ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. ERPパッケージ (会計・人事・給与・販売・在庫・生産等)
  4. ERPソリューション:EXPLANNER
  5. ERPシステム:EXPLANNER/Ai
  6. 会計システム
  7. 会計コラム
  8. お客さまが認識している「会計システム」とITベンダーが認識している「会計システム」のGAPを紐解く
  9. 第5回 カスタマイズとは?
ここから本文です。

お客さまが認識している「会計システム」とITベンダーが認識している「会計システム」のGAPを紐解く

今 亘道(NECソフト株式会社神奈川支社 プロジェクトマネージャー)

第5回 カスタマイズとは?
(2010年1月12日公開)

講師:今 亘道 (NECソフト株式会社神奈川支社 プロジェクトマネージャー )

パッケージの選定・導入において注意すべきポイント、カスタマイズの必要があるかどうかの判断基準、既存データの効率的な移行など、会計システム構築にあたって重要なポイントを中心にご紹介していくこのコラム。

第4回では、ノンカスタマイズ前提での会計システムの導入についてご紹介しました。今回は、カスタマイズを行う判断ポイントについて、考えていきます。

昨今、会計システムに対するお客さまのご要望は多岐にわたっています。しかし、汎用的に構築されているパッケージがすべてのご要望を満たせるかというと必ずしもそうではなく、事実上不可能といえるでしょう。

そこで対応策の第一案とされるのが、パッケージへの「カスタマイズ」です。簡単に定義すると、『オリジナルのパッケージでは実現できないお客さまの業務を実現するための追加開発』といったところです。

この定義をみると、カスタマイズは何でも実現できてしまう魔法の杖のように思われるかもしれません。確かに、開発することによって思い通りのシステムを構築できます。そのため、不足している機能をすべてカスタマイズによって補おうというお客さまも中にはいらっしゃいます。

しかし現実のカスタマイズは、悲しいことに魔法の杖ではありません。ものごとには表があれば裏もあります。カスタマイズにも、メリットがあればデメリットもあるのです。そしてそのデメリットのために、せっかく導入したシステムを台無しにしてしまうことさえあります。実際に、お金をかけて作りこんだ機能が、システム稼動の数年後には使われなくなっているという事例も耳にします。

それではここからは、会計システムを責任もって導入させていただくベンダーとして、NECソフトが考えるカスタマイズのメリットとデメリットを説明し、次に、お客さまがカスタマイズを決断するにあたって検討すべき4つのポイントをお話いたします。

カスタマイズ実施のメリット・デメリット

メリット

お客さまの望む機能を満たしたシステム構築が可能となる

経理部門や財務部門といったシステムを運用される現場部門の要望を満たしたシステムを構築することが可能になります。システム化によって、属人的な作業や非効率な作業を撤廃し、決算スケジュールの早期化や作業工数の削減を実現します。

デメリット

システムの構築費用が高くなり、構築期間も長くなる

追加開発を行うため、ノンカスタマイズでの導入に比べると、金銭的にも時間的にもコストは大きくなります。

パッケージのバージョンアップ時に再開発が必要になる場合がある

ベースとなるパッケージがバージョンアップされると、カスタマイズで追加した機能の整合を取るために再開発を行わなくてはならない場合があります。 また、法改正への対応などでパッケージに緊急パッチをあてる場合にも、カスタマイズ部分の再開発が必要かどうかを確認しなければなりません。

カスタマイズ実施のメリット・デメリット

このようなメリット、デメリットを理解した上で、カスタマイズ実施の判断を行いましょう。

カスタマイズ実施のメリット・デメリット

次に、カスタマイズの実施にあたって検討すべき4つの重要ポイントについて説明します。

1. 業務プロセスを変更できないか?

新システムの導入は、業務プロセスを見直す絶好の機会です。現状のプロセスを「正」としてシステムを構築するのではなく、プロセスを見直し改善した上で、必要となるシステムを構築することにより、企業が目指す改革や改善につなげることができるでしょう。 無駄な投資を避けるためには、現在不足しているように見える機能が、業務上本当に必要なのかを検討することが大変重要です。

2. 費用対効果が得られるか?

業務上必要と判断した場合でも、カスタマイズすることで得られる効果が費用に見合うかどうかを検討する必要があります。どんなに良いシステムを構築しても、効果が少ないようでは有効な投資とはいえません。カスタマイズによって効率化される金額と、カスタマイズに必要な金額とを比較し、費用対効果がどれくらいになるかを見極めることも重要です。

3. 数年後もその機能は必要か?

システム導入当初は必要と判断された機能でも、新システムが稼動して数年経つと使われなくなってしまう事例も多く見受けられます。
カスタマイズで開発する機能が業務上必要かどうかを判断する際には、将来性も十分に検討する必要があります。

4. その業務は、カスタマイズしなければ実現できないか?

機能を開発して追加する前に、「パッケージ標準機能+運用」で対応できないか検討することは、開発コストを抑えるためには大きな意義があります。 特に、帳票など出力機能へのカスタマイズは、標準機能で出力されたテキストデータを基にExcelなどによって二次加工することで対応できる場合が多いからです。
財務諸表以外の管理帳票は、法対応など外部環境の変化や、経営者や他部署からの要望によって、出力内容やフォーマット変更が多く発生します。このように将来的に変更が予測される機能は、カスタマイズとせず、お客さま側での運用対応を前提にしておく方が、より柔軟で迅速な対応が期待できるでしょう。

いかがでしょうか? ここまで読むと「カスタマイズは何一つ良いことがないのでは」と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。カスタマイズによって、開発費用以上に決算早期化や効率化が図られるなどのメリットが得られるのであれば、そのシステムを構築すべきです。

カスタマイズ実施の注意点

では、最後にカスタマイズを選択した場合の注意点をお話します。  一番のポイントは、「なるべくパッケージとは“疎”の関係になるようにカスタマイズする」ことです。前述した通り、パッケージ製品はバージョンアップや法改正対応によるパッチが提供されます。それらを“早く”“安く”適用するために、できるだけパッケージ製品と切り離して開発することを考えましょう。  特にやってはいけないこととして挙げたいのが、仕訳データや残高データといった会計パッケージのメインとなるテーブルに手を加えることです。

例えば、管理項目が不足しているからとメインテーブルにその項目を追加してしまった場合、当然、メインテーブルを更新したり参照したりする機能は多く存在しますので、その全てに影響を及ぼしてしまいます。

重要な管理項目であれば、パッケージを選定する段階でその過不足を確認しておきましょう。

以上、今回はパッケージに対するカスタマイズの必要性や考慮すべき点についてみてみました。 このようなポイントを考慮した上で、お客さまに最大のメリットが得られるシステム構築を目指していただきたいと思います。

次回は、パッケージへのデータ移行について、ご紹介いたします。

会計関連の資料ダウンロード

右記「ダウンロードページへ」ボタンより、下記の資料をダウンロードいただけます。
・会計システム刷新のすすめ
・導入事例:株式会社ミクシィ様
ほか

ダウンロードページへ

会員登録(無料)が必要です。

お問い合わせ

ERPシステム:EXPLANNER/Ai

  • 会員限定コンテンツWisdomPLUS 「EXPLANNERメンバーズ」ビジネスに役立つ情報を続々公開中!

wisdomPLUS
「EXPLANNERメンバーズ」とは

ページの先頭へ戻る