サイト内の現在位置を表示しています。

モジュラーデザイン実践の進め方とITの有効活用

~個別受注製造業様の利益増大のために~

モジュラーデザインは、千差万別の顧客ニーズに応えつつ、QCDを向上させるために非常に有効な手立てですが、具体的な取り組み方法がわからず挫折したという製造業様も多いのではないでしょうか。本セミナーではモジュラーデザインの進め方と実現効果について、具体的な事例を交えご説明します。
※ 2022年7月に実施したセミナーのオンデマンド配信になります。

開催概要



概要

日時

2023年1220()2024229()

主催

NECネクサソリューションズ株式会社

共催

NEC

形式

オンライン(事前申込制・無料)

内容

第1講演

モジュラーデザインと設計標準化

「物」を標準化するためのモジュール化を進めるためには、前提として設計手順の標準化と技能伝承が必要となります。第一部では物の標準化と設計 手順の標準化について、品質保証の視点も含め解説します。

株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント
開発・設計マネジメント革新センター センター長 兼 デジタルイノベーション事業本部
柏木 茂吉  氏

第2講演 PLMを活用したモジュール化のシステム導入事例

受注設計を効率よく処理するためにキーとなる仕様/機能/バリエー ションを統合管理する機能を持つPLMソリューション「Obbligato」を活用し、モジュール化を実践したシステム導入事例について、ご紹介します。

NEC
製造システム統括部
原 祐治
こんな方におすすめ
  □ モジュラーデザインを実践したいが進め方や効果がわからない
  □ お客様の個別要件に対応するために都度設計する手間や時間がかかっている
  □ 標準化されたモジュールや部品を使うことで品質不具合を減らしたい
  □ 忙しい割になかなか利益に結び付かない

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

セミナー事務局
nexstation@nexs.nec.co.jp

お知らせ

・お申込み後、事務局より受付完了メールをお送りいたしますので、ご確認ください。

・ベンダ(販売店/SIベンダ/コンサルティング会社など)様からのお申し込みはお断りさせていただきます。

・受講にはPCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。(注)PCで閲覧される場合、セキュリティソフトの機能によって、当サービスを正しく利用できない場合があります。

・当セミナーのシステムはサービスの安定運用に万全を尽くしておりますが、お客様の環境やそのときの回線状況によりまして、やむを得ず中断される可能性があります。その場合は当社では責任を負いかねますので、あらかじめご理解の上お申込みくださいますようお願いいたします。