ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NECの映像デバイス MultiSync & ViewLight
  4. プロジェクター
  5. プロフェッショナルモデル
  6. ViewLight NP-PA803UJL/ PA723UJL/ PA653UJL/ PA853WJL/ PA703WJL/ PA903XJL
ここから本文です。

ViewLight NP-PA803UJL/ PA723UJL/ PA653UJL/ PA853WJL/ PA703WJL/ PA903XJL

プロジェクターViewLight PA803UJL/PA723UJL/PA653UJL/PA853WJL/PA703WJL/PA903XJL※認証取得モデルは、NP-PA803UJL。HDBaseT Allianceが認定したテスト機関の審査に合格。プロジェクターとして世界で初めて、HDBaseT Repeater(Rx/Tx)認証のHDBaseT入出力端子を装備。(2016年12月15日現在)
HDBaseT Allianceホームページ http://hdbaset.org/advanced-search/

カタログPDF

取扱説明書

仕様表

オプション

NECのCinema Quality Pictureテクノロジーとは

デジタルシネマ用プロジェクターの開発で培った高度な技術と、長年にわたって蓄積された画像処理のノウハウを応用して開発したNEC独自のビデオプロセッサーにより、豊かな階調表現や、映像境界部分のコントラストを高めることで、より解像感の高い映像を表示。卓越した映像品質をお届けします。
厳格な品質を求められるデジタルシネマプロジェクターを開発し続けているNECだからこそ、鮮明で美しく、高精細な、シネマ品質の映像を提供します。

ワンランク上の信頼性

3年保証

安心の3年保証
NECのプロフェッショナルモデル プロジェクター(ランプ光源モデル)を安心してお使いいただくために、 ご購入後、3年間まで保証いたします。

  • マニュアル等の添付書類ならびにケーブル類・消耗部品類(乾電池など)を除きます。
    ※リモコンは保証の対象です。

主な機能と特長

NEC独自の冷却技術を採用し、明るさと小型軽量を両立

NEC独自(特許取得)の衝突噴流を採用した冷却方式とランプ冷却の効率化により、明るさ9,000ルーメン(NP-PA903XJL)と高輝度ながら、10.2kgの軽量かつコンパクトなボディが可能になりました。

  • NP-PA803UJLは8,000ルーメン、NP-PA723UJLは7,200ルーメン、NP-PA653UJLは6,500ルーメン、NP-PA853WJLは8,500ルーメン、NP-PA703WJLは7,000ルーメンです。

NEC独自の衝突噴流を利用した冷却方式のイメージ

メンテナンスの手間・経費を削減

省エネルギーモードの「ランプエコモード」を設定して使用すると、ランプ交換時間(目安)が最大5,000時間※1まで延長可能です。このモードを選択することにより、ランプ交換の手間や費用が削減できます。NP-PA653UJL/NP-PA703WJLのノーマルモード時のランプ交換時間(目安)は4,000時間※2。なお、ランプエコモード時の明るさはノーマルモード時に比べて、約70%に低下します。
また、フィルタに高集塵効率濾材を選定することで粉塵流入量低減し、フィルタの厚みを増したり密閉度を上げることで寿命を改善しました。フィルタは最大で10,000時間※3まで使用でき、メンテナンス工数を削減できます。

  • ※1保証時間ではありません。
  • ※2ノーマルモード時 NP-PA723UJL:3,500時間、NP-PA803UJL/NP-PA853WJL/NP-PA903XJL:3,000時間
  • ※3設置する環境によっては短くなります。

フルハイビジョンが投写可能なWUXGAパネルを採用
(NP-PA803UJL/NP-PA723UJL/NP-PA653UJL)

NP-PA803UJL/NP-PA723UJL/NP-PA653UJLはフルハイビジョンが投写可能なWUXGA(1,920×1,200ドット)パネルを採用していますので、高画質なフルハイビジョンコンテンツもありのままの美しさで再現が可能です。

  • NP-PA853WJL/NP-PA703WJLはWXGA(1,280×800ドット)、NP-PA903XJLはXGA(1,024×768ドット)です。

NEC独自の高画質機能 第四世代「SweetVision®」搭載

NEC独自の高画質機能、第四世代「SweetVision®」は、高解像度信号入力対応の新規ASICをさらに改良し、新たに4K 60Hz入力信号に対応、およびHDR10、Rec.2020信号入力対応へバージョンアップしました。目の特性である「クラークオブライエン効果」を利用し、映像の境界部分のコントラスト感を高めることで、よりメリハリのある高画質を提供します。

スイートビジョンスイートビジョン機能によりコントラスト感が向上しました。

デジタル・アナログ入力を問わない高画質処理対応

搭載した入力端子は、デジタル入力/アナログ入力を問わず、10bit高画質信号処理が可能です。1,024階調、約10億7,000万色の優れた階調性で映像を投写できます。また動きに適応したIP変換処理で、動画、静止画のどちらも4K映像をきれいに投写します。授業・プレゼンをする用途だけでなく、高解像度デバイスや4Kコンテンツに対応し、さまざまな用途に活用できます。

