ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-4
  6. 周辺装置
  7. N3636
  8. LTOテープによるデータ交換検証結果について
ここから本文です。

LTOテープによるデータ交換検証結果について

背景

従来より、各システムベンダーのメインフレーム装置間で、18トラック/36トラック・カートリッジ磁気テープによるデータ交換が行われてきました。しかし各社共、既にこれらのカートリッジ磁気テープ装置の販売を中止しており、これに代わるデータ交換用媒体が必要とされています。

新たな互換用テープ

データ交換を目的とした36トラックカートリッジ磁気テープの後継媒体としてLTOテープを推奨することが、2007年のJEITA(注)テープストレージ専門委員会にて確認されました。 これに基づき、ACOS-4システムではN3636仮想テープ装置に搭載したLTOテープを介して他社システムとのデータ交換を可能にしています。
ACOSと他社システム間のLTOテープによるデータ交換は、従来のカートリッジ磁気テープによるデータ交換と同様の形態で行えます。(図1参照)

(注) JEITA : 社団法人 電子情報技術産業協会
ご参考URL:

LTOカートリッジテープによるデータ交換

互換性を確認した各社のシステム

NECと他メインフレームベンダー間でLTOテープによるデータ交換の検証を行いました。参加ベンダーのOS環境と検証条件は以下の通りです。なお、他社の検証条件については、表中に示す各社情報公開ホームページを参照下さい。

システム環境

参加ベンダー OS名 システムレベル 対象LTO装置
NEC ACOS-4 MX、VX N3636(LTOテープドライブ機構搭載)
日本IBM z/OS 日本IBMの情報公開ページ
日立製作所 VOS3 日立製作所の情報公開ページ
富士通 MSP
XSP
富士通の情報公開ページ

検証条件

項  目 条  件
カートリッジテープ LTO Ultrium3 (注1)
ラベル形式 および
レコード形式 (注2)
標準ラベル ; 固定長、可変長
ラベル無し  ; 固定長、可変長
JISラベル  ; 固定長
ボリューム構成 シングルボリューム
  • 注1)検証は、LTO Ultrium3 テープで実施しましたが、LTO Ultrium4以降の世代のLTOテープを使用しても互換性に変わりはなく、データ交換が可能です。
    ただし、以下の点についてはデータ交換を行う当事者間で事前に整合しておくことが必要です。
    ・LTO Ultrium4以降にLTO規格で新たに採用された暗号化、パーティションなどの新規機能の使用可否(暗号化、パーティションなどの機能は使用しないことを前提)
    ・どの世代のLTOテープでデータ交換を行うか
  • 注2)各社がサポートしているラベル形式の範囲に則って検証しました。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る