ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. StarOffice
  4. 機能
ここから本文です。

StarOffice Xシリーズの特長

V5の強化ポイント

StarOffice Xシリーズ(以下、StarOffice X)V5では、企業内で活用が拡大するタブレットや、PC上のIE以外のブラウザをサポートし、多様化するワークスタイルに柔軟に対応します。

さらに、確実な気付きにも役立つポータルの表現力強化や、メール・スケジュール連携機能をはじめとする利便性の向上により、お客様の業務効率向上に貢献致します。

マルチデバイス・マルチブラウザ対応

PC以外の端末としてタブレット端末(iPad・Andoroidタブレット)をサポートします。
またPC上でIE以外のブラウザ(Chrome・Firefox)をサポートします。
StarOffice Xの各機能が幅広い端末環境で利用可能となり、会議室・外出先・屋外などでの活用場面を増やします。

マルチデバイス・マルチブラウザ対応

ポータルの表現力強化

ポータルページのテーマの追加やポートレット単位の色の指定など表現力を強化し、利用者にとってより見やすくより気付きやすい画面を作成頂けるようになりました。
また、StarOffice Xのキャビネット・掲示板の新着や未既読を管理できる新RSSリーダーポートレットの標準搭載や、アイコン表示が可能なリンクメニューポートレットなども強化しています。

ポータルの表現力強化

利便性の向上

お客様から数多くご要望頂いていた、メール・スケジュール管理の機能間連携機能や、スケジュールの月間(カレンダー形式)印刷機能などを強化しています。

利便性の向上

V5.1の強化ポイント

対応プラットフォームの強化

以下のプラットフォームに対応しました。
     サーバOS
          ・Microsoft Windows Server 2012 R2
     データベース
          ・SQL Server 2014 SP2
          ・Oracle Database 12c Standard Edition 2(12.1.0.2)
     Java関連
          ・JDK 8 Update 102 64bit
     クライアントPCのOS
          ・Microsoft Windows 10
     クライアントPCのブラウザ
          ・Microsoft Internet Explorer 11

利便性の向上

お客様からご要望をいただいておりました以下の機能を強化しました。
・クライアントPCでの文書参照ソフトとしてMicrosoft Office 2016に対応
・キャビネットでのタウンロード数の制限解除
・掲示板サービスで配下に掲示文書を登録した日時を表示できるように改善
・利用者環境構築パラメータ生成ツールで、「個人情報」のパラメータとして、外部メー
ル許可(MAILPERMISSIONS)を出力するように改善

StarOffice Xシリーズで実現するグループウェア機能の特長

セキュリティを考慮したグループウェア機能

日常業務に使うアプリケーションの中にセキュリティの基本的なルールを習慣として定着させる仕組みを取り込むことにより、全社員のセキュリティに対する意識を高め、全社的にセキュリティ対策のレベルを高めることが出来ます。

>>>詳細はこちら

きめ細かいアクセス権設定などの特長を持つ文書管理

「文書管理によるファイル共有」や「メールによるコミュニケーション」が一体となって、既にある文書の活用により、繰り返しの部分の手間を削減して、知的生産性に係わる業務の拡大を支援します。

>>>詳細はこちら

情報への入り口を統合する、ポータル機能を標準でご提供

社員が必要な情報に容易にアクセスする入り口として、ポータル機能を標準でご提供します。毎日使う必需品として「グループウェアのポータル」から浸透を図り、全社の情報やシステムへの入り口の一元化に発展させることが出来ます。

>>>詳細はこちら

日本型組織に対応したID管理による、グループウェアの効率的な運用管理

人事システムと高い親和性を確保したID管理を、共通の認証基盤として全ての機能に適用していますので、効率的な運用管理が可能になります。

>>>詳細はこちら

StarOfficeご紹介資料の郵送をご希望の方は、下記よりお問い合わせフォームを開き、「StarOfficeご紹介資料希望」とご記入ください。

資料請求・お問い合わせ


ページの先頭へ戻る