ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業・官公庁向け製品名一覧
  4. UNIVERGE IXシリーズ
  5. 技術情報/お知らせ
  6. DS-Lite 設定ガイド
ここから本文です。

UNIVERGE IXシリーズ 技術情報

設定事例

DS-Lite 設定ガイド

IPv4 over IPv6トンネリング技術の1つであるDS-Liteを使用して、フレッツ IPv6サービス(IPv6 IPoE)経由でIPv4インターネットに接続するための設定例をご紹介します。

DS-Liteの接続構成図

図.DS-LiteによるIPv4インターネット接続

設定ガイド集をお使いになる前に

  • 本設定例は「IX2105」を前提に記載しておりますが、その他ギガビットイーサネット対応機種(「IX2207」など)でも本ページの設定例をそのままご利用いただけます(ご利用構成によってはインタフェース番号の変更が必要です)。
  • 「IX2105」は、回線終端装置(ONU)、もしくはひかり電話対応機器(ひかり電話ルータ/ホームゲートウェイなど)のLANポートに接続してください。
  • 本例は、コマンドラインインタフェース(CLI)での設定を想定しています。お使いの機器が「IX2105」、「IX2207」の場合は、あらかじめ設定モードの変更を行ってください(変更方法)。

ルータのコンフィグモードに入るには、
Router# enable-config
と入力します。

準備 PCの設定

概要
あらかじめPCを設定します。

使用するPCに対して、「IPv4アドレス」と「DNSサーバのアドレス」を自動取得する設定を行ってください。

STEP1 IPv6 IPoE接続の設定

概要
IPv6 IPoEサービスに接続するための設定をルータに投入します。

  • IPv6 RA機能を使用して、IX2105のWAN側インタフェースにIPv6アドレスの自動設定を行います。
  • 加えて、DHCPv6機能を使用して、上位DNSサーバのIPv6アドレスを取得します。

ipv6 dhcp client-profile dhcpv6-cl
  information-request
  option-request dns-servers
!
interface GigaEthernet0.0
  ipv6 address autoconfig receive-default
  ipv6 dhcp client dhcpv6-cl
  no shutdown

STEP2 LAN側インタフェース(IPv4)の設定

概要
LAN側インタフェースの設定を行います。

  • IX2105のLAN側インタフェースでDHCPサーバ機能(IPv4)を有効化します。LAN側端末に対して、IPv4アドレスの自動設定と、DNSサーバアドレス(IX2105自身のアドレス)を通知します。
  • IX2105のプロキシDNS機能を有効化します。IX2105は、LAN側端末からIPv4で受信したDNSパケットを、IPv6で上位DNSサーバに転送します。

ip dhcp enable
!
proxy-dns ip enable request both
!
ip dhcp profile dhcpv4-sv
  dns-server 192.168.1.254
!
interface GigaEthernet1.0
  ip address 192.168.1.254/24
  ip dhcp binding dhcpv4-sv
  no shutdown

STEP3 IPv4 over IPv6インターネット接続の設定

概要
IPv4 over IPv6トンネリングの設定を行います。

  • tunnel destination fqdnコマンドでは、トンネルの接続先となるAFTRのドメイン名を入力してください。

ip route default Tunnel0.0
ip ufs-cache enable
ip dhcp enable
!
interface Tunnel0.0
  tunnel mode 4-over-6
  no tunnel adjust-mtu
  tunnel source GigaEthernet0.0
  tunnel destination fqdn [AFTRのドメイン名]
  ip unnumbered GigaEthernet1.0
  ip tcp adjust-mss 1460
  no shutdown

これで設定は完了です。

PCのブラウザから、IPv4サイトにアクセスし、ページが正常に表示されることを確認してください。

最終的な全体の設定は以下のようになります。

ip route default Tunnel0.0
ip ufs-cache enable
ip dhcp enable
!
proxy-dns ip enable request both
!
ip dhcp profile dhcpv4-sv
  dns-server 192.168.1.254
!
ipv6 dhcp client-profile dhcpv6-cl
  information-request
  option-request dns-servers
!
interface GigaEthernet0.0
  ipv6 address autoconfig receive-default
  ipv6 dhcp client dhcpv6-cl
  no shutdown
!
interface GigaEthernet1.0
  ip address 192.168.1.254/24
  ip dhcp binding dhcpv4-sv
  no shutdown
!
interface Tunnel0.0
  tunnel mode 4-over-6
  no tunnel adjust-mtu
  tunnel source GigaEthernet0.0
  tunnel destination fqdn [AFTRのドメイン名]
  ip unnumbered GigaEthernet1.0
  ip tcp adjust-mss 1460
  no shutdown

最後に設定の保存を行います。
Router(config)# write memory

ページの先頭へ戻る