LANケーブル1本で映像・音声・制御信号を伝送できるHDBaseT対応

HDBaseT入力端子 機器接続イメージ

LANケーブル※1 1本で映像信号と音声、さらには制御信号を受信する「HDBaseT入力端子」を装備しました。長距離におよぶ配線工事もシンプルに行うことができます。

HDBase-Tロゴマーク

  • ※1カテゴリ5e以上のシールドケーブルをご使用ください。
  • ※24Kの場合は最大70mまで伝送。
  • HDBaseTは、HDBaseT Allianceによって策定された接続規格です。

複数台のプロジェクターを用いたマルチスクリーン投写

HDBaseT IN/EthernetポートとHDBaseT OUT/Ethernetポートはリピータ機能を有しており、マルチ画面設置時の設定工数を削減。LANケーブルで接続して、同じ明るさと解像度の機種を4台までデイジーチェーンで接続し、 HDMI®、DisplayPort、HDBaseTの映像を投写できます。高解像度の映像を各プロジェクターに分割して投写することにより、高画質投写が可能です。

マルチスクリーン機能による複数のプロジェクターを用いた投写

マルチ画面でもつなぎ目を目立たせなくさせる、エッジブレンディング機能

エッジブレンディング機能

マルチスクリーン投写時に、画面のつなぎ目を重ね合わせ、明るさを調整することで画像の境界を目立たせなくさせる「エッジブレンディング機能」を搭載。

※ 投写するコンテンツや環境によっては、画像の境界が見えてしまう場合があります。

2つの画面を同時に投写可能な、ピクチャーインピクチャーとピクチャーバイピクチャー

デジタル入力/アナログ入力を問わず、搭載した入力端子において、2つの映像を同時に投写することができます。ピクチャーインピクチャーでは、子画面表示はスクリーンの左上・右上・左下・右下の4つの位置から1つ選んで表示できます。また、ピクチャーバイピクチャーでは、主画面と副画面を左右に並べて表示します。

ピクチャーインピクチャー

画面全体に親画面、右下に小さく子画面を表示

ピクチャーバイピクチャー

親画面と子画面を横に並べて表示

主画面および子画面(または副画面)
にできる入力端子
子画面または副画面
HDMI 1 HDMI 2 DisplayPort コンピュータ HDBaseT
主画面 HDMI 1
HDMI 2
DisplayPort
コンピュータ
HDBaseT

設置位置を合わせやすいセンターレンズデザイン

LCD-PA803UJL製品画像(センターレンズデザイン)

本体の中心にレンズが配置されているので、プロジェクターの位置を決めやすく、オプションの天吊金具(NP14CM)と組み合わせた場合もスムーズに設置できます。

NP-PA803UJL/NP-PA723UJL/NP-PA653UJL/NP-PA853WJL/NP-PA703WJL/NP-PA903XJLを天吊りで設置する場合は、オプションの天井用取り付けユニット[NP14CM] をご利用ください。

なお、天井用取り付けユニット[NP14CM]は、NP-PA803ULJLシリーズ、NP-PA622UJLシリーズおよびNP-PA500UJLシリーズと共通なので、現在これらのプロジェクターを天吊りでご使用のお客様が、新製品を購入された場合、天吊金具はそのままご使用できます。

電動レンズシフトと幾何学補正機能を搭載

本体を動かさずに投写画面の位置を調整できる電動レンズシフト機構を採用しました。本体側面にあるボタンを押して、調整画面を表示します。投写画面の位置を上下・左右方向に調整できます。オプションレンズとの組み合わせで、より幅広い場所への設置が可能になります。
さらに、幾何学補正メニューの「ワープ」を選択すれば球面や円柱面等の特殊形状スクリーンに投写することが可能です。

  • オプションレンズ「NP11FL」を使用した場合には、レンズシフトは行えません。
  • レンズシフトを斜め方向へ最大にすると、画面周囲が暗くなったり、影が出たりします。

幾何学歪み補正機のイメージ

レンズシフト、電動ズーム、電動フォーカスの調整値を保存する、レンズメモリ機能

スクリーンへの投写位置、大きさ(レンズシフト、電動ズーム、電動フォーカスの各調整値)を保存することができます。保存したレンズメモリを呼び出すと自動的に調整します。

  • オプションレンズ「NP40ZL」「NP41ZL」「NP43ZL」のみ対応。

短焦点レンズから長焦点ズームレンズまでの、設置場所に応じて選べるレンズ

電動ズーム・電動フォーカス・レンズメモリ機能対応の新防塵レンズとして「NP40ZL」「NP41ZL」「NP43ZL」をラインアップに加え、多様な用途に対応できるよう、8種類のレンズを準備しました。30~500型のスクリーンに対応しており、大・中規模の会議室や教室、講堂、体育館など、設置場所に合わせてレンズをお選びいただけます。また、レンズの交換は工具を使わずにお客様ご自身で行うことができます。

