ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. サーバ仮想化/統合ソリューション
  4. サーバ仮想化とは
ここから本文です。

サーバ仮想化とは

今、多くの企業ではITコストの見直しに取り組まれています。なかでも、サーバの台数を適正化するなどのリソースの有効活用や、消費電力や運用管理のコスト低減などは重要課題の一つとなっています。また一方で、ビジネスの変化に迅速かつ柔軟に対応できるITシステムが求められています。これらの解決策として「サーバ仮想化」が注目されています。

サーバ仮想化とは、1台のサーバ(物理サーバ)を複数台の仮想的なサーバ(仮想サーバ)に分割して利用する仕組みです。それぞれの仮想サーバではOSやアプリケーションを実行させることができ、あたかも独立したコンピュータのように使用することができます。

ビジネスや業務の変化に対応すべく新たなシステムを構築する際にも、仮想化環境では、ハードウェア等を新たに購入しなくても新サーバを容易に追加することができるので、変化にすばやく対応できます。

サーバ仮想化のメリット・特長

サーバ仮想化はさまざまな課題を解決し、多くのメリットをもたらします。

サーバ台数の集約/運用の効率化

アプリケーションごと、部門ごとに導入したサーバのCPU使用率をみると、各サーバとも意外と低く、サーバの性能を十分に発揮できていないことが多くあります。サーバ仮想化を導入して、複数台のサーバを1台に集約することで、サーバリソースを有効に活用できるようになります。

サーバ仮想化で、サーバ台数の集約/運用の効率化ができます。

最新ハードウェアで既存アプリケーションを稼動

新しいOSに対応しない既存のアプリケーションも、仮想化環境を構築すれば、最新のサーバ上で運用することができ、万が一のハードウェア障害時もしっかりサポートしてもらえるので、今後も継続して使い続けることができます。

サーバ仮想化で、最新ハードウェアで既存アプリケーションを稼動できます

事業継続/災害対策

メインサイトで地震などの災害が発生して業務の継続が困難になった時、仮想サーバのシステム部分とデータ部分を、バックアップサイトの仮想化環境にコピーして、同じシステム環境を速やかに立ち上げることにより、短期間で業務を再開できます。

サーバ仮想化で、事業継続/災害対策をすることができます

開発・評価環境の効率化

開発・評価の現場では、複数台のサーバやさまざまなOS環境を常に用意しておく必要があります。サーバ仮想化を導入すると、多様な開発・評価環境を容易かつすばやく構築できるので、サーバ台数の削減とともに、コスト低減、開発期間の短縮が可能になります。

サーバ仮想化で、開発・評価環境の効率化をすることができます

ページの先頭へ戻る