サイト内の現在位置

北海道新聞社とNEC 北海道の活性化に向けた観光DXサービスの共同事業を開始

2023年6月12日
株式会社北海道新聞社
日本電気株式会社

株式会社北海道新聞社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:宮口 宏夫、以下「北海道新聞社」)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:森田 隆之、以下「NEC」)は、観光を軸に、来訪者の利便性向上・周遊促進や観光地経営の高度化など北海道経済の活性化に向けた共同事業を開始します。

その第一弾として、北海道新聞社が運営する食と観光に特化したWEBメディア「TripEat北海道(注1)」のコンテンツとNECの観光DXサービス「FORESTIS(フォレスティス、注2)」を連携させ、LINE公式アカウント(以下TripEat北海道公式アプリ)を共同開発し、6月10日(土)にリリースしました。

本事業は、従来型の観光に加えて、DX推進の観点からも取り組むことで、地域の観光課題を顕在化し、その解決方法を探ります。これらの取り組みを通じて観光起点の行動データ等を蓄積・分析し、地域のマーケティングデータとして活用することで、観光を軸とした地域経済の活性化によって好循環なまちの営みを創出し、持続可能なまちづくりの実現を目指します。

本事業で目指す観光領域におけるDX推進

旅行者の利便性向上・周遊促進
  • MAPやチャットボット、整理券などユーザフレンドリーなUIを活用することで情報収集から各種手配を一元的に提供
  • 位置情報や嗜好、状況に応じたレコメンド(チャットボット)により旅行者の周遊促進や行動変容を実現
観光産業の生産性向上
  • 整理券やモバイルオーダー等を活用し、観光施設や飲食店の業務・運用を効率化
  • 旅行者の周遊・消費行動をデータとして可視化することで、地域/エリアの需要動向の把握と事業者間の連携効率化を実現
観光地経営の高度化
  • ユーザーの行動データ※を収集・蓄積でき、観光施策のアップデートや新たな取り組み創出への活用が可能
  • オンライン(LINE上での閲覧情報)とオフライン(現地での入退場やクーポン利用情報等)の融合マーケティング
観光デジタル人材の育成・活用 データの可視化・利活用による施策の推進をサポートすることで、地域における観光デジタル人材の育成に貢献
観光分野におけるDX推進の意義
※観光庁 観光DX推進の在り方に関する検討会「最終とりまとめ」(注3)より抜粋

北海道の食と観光に特化したWEBメディア「TripEat北海道」

昨年4月にオープンした「TripEat北海道」は北海道の最大の強みである食と観光に特化したWEBメディアとして北海道新聞社が運営。「ご褒美女子旅」や「北海道ワイナリー巡り」などの人気のオリジナルコンテンツのほか、味わう・買う・体験する、を中心に地元新聞社ならではのリソースを活用した情報発信を行っています。
新球場開業や北海道の新しいイベントなどタイムリーな話題も提供。海外自動翻訳機能も搭載し、道内のみならず道外や海外のユーザーにもご利用いただいています。

地域活性化に向け、新たな観光施策のPDCAをサポート「FORESTIS」

観光DXサービス「FORESTIS(フォレスティス)」ではLINEをタッチポイントとして集客や来訪者の回遊促進や混雑回避を実現。ユーザーのデータを収集・蓄積することで来訪者の満足度向上と持続的なまちの活性化を目指すサービスです。必要な機能を組み合わせて提供することができ、まちの特性・観光戦略に合わせて手間なくすぐに構築できます。地域の新たな観光施策のPDCAをサポートします。

zoom拡大する
FORESTISの提供価値

北海道のタビマエ・タビナカを支えるツールTripEat北海道アプリを開発

双方の得意領域やリソースを取り入れ、企画開発したTrip Eat北海道公式アプリでは、北海道新聞社の「TripEat北海道」によるコンテンツと、NECが提供する観光DXサービス「FORESTIS」を連携させることで、来訪者のニーズや行動を把握し、観光やイベントで活用できる多様な機能を通じて、利用者との共創活動を行い、市場ニーズを基にしたビジネスモデル・事業創出を目指します。

TripEat北海道アプリ(イメージ)

Trip Eat北海道公式アプリでは、TripEat北海道のサイトで公開中の記事などを閲覧できるほか、北海道新聞社が案内する食と観光にまつわるイベント情報をLINE上で配信して、イベントの概要や出店者などの各種インフォメーションを手軽に確認することが可能です。
タビマエの計画・準備にも使えるほか、タビナカでの隙間時間でも楽しめる要素も盛り込みます。
直近では6月30日(金)に札幌大通公園で開催する「北海道お酒と食のおいしいマルシェ2023」とタイアップし、ドメーヌタカヒコやドメーヌモンなど道内人気ワイナリーのワインが当たるプレゼントキャンペーンを展開しています。
またミッション型ゲーム機能も搭載し、イベントや対象キャンペーンに参加してポイントを貯めた利用者には特典プレゼントが当たる企画なども実施しています。

「北海道お酒と食のおいしいマルシェ2023」タイアップイベントバナー

北海道新聞社とNECは、利用者の利便性向上や周遊をサポートするために、外部パートナーが提供するサービスとの連携を積極的に進め、さらなる機能の追加や更新を行っていきます。さらに、本サービスで習得したデータをもとに、全国への展開を見据えた地域の好循環モデル実現を目指します。

以上

TripEat北海道公式アプリについて

LINE ID「@tripeat-hokkaido」で検索いただくか、以下のQRコードから友達登録ができます。

本件に関するお問い合わせ先

TripEat北海道公式アプリ・TripEat北海道について

株式会社北海道新聞社 ビジネス開発本部 TripEat編集部
TEL:011-210-6020(代表)
E-Mail:tripeat-line@hokkaido-np.co.jp

FORESTISについて

NEC クロスインダストリー事業開発部門 先進DXサービス統括部
E-Mail:info@forestis.jp.nec.com

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/brand/