サイト内の現在位置

NEC、沖縄本島と石垣島、宮古島と久米島を結ぶ光海底ケーブルの建設を完了

2023年7月13日
日本電気株式会社

NECは、2022年2月より建設を進めてきた沖縄本島と石垣島、宮古島と久米島を結ぶ光海底ケーブルの建設を完了し、沖縄セルラー電話株式会社(以下、沖縄セルラー)に引き渡しました。

海底ケーブルの陸揚げの様子

本ケーブルは総延長距離約720kmで、最新の光波長多重伝送方式を採用することにより毎秒60Tb(テラビット)以上の設計容量を実現します。これにより、沖縄の離島エリアにおける生活や産業など様々な場面での5Gの普及にともなうデータ通信需要の拡大に対応します。
またNECは、2019年に沖縄セルラーと、沖縄と鹿児島を結ぶ光海底ケーブルの供給契約を締結(注1)、建設を完了しており、本案件はそれに次ぐケーブルとなります。

NECは、過去50年以上にわたり海底ケーブルシステム事業を手掛けるトップベンダーです。地球10周分のべ40万kmを超える敷設実績があり、グローバルに事業を展開しています。また、海底ケーブルや海底中継器、陸上に設置する伝送端局装置などの製造、海洋調査とルート設計、据付・敷設工事、訓練から引渡試験まで、全てをシステムインテグレータとして提供しています。なお、海底ケーブルはNECの子会社である株式会社OCC(注2)で、海底中継器はNECプラットフォームズ株式会社(注3)で製造しています。

以上

  • (注1)
    プレスリリース「NEC、沖縄と鹿児島を結ぶ光海底ケーブルの供給契約を締結」
    https://jpn.nec.com/press/201902/20190218_02.html
  • (注2)
    本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:伊藤友一
  • (注3)
    本社:東京都千代田区、代表取締役 執行役員社長:河村厚男

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 海洋営業統括部
E-Mail:mktg@sub.jp.nec.com

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/brand/