ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. ERPパッケージ (会計・人事・給与・販売・在庫・生産等)
  4. ERPソリューション:EXPLANNER
  5. ERPシステム:EXPLANNER/Ai
  6. 販売管理システム
  7. コラム:軽減税率と消費税増税に向けたシステムの対応
  8. 第4回 軽減税率制度とシステム対応(その3)
ここから本文です。

軽減税率と消費税増税に向けたシステムの対応

淺海氏

第4回「軽減税率制度とシステム対応(その3)」
(2016年4月13日公開)


淺海克人(ウティルコンサルティング コンサルタント)

【プロフィール】公認会計士・税理士
NECにて主に民需系の情報システムの販売・構築に携わった後、公認会計士試験に合格、監査法人に入所。監査法人にて会計監査、内部統制監査、IT監査などに従事。現在、ウティルコンサルティングを立ち上げ活動中。

第一回目では「軽減税率制度を含めた消費税制度改正の概要とシステムへの影響」について概観し、第二回目では、軽減税率制度とシステム対応について、特に「対象品目及び税率の観点」から検討し、第三回目では、区分記載請求書等の「区分経理に対応するための措置等」について検討した。今回第四回目では、「区分経理に対応するための措置等」の中の「税額計算の特例」についての検討をしたい。

以下の検討は私見であり、具体的な消費税の計算等にあたっては、顧問税理士等とご相談頂きたい。

「税額計算の特例」について

前回までの回で検討したように、平成33年4月1日から適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)の導入が予定されているが、事業者の準備等の執行可能性に配慮し、平成29年4月1日からの4年間については、簡素な方法の導入が予定されている。

当該簡素な方法とは、前回検討した「区分記載請求書等保存方式」及び今回検討する「税額計算の特例」をいい、税額計算の特例には、「売上税額の計算の特例」と「仕入税額の計算の特例」がある。

原則的な売上税額・仕入税額の計算は、現行と同様、適用税率ごとの取引総額に一定の数を乗じて計算する方法(割戻し計算)である。

現行の申告書の様式を勘案すると、売上については、適用税率ごとの取引総額に110分の100、108分の100等の一定の数を乗じて課税標準額を計算し、当該課税標準額に国税分の税率(7.8%、6.3%等)を乗じて売上税額を計算。

仕入については、適用税率ごとの取引総額に110分の7.8、108分の6.3等の一定の数を乗じて仕入税額を計算する方式になると思われる。

一方、平成29年4月1日時点では売上や仕入を税率ごとに区分することができず、税額計算の基礎となる適用税率ごとの取引総額を集計することが困難な事業者が発生する可能性に配慮し用意された措置が、税額計算の特例(売上税額の計算の特例、仕入税額の計算の特例)である。

図1:原則的な税額計算

バックナンバー

資料ダウンロード

【業務改革のためのコラム】
軽減税率と消費税増税に向けたシステムの対応(全6回) NEW
2016年1月から6月まで連載していたWebコラムをダウンロード資料に編集しました。
消費税増税、軽減税率制度の内容、そして情報システム化のポイント等をわかりやすく解説しています。
是非ダウンロードいただき、今後の消費税対応システム化検討にお役立てください。

ダウンロードページへ

会員登録(無料)が必要です。

関連ソリューション

消費税増税・軽減税率対応
販売管理システム -EXPLANNER/Ai

ページの先頭へ戻る