サイト内の現在位置

プロジェクト・ストーリー「成田空港One ID」 [08:44]

音声テキスト

コロナ以前の航空業界では国際的に旅客数が増加し続けていた

空港での混雑による旅客の不満が高まっていた

顔認証をベースにしたスムースな搭乗の実現の議論がされていた

IATAという団体がOne ID というコンセプトを発表

日本で One ID を世界に先駆けて導入する動きがあった

成田空港様の調達に際して今回のプロジェクトが始動した

成田空港では搭乗ゲートやカウンターが非常に混雑していた

特にGWや年末は大行列ができ大きな課題となっていた

エアライン様側も被害を被っており非常に苦しい状況にあった

改善していかなければという強い課題感を持った

Face Expressは(日本版 One ID )

4つのタッチポイントと呼ばれる顔認証の登録をする場所と

それに、顔認証を行うエンジンが集まるOne IDのプラットフォームで構成される

最初の登録時には搭乗券とパスポートそれに本人の顔を紐づけて登録

この3つの情報を紐づけてトークンと呼ばれる情報をつくる

そうすれば手荷物預けや保安検査、搭乗ゲートも顔パスで通れる

4種類のタッチポイントごとにカメラの特性が異なる

さらにタッチポイントが置かれている場所がそれぞれ異なる

たとえば搭乗ゲートに付近には大きな窓があり強い日差しが差し込む

環境によって画像品質が異なる中で顔認証を実現することが大きな課題だった

そのために基準におさまる画像品質を実現していく必要があった

大きな窓のそばでは強い日差しを防御する必要があった

遮光カーテンやパーティションなど物理的な施策が必要だった

その施策をディスカッションして決めていたことが精度実現のポイントだった

システムをつくりあげるまでいろいろな検討をし続けた

なかなか実現できない生みの苦しみがあった

日本以外のNECの現地法人と協力してつくり上げることが出来た

NECだからことできたシステムだった

NECは海外にも多数の現地法人がある会社

グローバルな強みを生かして今回のシステムは開発できた

チェックインのキオスクや手荷物預け機はオーストラリア

搭乗ゲートはアメリカ顔認証ユニットは香港

世界中のベンダーと航空業界の規約を守り顔認証のシステムをのせていった

英語を使いながら調整をするそれがいちばん難しかった

2021年7月19日にシステムはサービスイン

その日に報道陣が駆けつけてインタビューをしていた

快適さに感動したという声を聞きつくり手として嬉しかった

顔情報を登録しておくことで空港から移動して街で使えないか

たとえば顔パスで電車に乗れたりコンビニで決済ができたり

空港の中だけではなく街中に広がっていく可能性がある

よりNEC全体として社会に大きい価値を提供していきたい

コロナ禍の中でマスク着用したまま顔認証登録をしたいという要望も

現状は航空法案の関係でマスクをとって登録する必要がある

ゆくゆくはマスク着用でトークンをつくれるようにしたい

今回のプロジェクトでは顔認証をメインの技術だった

NECには顔認証以外にも虹彩認証という新しい技術もある

より頑健な本人確認にむけて虹彩認証も活用していきたい

今は成田空港に物理的にサーバーを置いている

停電など外的な要因でシステムが止まる可能性もある

リスクの低減にむけクラウドでの運用も視野に入れたい

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

この世界には、解決すべき課題が、数多く残されています。
私たちのミッションは、世界中の課題に向き合い、
様々なステークホルダーと共創しながらテクノロジーで解決策を生み出すこと。
そのエンジンは、他でもない、あなたの挑戦です。
自分の挑戦が世界を変え、社会を変え、NECも変えていく。
イノベーションを生み出す主役は、あなた自身です。
そして私たちと一緒に、社会に新しい価値を創造していこう。
NECはあなたと共に挑戦し続けます。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2021年12月14日)