  • 本体にはレンズは付属しておりません。

360度自由設置可能なチルトフリーとポートレート投写(縦置き設置)

360度チルトフリー

垂直方向であれば真上や真下などどんな角度でも投写可能なチルトフリーに対応しています。

  • 本体を左右に傾けて設置することはできません。

ポートレート投写

また、ポートレート投写(縦置き設置)が可能なので、サイネージ用途として人物画像など縦長の画像を表示することができます。

  • 吸気口が下側になるように設置してください。
  • ※ 設置環境に合わせて、本体を支えるスタンドを別途ご用意ください。スタンドについては、取扱説明書をご覧ください。

消費電力を抑えるエコモードとカーボンメータを搭載して、省エネを強化

使用中の消費電力を抑えるため「エコモード」を搭載しています。さらに、カーボンメータを搭載しているので、エコモード設定時の省エネ効果をCO2排出削減量に換算して表示します。「見える化」することで環境意識の向上や省エネ・省コスト対策に役立てられます。

ネットワークスタンバイ時の消費電力を削減

オンスクリーンメニューのスタンバイモードで「ノーマル」を設定すると、スタンバイ(ネットワーク有効)時の消費電力は0.15Wになります。また、スタンバイ(ネットワーク無効)時の消費電力は0.11Wになります。

環境にやさしい“エコマーク”を取得

エコマーク

環境負荷が少なく、環境保全に寄与すると認められる商品として、財団法人日本環境協会が認定するエコマーク基準に適合しています。

デジタル入力端子HDMI®およびDisplayPort端子、HDBaseTなどの豊富な入出力端子を装備

HDMI®(入力端子×2)、DisplayPort端子、HDBaseT(入力端子×1、出力端子×1)、コンピューター(アナログ)など、豊富な入出力端子を装備しています。本機のHDMI®入力端子、DisplayPort入力端子、HDBaseTポートは、HDCPに対応しています。

  • HDMI:HDCP 2.2/1.4に対応
  • DisplayPort:HDCP 1.4に対応
  • HDBaseT:HDCP 2.2/1.4に対応

プロジェクターの端子部

  • リモート端子は、当社製リモコン(PX750U/PH1000U/PH1400Uシリーズ用)と市販のワイヤードリモコンケーブルを使って有線でリモコン操作する場合に使います。

信号切り替え時の画面変更をスムーズに見せるシームレススイッチング機能

入力端子切り替え時、切り替え前の映像を保持することで、無信号状態を経ずに切り替え後の映像が映し出されます。授業や会議中の信号切り替え時にストレスなく、参加者の集中⼒を途切れさせることなくお使いいただくことが可能です。

シームレススイッチングの説明図

NaViSet Administrator 2 対応(無償ダウンロード)

NaViSet Administrator 2 ロゴマーク

NEC製ディスプレイおよびプロジェクターの運用や資産管理が、ネットワークベースで可能なソフトウェアです。

  • 運用状態のコントロール設定をネットワークでモニタリング
  • デバイスの診断機能によりエラー発生時にメールで通知
  • ネットワーク上のPC(Windows)、ディスプレイ内蔵のOPSコントローラの運用状況をモニタリング
  • 資産管理、運用状態、コントロール設定などの情報をエクスポート可能

NaViSet Administrator 2 プロジェクター基本構成例

Crestron RoomView®、Extron XTP に対応

ネットワークに接続している複数の機器を管理・制御することができます。また、Extron 社のXTP トランスミッターに接続して、映像出力や制御を行うことができます。

医用画像を簡易表示できるDICOMモード

簡易DICOMモード

医用画像の階調特性(DICOM規格に近似)をプリセット。DICOM形式で保存されている医用画像を表示でき、学会などの発表にも対応します。

  • 実際の診断にはご使用いただけません。

HDMI® 3Dに対応

市販のXpand社製3D対応のアクティブシャッター方式の3Dメガネと3Dエミッター(信号送信機)を使用すれば、プロジェクター1台で3D映像を視聴することが可能です。

スクリーンがなくても映像を投写できる壁色補正機能

壁色補正メニュー

色付きの壁や黒板に投写しても、メニューから壁の色に近い項目を選択すれば、白いスクリーンに投写した色合いに近づけることができます。メニューに登録されている色は、ホワイトボード、黒板、黒板(グレー)、ライトイエロー、ライトグリーン、ライトブルー、スカイブルー、ライトローズ、ピンクの9色です。

壁色補正機能

  • 「ホワイトボード」を選択すると、明るさが低下します。

無断使用を防ぐセキュリティ機能

プロジェクター本体にキーワードを登録することで、キーワードを入力しないと使用できないようにできます。他にも、担当者以外がむやみに操作できないように、リモコンでしか操作できなくする「本体キーロック」機能など。様々な方法でセキュリティ機能を設定することができます。

  • 本体の操作ボタンがロックされていてもリモコンのボタンは動作します。

ページの先頭へ戻る