サイト内の現在位置を表示しています。

New Relic - 機能詳細

顧客体験の改善

ユーザー体験の把握

  • ヒアリング頼みだったユーザーサイドの問題を把握し、解決することが可能に
  • ユーザーの利用状況・環境を可視化することで、定量的に改善、投資判断を行うことが可能に
  • Core Web Vitalsの可視化により、SEO対策も可能
画面イメージ
ユーザ体験の計測・利用環境の把握

攻めと守りを定量的・建設的判断

  • ユーザーから見たサービス品質をリアルタイムに把握し、ユーザーに甚大な影響が出る前に問題(の兆候)にプロアクティブに対応可能
  • サービスレベルと目標値に基づき、開発と品質確保のバランスを定量的・建設的に判断可能に
画面イメージ
サービスレベル

より良いソフトウェアの開発と実行

Webブラウザからサーバーまで一気通貫でトラブルシュートを効率化

  • フロントエンドからバックエンドのシステムまで、複雑なシステム構成でも一気通貫で自動的に可視化
  • ソースコードやDBクエリの詳細なレベルで問題箇所を即座に特定し解決を高速化
  • 各システムを担当するチーム間の伝言ゲームからも解放されコミュニケーションを効率化
画面イメージ
システム構成の可視化・問題箇所の特定

変更とその影響を追跡してリリースの迅速化と安定化を両立

  • デプロイや機能追加などの変更を記録し、変更による品質影響(性能劣化、エラー、停止)を即座に把握
  • アプリだけでなく、インフラやクライアントなどスタック全体での変更をトラッキング
  • APIやCI/CDツールのプラグインで簡単にCI/CDプロセスに組み込み可
  • リリースの影響を直ぐに把握できるため、精神的安定性を獲得してアグレッシブな変更を実現できます
画面イメージ
変更による影響の可視化

複雑かつ大規模システムの管理

発生回数/ユーザーへの影響を踏まえて優先度の高いエラーを特定

  • 発生回数や発生しているユーザー数により、対処すべきエラーを定量的に判断可能
  • 自動的に分類されるエラーグループがカスタマイズ可能
  • エラーに関連する情報を一括表示
画面イメージ
エラーに関する情報

システムの脆弱性の把握と優先度付けを効率化

  • システムの脆弱性の自動的にスコア付けし、対策の要否や優先度を即座に判断可能に
  • 使用しているアプリケーションのライブラリの脆弱性有無と推奨バージョンが把握できるので対応を高速化
  • 3rd Partyのソリューションと連携してシステム全体の脆弱性管理をカバー
画面イメージ
システムの脆弱性把握