サイト内の現在位置

光ファイバでセキュリティ??

NTT様が投資を続けてきた貴重なインフラである光ファイバ。
通信以外の用途の社会課題解決に利活用可能です!

NECの「光ファイバセンシング技術」が実現します!

光ファイバセンシングとは?

光ファイバセンシングは、振動変化、温度変化、音響変化を検出できます!

  • 既設の光ファイバの活用が可能

長年の研究開発と最新技術の融合

NECでは、光通信の黎明期である1960年代からその技術開発に取り組んできました。

光を長距離伝送する技術」や「僅かなひかりの変化を検出する技術」などを光ファイバによるセンシング技術に応用したのがNECの光ファイバセンシングです。

さらに、光ファイバからのセンサ情報をNEC独自のAI技術で分析することで、より精度の高い検出結果を得ることができるのです!

光ファイバセンシングのユースケース

  • (1)
    電柱の劣化検知
    電柱の腐食による劣化確認は、スキルのある作業者によって1本づつ確認していますが、光ファイバセンシングの技術を活用すると、電柱上に敷設されている既存の光ファイバを使用して電柱の振動データを収集し、AIで分析することで腐食した電柱を特定できます。
  • (2)
    データセンタ内設備異常検知、侵入検知
    データセンター内に設置されたサーバやネットワーク機器の動作異常を、光ファイバセンシングの振動検知、温度検知により検出して、障害装置を特定します。
    施設内及び外周保護用フェンスなどに敷設された光ファイバから、振動データ音響データを収集し、AIにより通常時のデータと比較することで異常を検出します。監視カメラと連動することで、異常時の映像を光ファイバを使用して監視センタに送ることができます。
  • (3)
    架空ケーブルの凍結異常検知
    OPGW(光ファイバ複合架空地線)の既設光ファイバを利用して、温度検知、振動検知を行うことで凍結による異常個所の特定を行います。
  • (4)
    高速道路・保全監視
    道路沿いに敷設された光ファイバの振動検知、音響検知により、道路・橋梁・トンネルなどのインフラの劣化を検知します。

土木建設メンテナンス

路面異常、トンネルの変状や付属物の取付異常、橋梁の損傷(銅・コンクリート)を時系列で把握することで異常を早期に検出

土砂崩れ・落石検知

道路沿いの落石を検知しドライバーの安全を確保

過積載検知

走行中の車両の振動パターンを検知することで、道路の摩耗を招く過積載の車両を検知

トラフィックモニタ

道路の敷設ファイバにより自動車の速度・流星などをセンシング