サイト内の現在位置

NEC、生成AIを活用したマーケティング施策立案技術を開発

~「BestMove」として2024年内にサービス提供開始予定~

2024年3月25日
日本電気株式会社

NECは、生成AIを活用したマーケティング施策立案技術を開発しました。また、本技術を活用したサービスを「BestMove (ベストムーブ)」として、2024年内に提供開始する予定です。
なお、本技術は先行して、ENEOS株式会社(注1、以下 ENEOS)の次世代サービスステーションで展開される「新サービスの施策立案」に活用されました。

zoom拡大する
マーケティング施策立案技術の概要

背景

現在、顧客向けのサービスを展開している企業(不動産業、小売業、流通業、エネルギー業など)が、新店舗の出店、新業態の開始、新商品や新サービスの販売前に顧客の潜在ニーズを把握するためには、アンケート・座談会によるヒアリングや、インターネット上の情報の収集・調査などの手法が取られています。しかし、これらは網羅性と合理性に課題があり、顧客の潜在ニーズを的確に把握することは困難です。また、外部のコンサルティングサービスを利用する方法もありますが、効果的な施策を手軽に立案できる手法に期待が高まっています。

マーケティング施策立案技術の概要と特長

マーケティング施策立案技術は、NECの生成AIをはじめとするAI技術群を活用して開発したもので、顧客の趣味嗜好性の可視化、施策の立案、施策に対する顧客の反応予測を自動で行うことができる、世界初(注2)の技術です。

1. AIによる施策立案と顧客の反応率のシミュレーションにより、効果の高い施策のみを実行可能

NECのAI技術群(生成AI、消費者属性拡張技術、知見発見や施策立案に関する技術)と、統計化されたクレジットカード決済情報などの購買データを活用することで、特定の地域・店舗の想定顧客に対して趣味嗜好性を付与し潜在ニーズを特定するとともに、最適な施策を立案できます。また、それらの施策案に対する顧客の反応率をシミュレーションできるため、期待される効果を施策の実行前に確認し、費用対効果の高い施策案のみを実行することが可能になります。

2. 生成AIの大規模言語モデル(Large Language Model(LLM))により、自然言語で繰り返し分析が可能

生成AIの1つであるLLMを活用することで、利用者は自然言語でインタラクティブに施策案の生成や反応率のシミュレーションを実行することが可能です。また、プロンプト(指示文章)を入力すると、施策の立案と反応率のシミュレーション結果が数分で出力されるため、分析作業を手軽に繰り返し行うことができます。

3. オープンデータを活用することで、データを持たない企業でも分析が可能

NECのAI技術により関連性の高いインターネット上のオープンデータを収集して活用することができます。このため、自社でデータを持たなくても網羅的かつ合理的な分析が可能です(自社で保有するデータも活用可能)。

ENEOSの次世代サービスステーションの検討

ENEOSは、グループ長期ビジョンにおいて、「エネルギー・素材の安定供給」と「カーボンニュートラル社会の実現」の両立を掲げています。
エネルギー供給に加え、カーボンニュートラル社会の実現に向けたモビリティおよび生活関連サービスをトータルで提供することを目指し、今後も全国12,000カ所超のサービスステーションの付加価値を高めるべく、地域特性に応じた新たな生活プラットフォームへと昇華させる取り組みを進めていきます。
その取り組みの1つとして、これまでとは異なる新しいサービスを包含した次世代型サービスステーションの実証店舗を展開します。
実験店舗のサービス検討にあたっては、地域住民の潜在ニーズの把握や、より収益に貢献できるサービス・特色あるサービス候補の洗い出しなどにおいてBestMoveの活用検討を行なっています。

以上

  • (注1)
    本社:東京都千代田区、代表取締役:宮田知秀
  • (注2)
    NEC調べ。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC グローバルイノベーション戦略統括部

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/brand/