サイト内の現在位置を表示しています。

NEC パブリッククラウド接続サービス

クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」:他社クラウドとの閉域網接続

NEC パブリッククラウド接続サービス(タイプM)

NEC パブリッククラウド接続サービスは、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)やMicrosoft Azure(以下、Azure)といったパブリッククラウドと、NEC神奈川データセンター/NEC神戸データセンターを閉域網で接続するため、各種クラウド上のシステムをセキュアに使えるサービスです。

サービスの特長

  1. 1回線で複数クラウドにアクセス可能
    NEC神奈川データセンター/NEC神戸データセンターからは、1回線で各種パブリッククラウドに接続可能な構成になっています。
    クラウド毎に回線を用意したり、各ベンダとの個別契約は不要です。
    クラウド利用拡大に合わせて柔軟かつ迅速に拡張が可能です。
  2. 冗長構成による高可用性
    本サービスは東京・大阪それぞれのアクセスポイント2か所と接続する冗長構成となっています。
    よってNEC神奈川データセンター/NEC神戸データセンターにあるお客様のシステムと、パブリッククラウドとの連携は高可用性が保たれます。
  3. 広帯域かつ安価
    物理ポートは1Gbpsまたは10Gbpsの広帯域ネットワークを冗長構成で利用可能です。
    クラウドベンダとの個別契約と比較して安価にご利用いただけます。
  4. 多様なパブリッククラウドのサポート
    主要なパブリッククラウドとの接続に対応しています。
    AWS / Azure / Google Cloud Platform/ Oracle Cloud / IBM Cloud / Salesforce
    (SalesforceはNEC神奈川データセンターのみの対応:2020年12月現在)

サービスメニュー

  • 物理ポート・VLANのセットで、1Gbpsx2本からご利用いただけます。
    価格については、下記までお問い合わせください。
メニュー 概要
Port (物理ポート)
  • お客様ルータ(L3SW)と接続するための物理ポート(1G-LX または 10G-LR)
VXC (VLAN)
  • Portにアサインする論理ネットワーク(VLAN)(1Gbps以下 または 1Gbps超過)