ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. CRMソリューション
  4. ソリューション
  5. 営業力強化
ここから本文です。

営業力強化ソリューション

営業力強化とは

組織としての営業力を強化するには、営業担当者の業務を効率化し、顧客情報、商談情報、活動報告などの営業情報を社内で共有し統一的な顧客対応を行うことが必要です。このような営業活動のプロセスの見える化を行うことにより、商談機会の損失を防止するだけではなく、個々のスキルに依存されていた活動が組織としてのスキル向上につながり、業績向上に結びつくことになります。

営業活動プロセスの見える化

ビジネスを拡大するためには、各営業的要素を“見える化”して、ボトルネックがどこにあるのかがわかるようにすることが必要です。「商談件数」が不足しているのか?「成約率」が悪いのか?など、ビジネスを拡大していく上で重要な各営業的要素を“見える化”して管理し、正しい営業活動プロセスへの誘導(マネジマント)を実践することが必要です。(図1)
それを支援するためのツールとして営業支援システムは重要な働きをします。

ビジネス拡大のシナリオ図1

それでは、営業プロセスの見える化はどのように実現すれば良いのでしょうか?
それは、成果に繋がるプロセスを設計し、確実に実行する、すなわちPDCAサイクルの実践に他なりません。PDCAをひとつのツールを使って廻すことで、営業の弱点がどこにあるか把握することが可能になります。

PDCAサイクルの実践図2

組織力を向上させる営業支援システム

営業支援システムは、SFA(Sales Force Automation)といわれ、営業活動のプロセスの効率化を支援する機能を備えています。SFAの活用で、営業現場からの最新の顧客情報、案件の進捗状況や見込み案件などの商談情報、活動報告などの情報が共有され、蓄積されます。さらに、蓄積された情報を基にして営業戦略の分析が可能となり、この分析を組織としての経営戦略・事業戦略にも活用できます。また、顧客情報を正確に把握することで、有効なマーケティング戦略の立案を可能にします。このように、営業力を強化することは、経営戦略やマーケティング戦略の強化につながり、組織力を飛躍的に向上させることとなります。

SFAに求められるもの

最近では携帯電話を用いたSFAの利用も普及してきており、現場の営業担当者にとって効率的に営業関連情報の参照や活動報告が行えるようになってきました。さらに、サービス提供(SaaS)型のシステム利用により導入コストや運用管理コストを削減したり、顧客との接点を持つコンタクトセンターに寄せられる情報を活用するため、コンタクトセンターとSFAの連携を行うなど、それぞれの企業の課題を解決するSFAが求められています。

NECの営業力強化ソリューション

NECでは、多様化するニーズにおこたえするため、部門単位の小規模利用から企業単位の大規模利用まで、自社設備が不要なSaaS型と、自社導入(パッケージ)型の両方をご用意し、ご要望にあわせて選択いただけます。また、コンタクトセンターにおける豊富な構築実績とサポート力を活かして、コンタクトセンターと連携したSFAをご提供するなど、NECの“製品・サービスの技術・構築力”、“安心感ある継続したサポート”、“幅広いシステム提供でのトータル支援”の“3つのチカラ”を発揮し、お客様の営業力強化を経営戦略やマーケティング戦略の強化につなげるご支援を行うと同時にお客様の課題を解決いたします。


ページの先頭へ戻る