ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NECの映像デバイス MultiSync & ViewLight
  4. ディスプレイ
  5. デジタルサイネージ向けパブリックディスプレイ
  6. スマートスタンダードモデル [Vシリーズ]
  7. LCD-V323-2
ここから本文です。

MultiSync LCD-V323-2

32型大画面液晶ディスプレイ MultiSync LCD-V323-2 「白色LEDバックライト搭載の低消費電力に加え、薄型・軽量化を実現したフルHD対応モデル」・オープン価格

最大輝度(標準値) コントラスト比 応答速度 視野角 表示画素数
450cd/m²(320cd/m²) 1300:1 8ms (G to G) 左右178° 上下178° 1920×1080
※ RESPONSE IMPROVE MODE2使用時

カタログPDF

取扱説明書

三面図

仕様表

オプション

パブリックディスプレイ SupportPack

パブリックディスプレイ・カスタマイズ製品

特長

スリムになった薄型筺体設計

投写従来モデル(LCD-V323-N2)とLCD-V323-2の比較

ディスプレイの厚みを抑え、当社従来モデル比で約35%の薄型化&約27%の軽量化。スマートに壁掛設置も行え、さまざまな場所や用途で活躍します。

「白色LEDバックライト」を採用した省エネ設計

当社従来モデル(LCD-V323-N2)とLCD-V323-2の消費電力比較

省電力に優れた従来モデル(LCD-V323-N2)から、設計の見直しにより、さらに4%の消費電力を削減。白色LEDバックライト採用による高い省電力性能をさらに追求しました。

また、水銀レスにより廃棄時における地球環境負荷への低減を図ります。

周囲の明るさに合わせて輝度を自動的に調節する外光センサモード

AMBIENTモード機能

周囲の明るさを検知して、ディスプレイの明るさを設定した輝度に自動調節します。周囲が明るい時、および暗い時のそれぞれの輝度を設定することにより、お使いの環境に適した輝度に自動的に調節できます。空間の明るさに応じた輝度を保ち、優れた視認性と省エネを両立します。

スマートなサイネージを構築できる、オプションスロットを装備

OPSコントローラ

オプション用スロット(OPS規格準拠)にディスプレイコントローラを装着すれば、省スペースかつスマートな一体型のデジタルサイネージを構築できます。

  • OPS(Open Pluggable Specification)はIntel社が2010年10月に発表した、デジタルサイネージ向けのコントロールモジュールとスロットのオープン規格。

デジタルデイジーチェーンにより、マルチスクリーンを構築

DVI-Dの入出力端子を装備しており、デジタル信号によるデイジーチェーン接続が最大9面まで可能。タイルマトリクス機能と合わせて同一信号によるマルチスクリーンを構成できます。

デジタルデイジーチェーンにより、マルチスクリーンを容易に構築

色合わせのためのキャリブレーションが可能

経年変化によってそれぞれのディスプレイごとに色違いが発生した場合にも、専用のキャリブレーションソフトウェア「NEC Display Wall Calibrator※1」とオプションのキャリブレーションセンサ LCD-MDSVSENSOR®3を使用することで、色合わせを行うことができます。

色合わせ設定※2(ディスプレイがRS232Cのデイジーチェーン接続・構成の場合)

キャリブレーションは、3ステップ

  1. 専用キャリブレーションソフトウェアを立ち上げ、カラーセンサで、各モニタの輝度/色温度をそれぞれ計測
  2. 測定後、目標の輝度/色温度/ガンマ値を設定
  3. キャリブレーションの一括実行

色合わせ設定

  • ※1無償提供。弊社営業担当までご相談ください。
  • ※2ディスプレイとパソコンは、RS232C又は、LANで構成することができます。

液晶パネルの負担を軽減する「冷却ファン」を装備、2モード(ON/AUTO)・2段階(HIGH/LOW)制御に対応

製品の内部温度が設定値を超えた時に、自動で冷却ファンが作動する運転モードを搭載。液晶パネルの負担を軽減し、長時間使用をサポートします。ファンの速度は2種から選べ、使用状況にあわせて騒音に配慮した設定が可能です。

複数ディスプレイを集中管理

複数ディスプレイの集中管理も容易

RS-232Cを使ったマルチ接続によるリモートコントロールに加えて、ネットワーク経由の接続によるLANコントロールにも対応します。1台のホストコンピュータから操作や設定変更が可能です。1つのリモコンで複数ディスプレイの一括制御もできます。また、ID設定をすれば他のディスプレイに影響を与えることなく、目的のディスプレイのみを調整することができます。

  • 電源ON/OFF
  • 表示入力切替
  • コントラスト/ブライトネス/音量調節
  • 音声切替
  • 内部温度確認
  • 入力信号状態確認
  • 画面サイズ変更

2画面表示を可能にする「デュアルピクチャー機能」

「PIP」「POP」「Side by Side」の表示イメージ

メイン(親)画面中に子画面を表示する「PIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)」、サイドに子画面を表示する「POP(ピクチャー・アウト・ピクチャー)」に加え、画面を2分割して個々に表示する「Side by Side(サイド・バイ・サイド)」といった2画面表示機能を搭載。用途、目的に応じて表示形式が選択できます。

  • LCD-V323-2は、工場出荷時は子画面設定が出来ない設定になっております。
    詳細は、取扱説明書36ページのRESPONSE IMPROVE(アドバンストオプション)を参照ください。
    (子画面を表示する場合は、この設定をOFFにします)

電源ON/OFFを自動管理する「スケジューリング機能」

「毎日」、「毎週」、「曜日指定」の中から曜日を選択し、時刻を指定することで自動的に電源をON/OFFできるようになります。また、5つのピクチャーモードからのモード選択も可能ですので、入力信号に合わせた映像モードも設定できます。

幅広い信号をカバーする入力端子を装備

パソコン信号用のDVI-DやミニD-SUB15ピン端子の他、DisplayPortやデジタルAV機器との親和性に優れたHDMI®端子を装備しており、様々な映像コンテンツの表示が可能です。

入力端子

オプション

ページの先頭へ戻る