ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. IoT
  4. NEC the WISE IoT Platform
ここから本文です。

デジタルトランスフォーメーションを実現する機能群

NEC the WISE IoT Platform

AIやIoTを取り入れたデジタルトランスフォーメーションを成功させるには、ビジネスのアイデアを素早く形にし、小さくても即座に始められることが成功への近道です。デジタルトランスフォーメーションを実現する機能群「NEC the WISE IoT Platform」は、これまでのNECのAIやIoTの技術や経験を活かしたICTプラットフォームです。またさまざまな業種のお客さまにお使いいただきやすいソリューションもご提供しています。

デジタルトランスフォーメーションを成功させる5つのステップ

NECは数多くのIoTプロジェクト経験を踏まえ、デジタルトランスフォーメーションを成功させるために必要な5つのステップを次のとおり定義しています。

ステップ1 仮説立案

これまでビジネスシステムの開発方法は、システムの要件を明確に定義して開発するウォーターフォール型が主流でした。しかし今日ではビジネス環境の変化に迅速に対応するため、システムの開発から検証、サービスイン、改善のサイクルを素早く回していくことが求められます。このため最初の仮設立案のステップでは、ビジネスのアウトカムを明確なモデルとしてシステム要件に組み込めることが必要です。

ステップ2 仮説検証

ステップ1で立てた仮説を検証するためには、モノやコトをデータとしてとらえ、見える化し、更には知識・知恵のレベルにまで転換できる技術を使いこなすことが必要です。

ステップ3 スモールスタート

仮説の検証ができると、素早く実証システムを立ち上げて、すぐにビジネスへ適応する必要があります。更に、そのまま本番システムへの稼働へ持ち込むことも求められます。

ステップ4 事業成長

スモールスタートとして最小限で立ち上げたビジネスが成長する、またはビジネス環境が変わることで事業方針や戦略を変更し、それに伴いビジネスを行うシステムも追随する必要があります。そのため、システムは柔軟に拡張・変更できるものである必要があります。

ステップ5 堅牢化

ここまでのステップに従ってスタートしたビジネスにとって何よりも重要なのは、安定して継続し続けられることです。堅牢化という言葉の示す意味には、システムのセキュリティが万全であるという意味と、動作が安定している・ミッションクリティカル性が担保されているという意味の両方があります。

NEC the WISE IoT Platform

NEC the WISE IoT Platformは、IoTアーキテクチャ5層モデル(※1)に基づいて、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」を使いやすく実装できるアーキテクチャを採用しています。

多様なデバイスからネットワークを介してデータを収集、分析、活用でき、さらにセキュリティや運用支援機能なども備えています。仮説検証から事業拡大まで、お客さまのあらゆる事業フェーズに対応することができる柔軟性を備えています。

拡大する(図1:NEC the WISE IoT Platform アーキテクチャ)

「NEC the WISE IoT Platform」の主な特長は以下の通りです。

  1. 高効率なデータ収集基盤と最先端AI技術の活用
    IoTデータ収集基盤は、多種多様なセンサーやデバイスからのデータを効率よく収集します。収集した様々な形式のデータは、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」のAIエンジンなどにより分析し、目的に応じて可視化を実現します。データ収集にもAIを使用すると、さらに収集効率を上げることができます。
  2. 実証から本番まで、素早いシステム構築・移行が可能なビルディングブロック構造
    スモールスタート・スケールアウトが容易なアーキテクチャを採用し、お客さまの事業成長に合わせてシステムや機能の追加や変更を柔軟に実現できます。IoTシステムに必要な機能群(ソフトウェア、AIエンジン、サービス、APIなど)をそれぞれビルディングブロックとして提供します。これらのブロックはL1,L3,L5の各層に目的に応じて自由に選択して配置できる特徴を持っています。パートナークラウドなど複数のプラットフォームにまたがるサービスとの連携も可能です。

    拡大する(図2:IoTアーキテクチャ5層モデルとビルディングブロック構造)

  3. セキュアで堅牢性の高いシステム構築
    NECが培ったミッションクリティカルなシステム構築経験をIoTに適用することで、堅牢性の高いシステムを実現します。L1層からL5層までのシステム全体を安全に連携させるために必要な、脆弱性管理やマルウェア対策などのサイバーセキュリティを適用します。IoTシステムにつながる機器を開発するパートナー企業にも、セキュアな環境を提供します。

ラインアップ構成の概要は次のとおりです。

統合IoT基盤

IoTデータの収集から複数のAIエンジンや分析ツールの活用、セキュリティの強化など、ビルディングブロックを目的に応じて柔軟に組み合わせられる統合基盤です。

統合IoT基盤の構成要素およびその他のサービス/製品群

ビルディングブロックの構成要素に相当し、個別の利用にも対応したサービス、製品群を次の分野で体系化しています。

  • AI・アナリティクス
  • ビジネス共通機能
  • アプリ開発/実行環境
  • インフラストラクチャ
  • セキュリティ
  • ネットワーク
  • オペレーション

拡大する(図3:NEC the WISE IoT Platformラインアップ)

  • (※1)IoTアーキテクチャ5層モデル
    NECはIoTの共通アーキテクチャとして5階層のモデルが最適であると考え、IoTアーキテクチャ5層モデルを提唱しています。

拡大する(図4:IoTアーキテクチャ5層モデル)

ページの先頭へ戻る