サイト内の現在位置

NEC、グローバル5G事業の強化に向けて、基地局の設計・開発技術を有する米国企業を買収

2022年1月28日
日本電気株式会社

NECは、米国で通信事業者向けに4G/5G 基地局装置の無線機(RU:Radio Unit)およびAIベースの無線機ソフトウェアの開発を手掛ける米国のスタートアップ企業Blue Danube Systems, Inc.(President, CEO and Board of Directors:Mark Pinto、以下 ブルーダニューブシステムズ社)と買収に関する契約を締結しました。なお、本買収は必要な手続きを終了した後、2022年3月頃に完了予定です。

2013年に設立されたブルーダニューブシステムズ社は、5Gを中心とした基地局装置の無線機の設計・開発と、独自のMassive MIMO(注1)ビームフォーミング技術(注2)を活用した無線機アンテナを制御するソフトウェアの開発を行っており、北米を中心とした複数の通信事業者と実証実験を行っています。

このたびの買収によりNECは、ブルーダニューブシステムズ社の無線機の設計・開発チームを取り込むことで、5G関連製品ラインアップの拡充と北米の顧客サポートの強化に加え、グローバルの通信事業者向け5G基地局の開発体制を強化します。NECはエンドツーエンドの5Gソリューションとシステム構築力を有するOpen RAN製品のリーディングプロバイダーとして、今後も2025中期経営計画の実現に向けてグローバル5G事業に注力していきます。

本件に関するコメントは以下のとおりです。

ブルーダニューブシステムズ社の保有する5G関連アセットは、NECの5Gソリューションを補完し、通信業界において益々増大するニーズや多様なユースケースに対応します。このたびの買収は、当社のグローバル5G事業を拡大する絶好の機会であり、お客様に大きな価値をもたらすものと考えています。グローバル5G事業の強化により、お客様によるOpen RAN製品の採用をグローバルに推進していきます。

NEC コーポレート・エグゼクティブ 奥屋滋

以上

  • (注1)
    Massive MIMO:MIMO(Multiple Input Multiple Output)を高度化した技術。多数の独立したトランシーバの自由度を活かし、空間多重と無線伝搬路の品質安定性を同時に向上する技術。5Gにおいては4Gの直交周波数多重・時分割多重に加え、空間多重によるさらなる周波数利用効率向上を目指して開発・導入された。
  • (注2)
    ビームフォーミング:複数のアンテナから電波を送信する際に、送信する方向を変えて絞り込むことで、より遠くまで強い電波をピンポイントに届けることができる技術。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC ネットワークサービス企画本部
E-Mail:contact@nwsbu.jp.nec.com

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/profile/brand/