ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NECの映像デバイス MultiSync & ViewLight
  4. プロジェクター
  5. プロフェッショナルモデル
  6. ViewLight NP-PX1004UL-BKJD
ここから本文です。

ViewLight NP-PX1004UL-BKJD

ワンランク上の信頼性

3年もしくは20,000時間安心保証

安心の3年保証または20,000時間まで保証
NECのレーザー光源モデルを安心してお使いいただくために、
ご購入後、3年間もしくは20,000時間まで保証いたします。

  • ※ お買い上げ日より3年または使用時間20,000時間の早い方になります。
  • マニュアル等の添付書類ならびにケーブル類・消耗部品類(乾電池など)を除きます。
  • 保証期間内の場合は、製品保証書をご提示ください。
  • 保証期間内でも、保証書のご提示が無い場合や保証範囲外の故障の場合、
    有償修理となる場合がございます。
    また、離島・山間地などは別途交通費が必要となる場合がございます。
  • 天吊などプロジェクターの取り外し作業が必要な場合は、別途費用がかかります。

プロジェクター個別契約保守サービス

主な機能と特長

長寿命レーザー光源を採用し、より高輝度・高画質な投写品質を追求

大空間での使用や映像演出などの用途に適した、10,000ルーメンの高輝度であるレーザー光源を採用。また、光源寿命は20,000時間により、ランプの交換や調整にかかる労力や作業コストを軽減し、安定した投写品質を保てます。

  • レーザー光源部のみの輝度半減時間(理論値)です。

レーザー光源を効率よく冷却する、水冷方式を採用

レーザー光源の冷却にはファンによる空冷方式より、冷却効率に優れている水冷方式を採用。
明るさ10,000ルーメンと高輝度ながら、光源部のファンレス化により、コンパクトなボディが可能になりました。

フルハイビジョン表示にも対応するWUXGA(1,920×1,200)パネル

高解像度なWUXGAパネルを採用。高画質なフルハイビジョンコンテンツも、ありのままの美しさで再現が可能です。

NEC独自の高画質機能 第三世代「SweetVision®」搭載

独自の高画質機能「SweetVision(R)」により、メリハリのある映像投写が可能

NEC独自の高画質機能 第三世代「SweetVision®」を搭載。映像の境界部分のコントラスト感を高めることでよりメリハリのある高画質投写が可能になりました。

スタック設置と位置合わせしやすいセンターレンズデザイン

スタック設置にも対応し、いっそう高輝度な大画面投写を実現

上下に2台積み重ねて使用ができるので、より高輝度な大画面投写が可能です。
また、本体の中心にレンズが配置されているので、プロジェクターの位置を決めやすく、オプションの天吊金具(NP15CM)と組み合わせた場合も設置がスムーズです。

細やかな輝度調整に対応し、マルチスクリーン投写時の輝度合わせがしやすい

光源パワーを調整することで、輝度を約20%~100%の範囲で1%刻みで調整ができます。設置環境や映像ソースに応じた輝度調整や、マルチスクリーン投写時の輝度合わせもしやすいです。また、「輝度一定モード」を設定すれば、本体内部センサで輝度を検出、出力を自動調整して輝度を維持します

  • 出力が最大になった後は、使用時間に応じて輝度が下がります。

設置場所に応じて選べる8種類のオプションレンズ

1.5mの距離から300型の大画面投写が可能(NP39ML使用時)

設置場所の環境に応じて、8種類のオプションレンズから選択できます。新発売のミラー式のオプションレンズ(NP39ML)を使用すれば、300型の大画面表示が約1.5mの投写距離で可能です

NP39ML装着イメージ

  • プロジェクター本体背面からスクリーンまでの距離。
  • 本体にはレンズは付属しておりません。

投写画面の位置調整がしやすいレンズシフト機構を搭載

レンズシフト機構により、本体を動かさずに投写画面の位置を上下・左右へ調整できます。
オプションレンズとの組み合わせで、より幅広い場所への設置が可能になります。

  • レンズシフトを斜め方向へ最大にすると、画面周囲が暗くなったり、影が出たりします。
  • オプションレンズのNP16FL/NP39MLはレンズシフトに対応していません。

マルチスクリーン投写画面の境界を滑らかにする、
エッジブレンディング機能搭載

マルチスクリーン投写時に、画面が重なる領域において明るさ、色の濃淡を調整することで画像の境界を目立たせなくさせる「エッジブレンディング機能」を搭載。2つの画面が重なり合う部分の色の階調特性のバラツキを改善し、シームレスな画像表示を提供します。

  • エッジブレンディングに適した映像設定「EDGE BLENDING」モードをプリセットで搭載しています。

2台を左右に並べたマルチスクリーン投写

デジタルデイジーチェーン接続が可能

「HDMI®リピータ」の認証を取得したHDMI®入出力端子を装備しました。また、DisplayPort端子、HDBaseT端子の入力映像信号もHDMI®から出力ができ、HDMI®ケーブルを用いたデジタルデイジーチェーン接続が可能です。

