ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NECの映像デバイス MultiSync & ViewLight
  4. 映像ソリューション
  5. 導入事例
  6. 沖縄県那覇市役所 様
ここから本文です。

導入事例

沖縄県那覇市役所 様

沖縄県那覇市役所 様

所在地 〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号
電話番号 098-863-1750
那覇市HP http://www.city.naha.okinawa.jp/
那覇市てんぶす館HP http://www.tenbusu.jp/
那覇市facebook https://www.facebook.com/naha.78.naha
一般社団法人那覇市観光協会HP http://www.naha-navi.or.jp/

設置場所 読谷村内 国道58号沿い大湾交差点

320インチ相当LEDマルチスクリーンの導入経緯とその感想について、沖縄県那覇市経済観光部 なはまちなか振興課主事 長瀬達也様にお話を伺いました。

那覇てんぶすビジョンとは?

国際リゾート地としての那覇の様々な情報を伝えるランドマークとしての機能を充実

沖縄県は、『観光』を県経済のリーディング産業と位置付け、これまで様々な取り組みを進めてきた結果、国内有数の観光リゾート地として国内外から評価を得ており、平成25年度の観光客数は、過去最高の658万人を記録しました。那覇市には空の玄関口である那覇空港、海の玄関口である那覇クルーズターミナルを有しており、そこからわずか車で15分の距離に、沖縄県最大の繁華街である国際通りがあります。
国際通りの中心地に新たな文化発信拠点として平成16年に「那覇市ぶんかテンブス館」がオープンしました。テンブスとは、沖縄の方言でへそを意味し正に国際通りのへそ(=中心)として、芸能公演・音楽イベント・体験学習などが行われています。

外観

そして平成26年3月20日に中心市街地活性化事業として大型マルチスクリーン「那覇てんぶすビジョン」が誕生しました。
この那覇てんぶすビジョンでは那覇の文化・芸能・観光情報を美しい映像で発信することはもちろん、沖縄県民が熱中する高校野球のパブリックビューイングも実施。イベントでの活用においてはギネス認定の「那覇大綱挽」や「1万人のエイサー踊り隊」などのイベントを中継。また、ARコンテンツも充実させ、観光客だけでなく、地元県民にも楽しんで頂いています。

導入を決めたきっかけは?

国際通りに新たなコンテンツで賑わいを創出

沖縄県那覇市 経済観光部なはまちなか振興課 主事 長瀬達也 様沖縄県那覇市
経済観光部
なはまちなか振興課
主事 長瀬 達也 様

多くの観光客で賑わいを見せる国際通りですが、一方で県民の国際通り離れが懸念されています。都市機能の拡散、自動車化の進展、大型商業施設の郊外化、商店主の高齢化など社会構造の変化により、国際通りを含む商店街を取り巻く環境は大きく変化しました。 この様な状況から観光客の皆様にはこれまで以上に街を楽しんで頂くことを目的とし、県民の皆様には再び国際通りに足を運んで頂き活気と活力溢れる中心市街地のさらなる活性化を目指し、国際通りのランドマークとなるよう、様々なコンテンツを供給できる屋外映像装置の導入を計画しました。 NECを選択した理由は、基本的な性能として、輝度が他社製品と比べ20%明るい6,000cd/㎡である事、素子寿命(輝度半減値)が要望仕様の2倍の10万時間の性能を保有している事、視野角度が広く、近くでも遠くでも見やすい画像が確保されている事が挙げられます。

導入後に期待していたこと

綺麗な映像が放映できることは、とても重要視していました。なぜなら、観光プロモーション映像を放映しますので、沖縄の様々な景色、人、文化を、可能な限り綺麗な映像で再現したかったからです。観光プロモーション以外にも那覇で催される様々なイベントの中継や、ARコンテンツなどに活用する上で、高画質な映像には期待していました。

スクリーンサイズ 縦4m×横7m(320インチ相当)
スクリーン構成 屋外用10mmピッチLEDモジュール(LED-10BF1)×112面
表示内容 観光PR映像・イベント中継・ARコンテンツなど
案内表示システム AdWindow Select® SX
設置場所 那覇市国際通りてんぶす前広場(てんぶす那覇)

導入後の感想と今後の活用について

中心市街地が活性化し若者が国際通りにもどってきた!

国際通りで開催するイベントなどをビジョンで中継することで、イベントの充実化が図られます。イベントの開催数や参加者が増えることで、周辺の飲食店や観光スポットにイベント参加者が訪れるいい流れができてきました。商店街のお店を紹介するコンテンツの制作は、行政と商店街が一体になって企画しました。そこで働いている人々が本当に見せたいコンテンツを提案し、積極的にビジョンを活用する雰囲気になってきています。付加価値的に導入したARについても、現在5種類のコンテンツを30分毎に提供していますが、観光客や若者が那覇てんぶすビジョンの前で立ち止まり、楽しんでいる風景も日常になりつつあります。また外国人観光客の皆さんには、日本語が解らなくても楽しめるARは好評で大勢の方々が足を止めて楽しんでいます。 ARコンテンツは勇壮に踊る那覇の伝統的な獅子舞や、足元で可愛く踊る旗頭など気軽に沖縄の文化に触れることができます。またジンベイザメが国際通りをスイスイと優雅に泳ぎ、観光客を楽しませています。
今後は季節に合わせたコンテンツの配信や、外国人観光客向けの外国語コンテンツの配信、新たな技術を用いたARコンテンツの配信等、那覇の魅力を発信し中心市街地の活性化につなげたいと思います。

外観2

外観3

導入ポイント

本事例に関するお問い合わせはこちらから

NECの映像デバイス MultiSync & ViewLight

  • 業種別ソリューション提案はこちら

ページの先頭へ戻る