ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. ERPパッケージ (会計・人事・給与・販売・在庫・生産等)
  4. ERPソリューション:EXPLANNER
  5. ERPシステム:EXPLANNER/Ai
  6. 人事システム
  7. 労務・人事管理コラム
  8. 第6回 高齢者雇用 -労務・人事管理コラム
ここから本文です。

第6回 高齢者雇用 -労務・人事管理コラム

講師

第6回 高齢者雇用 (2011年6月22日公開)
講師:神谷喜代子(有限責任監査法人 トーマツ
プロフィール

また、再雇用によって発生するコストを公的給付金の活用によって一部まかなうため、賃金を決定するに当たり、在職老齢年金や高年齢雇用継続給付の受給要件をクリアできるよう配慮するケースが多いのですが、これを解説すると次のようになります。

年金と雇用保険(高年齢雇用継続給付)の支給について (その1)

年金と雇用保険(高年齢雇用継続給付)の支給について (その2)

高年齢雇用継続給付を受給するためには雇用保険の加入が必要です(その他に受給要件を満たす必要があります)。
また、受給できる金額は60歳以上65歳未満の各月の賃金が60歳時点の賃金に比べどの程度低下したかで決まります。計算方法は以下の通りです。

高年齢雇用継続給付の計算式

次に、年金を満額受給するためには(1)フルタイムで働かないこと(社会保険に加入しない程度の勤務時間に抑えること)(2)フルタイムで働くが賃金と年金の合計額を28万円以下にすること、のどちらかに該当しなければなりません。

お問い合わせ

本コラムに関するご質問・ご相談などは、下記よりお気軽にお問い合わせください。

  • 会員限定コンテンツWisdomPLUS 「EXPLANNERメンバーズ」ビジネスに役立つ情報を続々公開中!

wisdomPLUS
「EXPLANNERメンバーズ」とは

ページの先頭へ戻る