サイト内の現在位置

JANOG45ミーティング

このたびNECでは「JANOG45ミーティング」に出展する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
JANOG(JApan Network Operators' Group)ミーティングは、日本中のネットワークオペレータが一堂に集い、インターネットに於ける技術的事項およびオペレーションに関する事項の活発な情報交換と議論を行うことを目的に開催されます。
JANOG45ミーティングは、2020年1月22日(水) 〜 24日(金)の3日間、札幌市「札幌プリンスホテル」で開催されます。
NECは併設される展示会において、「5G時代における社会価値創造」、「 SpectralWave DW7000シリーズ」、「光ポータブルPAC」を展示致します。また、2日目には、「5Gの夢と現実」というタイトルによる講演にも参画いたします。
ご来場賜りますよう謹んでご案内申し上げます。

開催概要

会期
2020年1月22日(水)~24日(金)

展示  1月23日(木)  10:00~18:00
    1月24日(金)  10:00~16:00
    ※本会議での講演は1月22日から開催
会場
札幌プリンスホテル 国際館パミール(北海道札幌市)
〒060-8615 北海道札幌市中央区南2条西11丁目
new window会場アクセス
主催
北海道総合通信網株式会社・ 株式会社ネクステック
new window主催者サイトへ
入場料
本会議(併設展示)への参加は無料 ※当日会場受付に名刺をご提示下さい。

展示概要

+を押すと詳細が表示されます。

5G時代に要求されるネットワークーの要件や5Gを活用した異業種連携による社会価値創造の具体的な取り組みをご紹介いたします。

5G/DX時代のサービス多様化に適したコアからアクセスまで対応可能な光IPプラットフォームをご紹介いたします。

軽量タイプ(5kg/100m)の光ケーブルを利用した運搬可能な応急敷設用光ケーブルをご紹介いたします。

NEC関連講演概要

日時  1/23 14:00-15:00
講師  (株)企 伊賀野 康生様
    NEC 新事業推進本部 藤本 幸一郎

+を押すと詳細が表示されます。

<はじめに>
5Gのニュースを目にしない日はありません。
エッジコンピューティング、低遅延、スライシングなどの、5Gならでは技術とそれらを活用したユースケースが広く知られるようになってきました。
それらの5Gインフラの特徴/機能を活かし、自動運転や遠隔医療、スマートアグリ、遠隔重機操縦、eスポーツなどの最新技術を組み合わせた夢のような社会の実現に向けた実証実験など、様々な取組も行われています。

これらの「夢」は、いつ、どのように実現するのでしょうか?
そもそも、本当にそれらの「夢」は実現するのでしょうか?
また、我々ネットワーク技術者は、それらをどのように受け止め、関われば良いのでしょうか?

これらの事情に詳しい面々で「5G話」をしていると、以下のような話も聞かれます。
•5Gは、ファイバでしかなしえなかった通信(高速/大容量/低遅延/高信頼)を、無線で実現するという夢がある
•全ての通信が5Gになるわけではないが、うまく使える環境/インフラを整備する必要がある
•ローカル5Gなどの、モバイル網の技術からは蚊帳の外であったネットワークエンジニアがそれらに携わり実現できる機会も作れそう
•それらの期待を受けて、様々なところでPoCが行われているが、実現に向けてそれなりに苦労している
•それをサービス化するには、さらにハードルが高い
•モバイルキャリアの5Gと一般向けのローカル5Gはどうインターワークできるのか?協調?競争?
•そもそも、当面、モバイルキャリアが提供する5GはNSAであって、本気の5Gのパフォーマンスが出せるSAが普及するまでに時間を要する可能性が高い
•というか、5G時代のMVNOってどうなるの?
•皆さん5Gの話をされるが、実は5Gに対するイメージ(いつぐらいに、何ができるか?)がバラバラではないか?
•5Gの世界をうまく実現するためには、エンジニアの5Gに対するイメージをそろえる必要があるのではないか?
•各ISPやFVNO/MVNOのエンジニアは、それらのイメージを持って、5G時代に対峙する必要があるのではないか?

<セッションの目的/ねらい>
このセッションでは、「5Gの技術や関連する基礎的状況を理解し、ネットワークエンジニアがジブンゴトとして5Gに取組むきっかけ/第一歩を作ってみる」を目的としたいと思います。

<セッションの概要>
セッション内容として、5Gに関連する情報提供(関連技術/インフラ整備/関連取組など)をメインに行いつつ、ローカル5Gやアンライセンスなど、電波政策によっては、モバイルキャリアだけでなく一般のネットワークエンジニアによる5G構築の機会を作ることも視野に入れ、会場で議論ができないかと思っています。

展示、講演の名称、概要が変更になる場合がございますので予めご了承下さい。

資料請求・お問い合わせ