ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NECの映像デバイス MultiSync & ViewLight
  4. ディスプレイ
  5. ITディスプレイ
  6. ビジネス・スタンダード
  7. LCD-L220W/ LCD-L220W-BK
ここから本文です。

LCD-L220W/ LCD-L220W-BK

NEW

LCD-L220W/LCD-L220W-BK

最大輝度(標準値) コントラスト比(標準値) 視野角 表示画素数 消費電力(標準値)
250cd/m² 1000:1(5000:1) 左右170° 上下160° 1920×1080 フルHD 13w(出荷設定)

※ DV MODE使用時。

カタログPDF

取扱説明書PDF

三面図PDF

仕様表PDF

特長

ワイドで見やすい画像表示で、業務の効率化をサポートします。

フルHD対応の高解像度21.5型ワイド液晶ディスプレイ

複数ウィンドウや横長のエクセルデータを表示した場合の画面イメージ

21.5型のコンパクトモデルでありながら、フルHD(1,920×1,080ドット)のワイド液晶パネルを採用。画像が見やすく、表示領域をワイドに確保できるため、文書作成や複数ウインドウの閲覧がスムーズに行え、業務の効率化をサポートします。

ブルーライト低減機能とフリッカーフリー設計による、見やすい画面表示

ブルーライト(青色光)の発生量を低減できるブルーライトモードを搭載しています。さらに、バックライトのDC調光方式を採用することで 画面のちらつき(フリッカー)も低減しており、目への負担が少なく、見やすい画面表示を行うことで長時間作業による疲労度を和らげます。
また、第三者認証機関であるテュフラインランドによるローブルーライト機能の認証(NO.1419050502)およびフリッカーフリー設計の認証 (No.1419050504)を取得しています。

ローブルーライト機能の認証
(NO.1419050502) フリッカーフリー設計の認証 (No.1419050504)

  • 目への負担軽減の感覚は使用環境により左右されます。また、結果や感覚には個人差があります。なお、ブルーライトおよび画面のちらつき軽減により保証できる効果・効用はございません。

消費電力を抑え、オフィスの節電対策に貢献します。

「白色LEDバックライト」搭載により消費電力を抑制

消費電力を抑制する白色LEDバックライトパネルを搭載。省エネルギーのメリットに加え、水銀レスにより、廃棄時の環境負荷の軽減にも貢献できます。

消費電力を抑える2段階「ECO MODE」搭載

2段階ECO MODEの消費電力比較

画面の輝度を通常使用で支障のないレベルまで落とすことで、消費電力を削減するECO MODEを搭載。また、ECO MODE1、ECO MODE2の2段階に設定可能とすることで、さらなる消費電力削減が可能です。

CO₂削減量を表示できる「カーボンメータ」搭載

電源ON時およびパワーマネージメント機能動作時の積算した省エネ効果をCO₂削減量(kg)に換算して表示する「カーボンメータ」を搭載。省エネ効果を一目で確認できます。

  • CO₂削減量および排出量は、OECD(経済協力開発機構)2008年EditionのCO₂-電力量換算値に基づいて算出しています。

“エコマーク”を取得

エコマーク(3R・省エネ設計)

環境負荷が少なく、環境保全に寄与すると認められる商品として、財団法人日本環境協会が認定するエコマーク基準に適合しています。

ビジネスシーンで求められる機能性と、使い心地の良いデザインを両立しました。

デジタル/アナログの映像入力端子を装備

入力端子

DVI-D端子(デジタル)とミニD-SUB15ピン(アナログ)の2系統入力に対応しています。パソコン2台を切り替えて使用することができます。

タッチセンサキーを採用した、シンプルなデザイン

タッチセンサキー

ベゼル部分がフラットな「タッチセンサキー」を採用。ボタンを使用しないすっきりデザインでディスプレイの各種設定がスマートに行えます。

ケーブルマネジメント機構

ケーブルマネジメント機構部画像

ケーブルマネジメント機構採用により、スタンド後部に接続ケーブルや電源コードをまとめられるので、デスク周りがすっきりします。

本機を廃棄するには(リサイクルに関する情報)

当社は環境保護に強く関わっていきます。環境に対する影響を最小限にするために、リサイクルシステムを会社の最重要課題の一つとして考えております。また、環境に優しい商品の開発と常に最新のISOやTCOの標準に従って行動するよう努力しています。
当社の使用済みディスプレイのリサイクルシステムの詳細については、下記をご覧ください。

ページの先頭へ戻る