ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. 楽天モバイルとNEC、オープンvRAN対応の無線機を日本国内で製造
ここから本文です。

楽天モバイルとNEC、オープンvRAN対応の無線機を日本国内で製造

- 5G分野で協業し、世界初となる安全性の高いクラウドネイティブ5Gネットワークの無線機を共同開発 -

2019年6月5日
楽天モバイル株式会社
日本電気株式会社

楽天グループの楽天モバイル株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:山田善久、以下 「楽天モバイル」)は本日、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長兼CEO:新野隆、以下 「NEC」)を第5世代移動通信システム(以下、「5G」)の基地局装置の無線機ベンダーとして選定するとともに、同社と連携し、世界初となる完全仮想化クラウドネイティブネットワークに対応した5GオープンvRAN(仮想化RAN)の構築を進めることを決定しましたのでお知らせいたします。

本連携により、楽天モバイルとNECは3.7GHz帯周波数の超多素子アンテナ(Massive MIMOアンテナ)を搭載した小型・軽量・低消費電力な5G無線機を共同で開発し、NECが国内において製造します。これらの無線機を通じ、3.7GHz帯周波数を利用した各種5Gサービスを提供するとともに、28GHz帯周波数との組み合わせにより、利用者の需要に合わせた5Gサービスを展開していきます。

楽天モバイルは現在、世界初となる完全仮想化クラウドネイティブネットワークを構築し、移動体通信事業者(Mobile Network Operator)として2019年10月のサービス開始に向けた準備を着実に進めています。さらに、2019年4月には総務省より5Gの導入のための特定基地局の開設計画の認定を受け、2020年6月の5Gサービス開始を目指しています。

楽天モバイルとNECは既に4Gネットワークの運営におけるビジネス支援システム(BSS:Business Support System)および運用支援システム(OSS: Operation Support System)のソリューションについて緊密に協業しており、この度の5G無線機を含む連携強化により、楽天モバイルが推進するソフトウェアとハードウェアを完全に分離したエンドツーエンドの仮想化ネットワークの展開は、より強固なものとなります。

本連携について、楽天モバイルCTO(最高技術責任者)のタレック・アミンは次のように述べています。「NECのような通信業界のリーディングカンパニーと共に、世界初の5GにおけるオープンvRANアーキテクチャを日本で構築できることを大変嬉しく思います。NECの技術により、楽天モバイルはコスト効率の高さ、安全性、高品質な5Gネットワークを実現できるだけでなく、日本国内のマーケットにおいて独自にアンテナを開発・製造できるようになります。私達の連携により、日本の通信産業を活性化し、経済発展に繋がることを期待します。」

また、NEC執行役員常務の河村 厚男は次のように述べています。「NECは楽天モバイルの世界初となる完全仮想化クラウドネイティブネットワークに対応した5GオープンvRANの構築に貢献できることを大変うれしく思います。今後も5GオープンvRANのパートナシップを拡充することで、グローバルな通信事業者のビジネス拡大に貢献してまいります。」

楽天グループおよび楽天モバイルは、5Gを2020年代の社会インフラとして、消費者の利便性の向上のみならず、様々な分野における利活用や新ビジネスの創出を通して、社会的諸課題の解決、地方創生等に貢献していくことを目指します。

NECは社会ソリューション事業に注力しており、NECの強みである最先端技術やネットワーク構築の実績・知見を活用し、今後も様々な事業者の5Gネットワーク構築に貢献することで、グローバルな事業展開を加速していきます。

以上

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/message.html
Orchestrating a brighter world

ページの先頭へ戻る