ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NECの映像デバイス MultiSync & ViewLight
  4. ディスプレイ
  5. メディアプレーヤ MP-01
ここから本文です。

メディアプレーヤ MP-01

【メーカー出荷完了】デジタルサイネージ向けメディアプレーヤ MP-01 「動画、静止画、テロップをディスプレイに簡単表示。最大20台までネットワーク接続も可能。」 ・オープン価格

取扱説明書

三面図

ファームウェア

特長

要望に合わせてレイアウトやスケジュールを設定

添付のオーサリングソフトウェアで動画・静止画・テロップ・オーディオなどのデータを組み合わせて、43種類のレイアウト(編集したレイアウトは追加でき、計100種類)から選択できます。スケジュール機能によって、毎日はもちろん特定日時の番組スタート・終了時間の設定も可能。設置するシーンや目的に合わせた情報の発信が行えます。

静止画・テロップ・動画を組み合わせた表示例

スケジュールの一例:9時から番組開始、12時までは番組1(静止画)、15時までは番組2(静止画+テロップ)、18時までは番組3(静止画+動画+テロップ)を再生して終了。

レイアウト例

  • オーサリングソフトウェア動作環境
    ■CPU : Intel® Pentium® III 1.0GHz以上を推奨
    ■メモリ : 256MB以上
    ■ディスプレイ解像度 : 1024×768、65,536色以上
    ■対応OS :
    Microsoft®Windows®8.1 日本語版 64bit 版
    Microsoft®Windows®8.1 Pro 日本語版 64bit 版
    Microsoft®Windows®7 Home Premium 日本語版 32bit 版
    Microsoft®Windows®7 Professional 日本語版 32bit 版
    Microsoft®Windows®7 Professional 日本語版 64bit 版
    Microsoft®Windows®Vista Business 日本語版 32bit 版
    Microsoft®Windows®Vista Ultimate 日本語版 32bit 版

※市販の映画DVDなどのコピープロテクト付き映像信号は著作権保護に基づき、表示されません。

オーサリングソフトウェア操作説明ビデオ

操作画面イメージ

メディアプレーヤボードに付属する、オーサリングソフトウェアの操作説明ビデオです。
番組(コンテンツ)を作成する手順を分かりやすく説明しています。

オーサリングソフトウェア操作説明ビデオ

※説明ビデオは大きな画面で別ウィンドウで表示されます。

さまざまなコンテンツフォーマットが使用可能

静止画、動画、オーディオの多彩なフォーマットに対応します。

静止画 (最大解像度:1920×1080) BMP・JPG・PNG
動画 MPEG1・MPEG2・Windows Media Video9
オーディオ MP3
  • PowerPointは付属の変換ソフトにより静止画に変換して利用できます。ただし、アニメーションや動画は変換できません。
  • 番組データの最大容量は、LAN配信時はSDメモリカード容量×0.45(2Gバイトの場合、0.9Gバイト)。(残りは配信時の受信用領域に使用)。 USBメモリ使用時はSDメモリカード 容量×0.9(2Gバイトの場合、1.8Gバイト)。最大8GバイトのSDカード(市販)まで使用できます。
  • オーディオのMP3はMpeg1AudioLayer2形式でエンコードされた拡張子.mp3の音声ファイルのみの対応となります。
  • 対応フォーマットの詳細につきましては取扱説明書をご覧ください。
    取扱説明書のダウンロードはこちら

外部ビデオの映像を表示可能

外部ビデオをS端子入力コネクタとオーディオ入力コネクタにつなぎ、ビデオ映像/音声を静止画やテロップと一緒に表示できます。

省スペース化を実現

メディアプレーヤを液晶ディスプレイの背面※1または市販の金具※2に取り付けて一体化することにより、設置スペースおよび移動時の設置の手間を省くことができます。

市販の金具取り付け例

  • ※1弊社液晶ディスプレイ LCD-V461、LCD-V421、LCD-V321の背面に、付属品の取り付け金具で設置可能です。
  • ※2大型ディスプレイ用壁掛け金具 ST-TM10H、ST-TM10V、ST-TM40に付属品の取り付け金具で設置可能です。市販の取り付け金具については、お買い上げの販売店にご相談ください。

LAN経由で、作成した番組を配信

接続可能台数は最大20台。天吊り・スタンド(ディスプレイ横設置)、スタンド(縦設置)、壁掛けディスプレイに接続したメディアプレーヤにそれぞれ配信。

パソコンを使って添付のオーサリングソフトウェアで作成した番組データ(最大20台分)をLAN経由で、メディアプレーヤへ配信することができます。
メディアプレーヤは、番組データをSDメモリカードに保存し、スケジュールに合わせ接続したディスプレイに表示します。

※メディアプレーヤ毎に異なる番組または、異なるスケジュールの場合には、配信は1台ずつ個別配信での対応となります。

USBメモリからも手軽にデータを転送

お手持ちのPC上で付属のオーサリングソフトウェアを使って番組を作成し、USBメモリに保存→番組をUSBメモリからメディアプレーヤにコピーして映像機器に表示

LANネットワークに接続ができない場合でも、パソコンで作成した番組をUSBメモリに保存して、メディアプレーヤにコピーすることができます。

ページの先頭へ戻る