ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. パソコン/ワークステーション/タブレット
  4. ビジネスPC
  5. SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)利用による高速化のご提案
ここから本文です。

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)利用による高速化のご提案

SSDは内蔵されたメモリーチップに
データの読み書きを行う記憶装置です。
物理的な駆動箇所が無く、一般的にHDDと比べて
データアクセスの高速性や静音性に優れるほか、
データアクセス中の衝撃や振動にも強い特性を持っています。

起動時間比較(VersaPro タイプVDの場合)

SSDとHDDの起動時間比較表

測定条件

シャットダウンで終了。電源を入れてから、Windows 10の壁紙が表示されるまでの時間を測定。高速スタートアップ機能は有効。

測定環境

VersaPro タイプVD<VD-V>による比較。
OS:Windows 10 Pro CPU:インテル® Core™ i5-7300U プロセッサー(2.60GHz) 解像度:1,024×768ドット(XGA)

SSD化による更なるメリット

静音性

HDDは、高速回転するディスクにデータが保存されています。パソコンの中でウィーンという音やカチカチッと小さな音が聞こえるのはこの動作音です。一方、 SSDはUSBメモリと同じように内蔵しているメモリーチップにデータを保存しています。HDDのようにディスクが回転しないこともあり、音が静かです。

PCの軽量・薄型化に貢献

SSDはHDDに比べて軽量・小型なため、モバイルPCやタブレットPCに搭載されることが多くなっています。また、一般的にHDDに比べてSSDの方がデータを読み込む際に機械的に動く部分がないため、スピードが速く、衝撃にも強いことが特長です。

低消費電力

HDDと異なりディスクの回転などの必要がないため、より低消費電力での稼働が可能。モバイル用途でのバッテリの持ちにも効果を発揮します。

バッテリ駆動時間比較(VersaPro タイプVD<VD-U>の場合)

SSDとHDDのバッテリ駆動時間比較表

測定条件

バッテリ駆動時間は、JEITA バッテリ駆動時間測定法(Ver 2.0)に基づいて測定した目安時間です。

測定環境

VersaPro タイプVD<VD-U>による比較。 OS:Windows 8.1 Pro CPU:インテル® Core™ i7-6600U プロセッサー(2.60GHz)

さらにSSDの接続に、SATA接続よりデータ転送が高速な
PCIe接続SSDを採用したモデルをご用意。

PCIe接続のSSDと、対応するモデル一覧

  タイプVD
<VD-V>
<VD-U>
タイプVX
<VX-V>
<VX-U>
タイプVA
<VA-V>
<VA-U>
タイプME
<ME-V>
タイプMB
<MB-V>
タイプMC
<MC-V>
暗号化機能付
512GB SSD(PCIe)
暗号化機能付
256GB SSD(PCIe)
128GB SSD(PCIe)

SSD搭載機種

ページの先頭へ戻る