ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ファクトリコンピュータ
  4. FC98-NXシリーズ
  5. 周辺機器一覧
  6. 拡張ボード
ここから本文です。

拡張ボード

LANボード(1000BASE-T) 品名 LANボード (1000BASE-T/2ch/PCI-Ex4)
型名 FC-0E0LA-002
  • 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応
  • 2ch
  • PCI Express(x4)仕様
LANボード(1000BASE-T) 品名 LANボード (1000BASE-T/1ch/PCI-Ex1)
型名 FC-0E0LA-001
  • 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応
  • 1ch
  • PCI Express(x1)仕様
シリアルポート(2ch) 品名 シリアルポート増設コネクタ (2ch)
型名 FC-0E0SR-001
  • シリアルポート 2ch増設用コネクタ
  • 拡張スロット#1(PCI)に実装
LANボード(1000BASE-T) 品名 RAS I/Oボード
型名 FC-UG-X020
  • RAS機能の入出力信号インタフェースボード
  • 専用エリアに実装
LANボード(1000BASE-T) 品名 LANボード
型名 FC-UG-X019
  • 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応
  • 4ch
  • PCI Express(x4)仕様
LANボード(1000BASE-T) 品名 LANボード
型名 FC-UG-X018
  • 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応
  • 2ch
  • PCI Express(x4)仕様
LANボード(1000BASE-T) 品名 LANボード
型名 FC-UG-X017
  • 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応
  • 1ch
  • PCI Express(x1)仕様
RASボード 品名 RASボード
型名 FC-UG-X009
  • RAS機能(ウォッチドッグタイマ、温度上昇検出 ファン停止検出、外部アラーム入力(2点)、リモートリセット(リスタート)、デジタル入出力(4点)、アラーム表示機能、通電時間計測機能 セルフリセット(リスタート)機能、外部通知機能、ロギング機能、ミラーリングボードアラーム検出、バッテリアラーム検出)を使用する際に必要
  • ”アラーム情報保持”、”アラーム出力論理変更機能”、”RAS機能チェックツール”を装備
  • 本体背面の拡張スロット(RASボード兼用スロット)に実装

[注意]
  • Windows®7 (2010年7月生産品よりサポート)、Windows Server® 2008、Windows Vista®で利用される場合は、FC User Loungeより最新のソフトウェアをダウンロードしてご使用ください。
  • RASドライバはFC-UG-X009用をご使用ください。
  • RASアプリケーションについてはFC-UG-X006/FC-UG-X004/FC-UG-X001R/FC-UG-X001で使用していたアプリケーションがそのまま利用可能です。
LANボード(1000BASE-T) 品名 LANボード(1000BASE-T)
型名 FC-UG-X008
  • 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応のLANボード
  • インテル(R) 82541PI Chip搭載
  • 本体背面の拡張スロット(PCIスロット)に実装
  • RoHS指令対応品
RASボード用端子台セット 品名 RASボード用端子台セット
型名 FC-TB005
  • RASボード用端子台セット

[注意]
  • 利用できる圧着端子は、2-3.5相当品または2Y-3.5相当品
  • 添付の接続ケーブルの長さは1.2mです。
端子台 品名 端子台
型名 FC-TB002
  • 電源リモートコントロール信号とデジタル入出力信号(各1点)用の端子台
  • 拡張スロット(スロット#1)に実装

[注意]
  • 「UPS機能付き電源搭載モデル」で使用する場合は、標準搭載のDI/DOケーブルを本体より外して増設してください。
増設シリアルコネクタ 品名 増設シリアルコネクタ
型名 FC-SR001
  • 増設用シリアルコネクタ
  • 最大115,200bps、D-sub9ピン オス
  • 拡張スロット(PCI)に実装

[注意]
  • FC-PMシリーズ「P30B・P30A・P20X」で利用される場合は、添付のLow Profileブラケットに変更が必要となります。

ページの先頭へ戻る