ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebSAM
  4. WebSAM WinShare
  5. FAQ
  6. FAQ(製品全般)
ここから本文です。

WebSAM WinShare - FAQ(製品全般)

製品全般

Q1ライセンスについて教えてください。
A1WinShareはインストールベースのライセンス体系となっていますので、WinShareをインストールするマシン台数分のライセンスをご購入ください。
なお、WinShareでは操作する側を「オペレーションPC」、操作される側を「リモートPC」と呼び、それぞれにライセンスが用意されています。

例えば、操作する側のマシンが「1台」、操作される側のマシンが「5台」の場合は、以下のライセンスをご購入ください。
  • WinShareオペレーション:1ライセンス
  • WinShareリモート:5ライセンス
Q2パッケージの梱包内容を教えてください。 UP
A2WinShareのパッケージには以下のものが内包されています。
  • 構成品表
  • ソフトウェアのご使用条件
  • セットアップカード
  • CD-ROM媒体(WinShareインストールメディア)

製品毎に上記の納品物がひとまとめになって郵送にて納品される形態となります。

構成品は購入されるWinShare製品により若干異なります。例えば保守付きの製品では上記に加え、PP・サポートサービスに関するドキュメント類が追加されます。

Q3各バージョンでの強化内容を教えてください。
A3
Q4お試し版と製品版の違いは何ですか?
A4お試し版は、60日間の試用期限が設定されています。
試用期限が設定されている以外は、製品版と機能的な違いはありません。
なお、製品版を上書きインストールすることでお試し版の設定を引き継ぐことが可能です。
  • オペレーションPCの試用期限が過ぎた場合、リモートPCに接続できなくなります。
  • リモートPCの試用期限が過ぎた場合、オペレーションPCから接続できなくなります。
Q5WinShareとClientManagerバンドル版WinShareの違いは何ですか?
A5WinShareにはクリップボード転送機能が用意されていますが、ClientManagerバンドル版のWinShareには存在しません。
なお、ファイル転送機能はClientManagerに用意されています。
Q6旧バージョンを購入することはできますか?
A6現在は、最新バージョンであるVer7.0と一つ前のバージョンであるVer6.2がご購入いただけます(2018年4月時点)。
なお、Ver6.2のインストール媒体にはVer6.1(Ver6.15)およびVer6.0(Ver6.01)のセットアップを同梱していますので、Ver6.2のライセンスをご購入いただき、Ver6.1もしくはVer6.0としてご利用いただくことが可能です。

Ver6.2のインストール媒体で旧バージョンをインストールする場合は、Ver6.2のインストール媒体に格納されている以下のセットアップを起動してください。
  • Ver6.1
    <インストール媒体ルート>¥OLDVER¥VER61¥SETUP32I.EXE
  • Ver6.0
    <インストール媒体ルート>¥OLDVER¥VER60¥SETUP32I.EXE

ページの先頭へ戻る