  3. 「Secure Attention Sequence の生成が許可されるソフトウェアを設定する」で一覧より「サービス」を選択
  4. 「OK」ボタンを押下
Q6Windows 7、Windows Server 2008 R2には対応していますか?
A6Windows 7、Windows Server 2008 R2にはVer5.2以降で対応しています。
ただし、以下の注意・制限事項があります。

【JIS2004固有文字が文字化けする】
WinShareのGUI上に表示される文字列(例えば、接続履歴を確認する際に表示される「接続先ホスト名」や「ログオンユーザ名」など)やクリップボード転送機能で用いるデータなど、WinShareが取り扱うデータにJIS2004固有文字が含まれている場合に文字化けが発生するなどの問題が生じます。
この問題は、以下の2つの対処を行うことで回避可能です。

  1. IMEでの入力範囲をJIS90に制限 IMEプロパティ→[変換]タブ→[変換文字制限]にて、「JIS X 0208文字で構成された単語/文字のみ変換候補に表示する」にチェックを入れる。
  2. Microsoftから提供されているJIS90互換フォントをインストール Microsoftのダウンロードセンターから「KB927490」を検索して、検索したページに従いインストールを行う。
※なお、リモートPC内に閉じた(WinShareが関与しない)範囲においてはJIS2004固有文字を問題なくご利用いただけます。

【標準のセキュリティ設定でCTRL+ALT+DEL送信ができない】
リモートPCがWindows 7、Windows Server 2008 R2の場合、標準のセキュリティ設定ではWinShareの機能の一つであるCTRL+ALT+DEL送信を使用することができません。
CTRL+ALT+DEL送信を使用する場合は以下の設定変更を行ってください。

  1. リモートPCにてローカル グループ ポリシー エディター「gpedit.msc」を起動
  2. 「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「Windows ログオンのオプション」→「ソフトウェアの Secure Attention Sequence を無効または有効にする」を開き「有効」を選択
  3. 「Secure Attention Sequence の生成が許可されるソフトウェアを設定する」で一覧より「サービス」を選択
  4. 「OK」ボタンを押下
Q7Windows 8、Windows Server 2012には対応していますか?
A7Windows 8、Windows Server 2012にはVer5.33以降で対応しています。
ただし、以下の注意・制限事項があります。

【JIS2004固有文字が文字化けする】
WinShareのGUI上に表示される文字列(例えば、接続履歴を確認する際に表示される「接続先ホスト名」や「ログオンユーザ名」など)やクリップボード転送機能で用いるデータなど、WinShareが取り扱うデータにJIS2004固有文字が含まれている場合に文字化けが発生するなどの問題が生じますので使用しないでください
※なお、リモートPC内に閉じた(WinShareが関与しない)範囲においてはJIS2004固有文字を問題なくご利用いただけます。

【標準のセキュリティ設定でCTRL+ALT+DEL送信ができない】
リモートPCがWindows 8、Windows Server 2012の場合、標準のセキュリティ設定ではWinShareの機能の一つであるCTRL+ALT+DEL送信を使用することができません。
CTRL+ALT+DEL送信を使用する場合は以下の設定変更を行ってください。

  1. リモートPCにてローカル グループ ポリシー エディター「gpedit.msc」を起動
  2. 「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「Windows ログオンのオプション」→「ソフトウェアの Secure Attention Sequence を無効または有効にする」を開き「有効」を選択
  3. 「Secure Attention Sequenceの生成が許可されるソフトウェアを設定する」で一覧より「サービス」を選択
  4. 「OK」ボタンを押下
Q8Windows 8.1、Windows Server 2012 R2には対応していますか?
A8Windows 8.1、Windows Server 2012 R2にはVer6.0以降で対応しています。
ただし、以下の注意・制限事項があります。

【JIS2004固有文字が文字化けする】
WinShareのGUI上に表示される文字列(例えば、接続履歴を確認する際に表示される「接続先ホスト名」や「ログオンユーザ名」など)やクリップボード転送機能で用いるデータなど、WinShareが取り扱うデータにJIS2004固有文字が含まれている場合に文字化けが発生するなどの問題が生じますので使用しないでください。
※なお、リモートPC内に閉じた(WinShareが関与しない)範囲においてはJIS2004固有文字を問題なくご利用いただけます。

