サイト内の現在位置

インド発、NECの顔認証で実現する新しい空の旅 [02:52]

音声テキスト

インドは今、急速に変化しています
経済成長を遂げ、生活水準も大幅に向上
空港では混雑緩和と感染症対策が、課題となっています
ーーーーーーーーーーー
“課題”
混雑による利便性の低下
施設の衛生管理の強化
ーーーーーーーーーーー
そのため、非接触型の搭乗システムによる
シームレスな空の旅の実現が求められていました
この課題の解決に向けて
インド空港局は大規模プロジェクトを開始
新時代の空港サービスの提供に乗り出しました
インド空港局は、NECの技術を採用し
国内の空港に、顔認証システムを導入
目指したのは、旅客の「顔」が搭乗券になる
スムーズな搭乗プロセスです
ーーーーーーーーーーー
“導入ソリューション”
ーーーーーーーーーーー
NECの先進ソリューションNEC I:DelightとSITA社の連携で
顔認証による手続きを実現
シームレスな空港体験を可能にしました
ーーーーーーーーーーー
このDigiYatra(※)と称したプロジェクトは4つの空港で開始され
※空港の旅客手続きのデジタル化に向けたインド政府の取組み
さらにインド国内の他の空港にも展開される予定です
ヴァーラーナシー/プネ/コルカタ/ヴィジャヤワダ
DigiYatraアプリに情報を登録するだけで
顔認証サービスが利用できます
ーーーーーーーーーーー
“導入メリット”
書類チェックの削減
空港での待ち時間の短縮
ーーーーーーーーーーー
利用は任意ですが、サービスを活用することで
パスポートや搭乗券など、物理的な書類の提示が不要になります
ーーーーーーーーーーー
アリヤマ・サニャル:
エアポートディレクター
ヴァーラーナシー空港

ーーーーーーーーーーー
とても革新的な仕組みです
DigiYatraにより、手続きにかかる時間は
半分以下に短縮され
以前は10秒かかっていたのが、4秒ほどで済むのです
ーーーーーーーーーーー
“搭乗手続きの時間が
50%以下に短縮”
ーーーーーーーーーーー
生まれ変わったヴァーラーナシー国際空港を誇りに思っています
DigiYatra導入のパイオニアですから
NECの協力で、課題解決に向かっています
データを見ると
既に、ヴァーラーナシー空港利用者の56パーセントが
DigiYatraで搭乗手続きをしています
ーーーーーーーーーーー
アーロック・クマール:
海外スマートシティ統括部長
NEC Corporation India社長

ーーーーーーーーーーー
NECの技術で利便性が高まり
空港職員の業務プロセスが改善されました
日々、より多くの旅客の手続き対応ができ、
作業の大幅な効率化に加えて
高いセキュリティも実現しています
ーーーーーーーーーーー
NECはこれからも
インドの皆様にソリューションをご提供していきます
安心・安全・快適な空の旅を目指して

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

今後10年で約8億2,700万人が飛行機で旅行すると予測されているインド。空港がさらに混雑する中、航空事業者、旅行客双方にとってより安全で快適な運営を目指し、インド空港局(Airports Authority of India:AAI)様とNECはパートナーシップを組み、この問題に取り組みました。

インドの4つの空港で、NECのデジタルIDソリューション(生体認証を用いた搭乗手続き)を導入し、顔認証でチェックインから搭乗まで、搭乗券やパスポートを提示する必要のない、スムーズな手続きを実現しました。

詳細はこちら


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2023年11月29日)