接続例と投写イメージ

4K信号の入力が可能

デジタル入力(HDMI®、DisplayPort及びHDBaseT)時、最大4K(4,096×2,160)信号入力が可能なので、出力ソース側で映像信号の圧縮をしなくても4K信号の入力が可能です。また、縦横2台ずつ、計4台プロジェクターを配置し、1台のプロジェクターに入力された4K信号を、HDMI®出力端子を使用してデイジーチェーン接続することにより、映像分配器を使用せずに4K映像を投映することが可能です。

  • プロジェクターからはWUXGA(1,920×1,200)に圧縮された状態で表示されます。

マルチスクリーン機能による4K映像の投写

幅広い設置環境、投写ニーズに対応

垂直方向360°投写できる「チルトフリー」や、水平方向も360°どの角度でも投写できる「ロールフリー」機能を搭載。投写画面を90°傾けて縦長映像を写し出す「ポートレート」投写も可能です※1。また、本体を動かさずに投写画面の位置を上下・左右に調整できるレンズシフト機構※2も搭載しています。

垂直方向360度チルトフリー / 水平方向360度ロールフリー /  ポートレート投写

特殊形状のスクリーンにも対応できる
「GEOMETRIC CORRECTION®」機能(幾何学歪み補正機能)を内蔵

GCT

「台形歪補正」や、円柱面や球面等の特殊形状スクリーンにスクエアな画像を投写することができる「幾何学歪み補正」などの補正機能は、プロジェクションマッピングにも応用できます。学校や企業での使用の他に、商業施設、美術館など文化施設などの映像表示や、デジタルサイネージ用途など、幅広い設置環境に対応します。

LANケーブル1本で映像・音声・制御信号を伝送できるHDBaseT対応

HDBaseTロゴ

LANケーブル※1 1本で映像信号と音声、さらには制御信号を受信できる「HDBaseT入力端子」を装備しました。長距離におよぶ配線工事もシンプルに行うことができます。

HDBaseT入力端子を装備

  • ※1カテゴリ5e以上のシールドケーブルをご使用ください。
  • ※24K信号の場合は最大70mまで伝送。
  • HDBaseT™は、HDBaseT Allianceによって策定された接続規格です。

デジタル入力端子HDMI®およびDisplayPort端子、HDBaseT端子を装備

Quad HD(4,096x2,160、24/30Hz)の認証取得したHDMI®端子、DisplayPort端子、HDBaseT端子を装備しています。高精細な映像と音声が1本のケーブルで接続できるため動画再生機との接続しやすく、有線LANに対応し、さらにSDIユニットやOpen Pluggable仕様に準拠したOPS用のスロットも装備しています。

端子画像

  • 投写は4K解像度の圧縮となります。

2つの画面を同時に投写可能な、
ピクチャーインピクチャーとピクチャーバイピクチャー

1台で主画面の中に小さな子画面を表示するピクチャーインピクチャーと主画面と副画面を左右に並べて表示できるピクチャーバイピクチャー機能を搭載しています。

  • 組み合わせで選択できる入力信号には制限がございます。

ピクチャーインピクチャー

ピクチャーインピクチャーの表示イメージ

ピクチャーバイピクチャー

ピクチャーバイピクチャーの表示イメージ

HDMI® 3D方式に対応

市販のXpand社製3D対応のアクティブシャッター方式の3Dメガネと3Dエミッタ(信号送信機)を使用すれば、3D映像を視聴することが可能です。

消費電力を抑えるライトモードとカーボンメータ表示

カーボンメータ

輝度設定を通常の仕様で支障のないレベルまで下げ、消費電力を削減する「ライトモード」を搭載。モードは「エコ1(輝度約80%)」、「エコ2(輝度約50%)」に設定することができます。また、ライトモードによって削減された消費電力を、CO2削減量に換算して表示するカーボンメータも搭載しており、より具体的な省エネ活動に役立ちます。

スタンバイ時の消費電力が0.28Wの省エネ設計

スタンバイモードで「ノーマル」を設定すると、スタンバイ時の消費電力を0.28Wに抑えることができます。

医用画像を簡易表示できるDICOMモード

簡易DICOMモード

医用画像の階調特性(DICOM規格に近似)をプリセット。DICOM形式で保存されている医用画像を表示でき、学会などの発表にも対応します。

  • 実際の診断にはご使用いただけません。

スクリーンがなくても映像を投写できる壁色補正機能

壁色補正メニュー

色付きの壁や黒板に投写しても、メニューから壁の色に近い項目を選択すれば、白いスクリーンに投写した色合いに近づけることができます。メニューに登録されている色は、黒板、黒板(グレー)、ライトイエロー、ライトグリーン、ライトブルー、スカイブルー、ライトローズ、ピンクの8色です。

壁色補正機能

無断使用を防ぐセキュリティ機能

プロジェクター本体にキーワードを登録することで、キーワードを入力しないと使用できないようにできます。また、担当者以外がむやみに操作できないように、リモコンでしか操作できなくする「本体キーロック」機能でも、セキュリティ機能を設定することができます。

  • 本体の操作ボタンがロックされていてもリモコンのボタンは動作します。

Crestron RoomView®に対応

ネットワークに接続している複数のプロジェクターの電源ON/OFFなどを一括で管理することができます。

ページの先頭へ戻る