サイト内の現在位置

NECの顔認証技術を支える研究チームにインタビュー [02:49]

音声テキスト

世界ナンバー1の評価を獲得している顔認証技術で、NECは「科学技術分野の文部科学大臣表彰」における科学技術賞を受賞しました。

NECの顔認証技術は成田空港・羽田空港での搭乗手続きや、テーマパークなど様々なイベント・業界で活用されています。

今回の#DiscoverNECでは、受賞者の皆さんにインタビューを行いました。

NECバイオメトリクス研究所
主任研究員
早坂 昭裕:

やっぱり研究っていうと、プログラムを作ってアルゴリズムを作って、それを検証するっていうのはわりとデスクワークに近いようなイメージがあるかなと思うんですけど、実際はその評価に使うとか、確実に使えてたっていうところを集めるような少しそういう泥臭いといいますかそういうこともやりつつ、日々性能を上げるというところで頑張っています。

NECバイオメトリクス研究所
主任研究員
森下 雄介:

顔認証のベンチマークでは、1000万枚という規模の顔画像でテストをされます。
0.01%でも取り逃がすと認証のエラーとして生じてしまうので0.01%
それよりももっと高い精度の顔検出っていうのを目指して頑張っています。

NECバイオメトリクス研究所
シニアリサーチアーキテクト
橋本 博志:

当時は経年変化や顔を持つとか、そういったまだ難しいって言われているような条件がたくさんあって、そういう条件下だとエラーっていうのも10%、20%とあって。
今だったらできて当然なんですけど、当時はすごくチャレンジングって言われていて、
そういう段階で関わることができたのが非常にラッキーだったなと思ってます。

NECバイオメトリクス研究所
主任研究員
高橋 巧一:

顔認証に関連する技術というのは、学生時代から研究はしていたんですけども
NECに入ってからこの顔認証の研究に携わるようになってからは、
いろいろな人に使ってもらえるとか、そういったところでもうこういった賞をいただいたことでも世の中に貢献する技術っていうのが作れてうれしいなって、そういうふうに思っています。

NECの顔認証をリードしてきた、フェローである今岡さん。
著書に「顔認証の教科書」があり、顔認証技術のスペシャリストです。

NEC フェロー
今岡 仁:

このような大きな賞をいただくことができて、本当にありがとうございました。

やっぱりこれは今回受賞した5名だけじゃなくて、僕らの周りにいる研究メンバー
それからサポートしてくれるメンバーそれから海外の現地法人それから関連会社
いろんな人の本当に顔が今浮かんでしまったんですけど、
いろんな人のご協力があって取れた賞だと思っているので、今後ともぜひNECとして顔認証、生体認証を広げていきましょう。

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

NECは「科学技術分野の文部科学大臣表彰」(令和4年度)における科学技術賞(開発部門)を受賞。表彰式の様子や、受賞直後の技術者の皆さんにインタビューを行いました。


「#DiscoverNEC」とは:
「#DiscoverNEC」インターナル動画ニュースとして NECグループ向けに制作しているコンテンツです。
本動画は社内用に発行されたものを一部加工・編集し掲載しております。NECグループの人やカルチャー、
ビジネス&サービス、テクノロジーを Discover していきます。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2022年5月31日)