【標準のセキュリティ設定でCTRL+ALT+DEL送信ができない】
リモートPCがWindows 8.1、Windows Server 2012 R2の場合、標準のセキュリティ設定ではWinShareの機能の一つであるCTRL+ALT+DEL送信を使用することができません。
CTRL+ALT+DEL送信を使用する場合は以下の設定変更を行ってください。

  1. リモートPCにてローカル グループ ポリシー エディター「gpedit.msc」を起動
  2. 「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「Windows ログオンのオプション」→「ソフトウェアの Secure Attention Sequence を無効または有効にする」を開き「有効」を選択
  3. 「Secure Attention Sequence の生成が許可されるソフトウェアを設定する」で一覧より「サービス」を選択
  4. 「OK」ボタンを押下
Q9Windows 10には対応していますか?
A9Windows 10にはVer6.1以降で対応しています。
ただし、以下の注意・制限事項があります。

【JIS2004固有文字が文字化けする】
WinShareのGUI上に表示される文字列(例えば、接続履歴を確認する際に表示される「接続先ホスト名」や「ログオンユーザ名」など)やクリップボード転送機能で用いるデータなど、WinShareが取り扱うデータにJIS2004固有文字が含まれている場合に文字化けが発生するなどの問題が生じますので使用しないでください。
※なお、リモートPC内に閉じた(WinShareが関与しない)範囲においては、JIS2004固有文字を問題なくご利用いただけます。

【標準のセキュリティ設定でCTRL+ALT+DEL送信ができない】
リモートPCがWindows 10の場合、標準のセキュリティ設定ではWinShareの機能の一つであるCTRL+ALT+DEL送信を使用することができません。
CTRL+ALT+DEL送信を使用する場合は、以下の設定変更を行ってください。

  1. リモートPCにてローカル グループ ポリシー エディター「gpedit.msc」を起動
  2. 「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「Windows ログオンのオプション」→「ソフトウェアの Secure Attention Sequence を無効または有効にする」を開き「有効」を選択
  3. 「Secure Attention Sequence の生成が許可されるソフトウェアを設定する」で一覧より「サービス」を選択
  4. 「OK」ボタンを押下

【タッチパネルによるリモート操作は未サポート】
リモートPCがWindows 10の場合、オペレーションPCからのタッチパネルによるリモート操作(スワイプやピンチアウト等)はご利用いただけません。
Q10Windows Embeddedには対応していますか?
A10一部対応しております。

その他

Q1Symantec pcAnywhereと共存させることはできますか?
A1Symantec pcAnywhereがインストールされている環境でWinShareをご利用いただくことは可能です。
ただし、Symantec pcAnywhereが正常に動作するかどうかにつきましては保証できかねますので、事前に動作検証の方をお願いいたします。
Q2異なるバージョン同士の相互接続は可能ですか?
A2Ver2.0以降でしたら、どのバージョンでも相互に接続することが可能です。
ただし、各バージョンで強化された機能については、そのバージョン以降の組み合わせでのみご利用可能です。
Q3バージョンの確認方法を教えてください。
A3WinShareのバージョン情報は以下の手順でご確認いただけます。

【オペレーションPC(操作する側)】
オペレーションPCでWinShareオペレーションGUI(リモート操作ツール)を起動し、メニューから「ヘルプ」⇒「バージョン情報」を選択してください。
表示された情報がオペレーションPCのバージョン情報です。

【リモートPC(操作される側)】
オペレーションPCでオペレーションGUI(リモート操作ツール)を起動し、バージョン情報を確認したいリモートPCに接続します。
接続後、メニューから「接続」⇒「リモートPC情報表示」を選択してください。
「WinShareのオブジェクトバージョン」の「サーバ」に表示された情報がリモートPCのバージョン情報です。

ページの先頭へ戻る