ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NECとFiNC、人間の歩行に着目したウェルネス・ソリューションを共同開発
ここから本文です。

NECとFiNC、人間の歩行に着目したウェルネス・ソリューションを共同開発

~靴やインソールに搭載したセンサーから健康状態を早期に把握~

2018年6月6日
日本電気株式会社
株式会社FiNC

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野 隆、以下NEC)と株式会社FiNC(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:溝口 勇児、以下 FiNC)は、NECの先端IoT技術とFiNCの法人向けウェルネスサービス「FiNC for BUSINESS」(注1)を組み合わせた、新たなウェルネス・ソリューションの共同開発を行います。
2019年の提供開始に向けて、2018年10月からNEC社内で実証実験も実施します。なお、これは2017年4月から開始した両社のヘルスケア領域における協業(注2)の一環として行うものです。

本ソリューションは、靴やインソールに搭載したIMU(Inertial Measurement Unit:慣性センサー)、通信モジュール、電源等を内蔵したウェアラブルセンサーで人の歩行データを取得します。これらのデータから歩行状態(歩幅や歩行速度など)を高精度に推定します。この推定結果とFiNCアプリで蓄積したライフログデータを分析し、両社の知見に基づいて、パーソナライズされた快適なソリューションの提供を行います。

日常生活において、健康寿命を延伸するために健康を意識した生活を送ることが重要ですが、健康を意識した行動を常に取ることは困難です。また従来、人の歩行状態を把握するには、歩行シーンの映像の活用や、ウェアラブルセンサーを直接身体に装着する必要があり、場所や利便性、費用面で課題となっていました。今回、NECが開発する技術では、ウェアラブルセンサーを小型・軽量化し、靴やインソールに内蔵することが可能となります。これにより、日常の歩行データを場所や時間にとらわれず、かつ、センサーの装着を意識することなく収集することができ、個人の健康状態に合わせた、より高度な健康アドバイスを行うことができます。

さらに両社は、共同で本ソリューションを用いた実証実験を行うことで、活用ノウハウを蓄積し、今後のソリューション強化や事業化につなげていきます。

以上

  • (注1)法人向けウェルネスサービス「FiNC for BUSINESS」:
    FiNCの提供する法人向けウェルネスサービスとして、企業の従業員満足度の向上やリスクマネジメントを目的とし、月額500円/人で2014年から提供されているサービス。
    参考URL:https://company.finc.com/business/
  • (注2)プレスリリース「NECとFiNC、ヘルスケア領域で協業を開始~AIを活用したウェルネス・ソリューションを共同開発~」
    URL:https://jpn.nec.com/press/201704/20170428_01.html

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC コーポレートインキュベーション本部
ビジネスインキュベーションセンター
E-Mail:contact@walk.jp.nec.com

株式会社FiNC 取締役CTO 南野
E-Mail:mitsunori.nanno@finc.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/message.html
Orchestrating a brighter world

ページの先頭へ戻る