ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. ERPパッケージ (会計・人事・給与・販売・在庫・生産等)
  4. ERPソリューション:EXPLANNER
  5. ERPシステム:EXPLANNER/Ai
  6. 会計システム
  7. 会計コラム
  8. リース・オンバランス化に向けた会計制度の変化
  9. リース・オンバランス化に向けた会計制度の変化(3)
ここから本文です。

リース・オンバランス化に向けた会計制度の変化

イメージ

リース・オンバランス化に向けた会計制度の変化
(2008年2月25日公開)

監修:株式会社プロシップ

1-2. 計算方法の変更点

リース資産及びリース債務の計上方法

オンバランス化により、リース資産及びリース債務を貸借対照表に計上する必要があります。リー ス資産・債務の計上価額は下記のように求めます。

計算方法の変更点

利息と割引現在価値

「割引現在価値」を判断するために、利息や金利を考慮する必要があります。

利息と割引現在価値

損益認識時期の変更

これまでは、リース料総額をリース期間に配分しておりましたが、オンバランス化により利息法が原則となるため、期間配分方法が従来の定額認識から逓減認識に変更になります。結果として、契約開始当初の利息相当額の認識額が大きくなります。

損益認識時期の変更

リース取引における利息の算出方法

リース取引の場合は、利息を算出において元本が変動することが留意点です。

リース取引における利息の算出方法

【リース・オンバランス対応変更点の概要】

オンバランス化により、計算すべき事項が増えます。オフバランスの場合は、リース料総額を支払回ごとのリース料を算出するのみでしたが、オンバランス後は、利息計算、リース債務の控除、償却計算など、計算が増える上、リース債務の残高管理など、管理業務も必要になります。

リースオンバランス対応変更点の概要

会計関連の資料ダウンロード

右記「ダウンロードページへ」ボタンより、下記の資料をダウンロードいただけます。
・会計システム刷新のすすめ
・導入事例:株式会社ミクシィ様 ほか

ダウンロードページへ

会員登録(無料)が必要です。

お問い合わせ

本コラムに関するご質問・ご相談などは、下記よりお気軽にお問い合わせください。

  • 会員限定コンテンツWisdomPLUS 「EXPLANNERメンバーズ」ビジネスに役立つ情報を続々公開中!

wisdomPLUS
「EXPLANNERメンバーズ」とは

ページの先頭へ戻る