ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NEC、AI(人工知能)技術を活用したBTO製品の高精度な需要予測を開始
ここから本文です。

NEC、AI(人工知能)技術を活用したBTO製品の高精度な需要予測を開始

2017年11月8日
日本電気株式会社

NECは、NECプラットフォームズ 甲府事業所(以下、甲府事業所)において受注生産方式(BTO: Build To Order)で製造しているIAサーバ「Express5800シリーズ」(注1)を対象に、在庫部品の更なる削減と欠品防止の両立による顧客満足度の向上などを目的として、AI技術を活用した需要予測を開始します。

NECでは、「Express5800シリーズ」について受注から生産・出荷までの一連の工程を最短4営業日で実現するとともに、部品在庫の縮小に努めてきました。

事前に行った実証実験では、NECのAI技術である「異種混合学習技術」(注2)を活用し、これまで専門要員が行っていたIAサーバの3ヵ月後の需要予測を一部の製品で行いました。生産に必要な部品全てを対象に検証・評価したところ、月々の部品在庫を金額換算で最大45%削減が可能という予測結果を得ました。NECでは、今回の成果を踏まえ本格導入を進めていきます。

さらに、NECは自社導入のノウハウを活かして、製造業の部品在庫削減を実現する製品需要予測ソリューションを2017年度中に提供開始する予定です。

NECは「社会ソリューション事業」に注力しており、AI・IoTなど先進のICTを用いたNEC自らのデジタルトランスフォーメーションの実績・ノウハウを活かして、お客様への提案を加速していきます。

背景

「Express5800シリーズ」は、NECのIAサーバの主力製品であり、甲府事業所で製造しています。IAサーバのほとんどは、お客様の仕様に応じて、1台ずつ生産する受注生産方式を採用しており、受注・生産・出荷を管理する各システムが連動することにより、10万通り以上の組み合わせからお客様指定の構成で、受注から出荷まで「最短4営業日」という短い納期で製品をお届けしています。
受注から最短4営業日で出荷するためには、生産時に必要な部品が揃っていることが前提となります。そのため、部品の所要計画の立案や発注において、需要を高い精度で先読みして生産計画を策定する必要があります。

実証実験の内容について

今回の実証実験では、部品在庫の更なる削減と欠品防止の両立による顧客満足度の向上などを目的として、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注3)の1つである「異種混合学習技術」を活用し、IAサーバの過去売上実績などの社内データやマクロ経済指数・社会的なイベント情報などの社外データを学習データとし、IAサーバの需要を予測しました。
本実証実験の結果、これまで専門要員が行っていたIAサーバの3ヵ月後の需要予測を一部の製品で行い、生産に必要な部品全てを対象に検証・評価したところ、月々の部品在庫を金額換算で最大45%削減できるという予測結果を得ました。

NECは、IoTを活用した次世代ものづくりを支えるソリューションとして「NEC Industrial IoT」を提供しています。今後も、自社グループで得たノウハウやAIなどの最先端技術を活かして「NEC Industrial IoT」をはじめSCM(注4)、MES(注5)、PDM(注6)などのソリューションを強化するとともに、様々な事業者との共創により、顧客のグローバルで一貫したものづくりのインフラ構築やプロセス変革に貢献します。

なお、NECは本ソリューションを、NECグループが開催する「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2017」(会期:11/9(木)~11/10(金)、会場:東京国際フォーラム(東京都千代田区))にて展示します。
「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2017」について https://uf-iexpo.nec/

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

  • (注1)http://jpn.nec.com/express/index.html
  • (注2)プレスリリース「NEC、ビッグデータに混在する多数の規則性を自動で発見する技術を開発」
    http://jpn.nec.com/press/201206/20120622_02.html
  • (注3)
    「NEC the WISE」(エヌイーシーザワイズ)は、NECの最先端AI技術群の名称です。"The WISE"には「賢者たち」という意味があり、複雑化・高度化する社会課題に対し、人とAIが協調しながら高度な叡智で解決していくという想いを込めています。
    ・プレスリリースNEC、AI(人工知能)技術ブランド「NEC the WISE」を策定
    http://jpn.nec.com/press/201607/20160719_01.html
    ・NECのAI
    http://jpn.nec.com/bigdata/ai/
  • (注4)Supply Chain Management: 受発注、調達から在庫管理、配送までを総合的に管理すること。
  • (注5)Manufacturing Execution System:製造実行管理システム。
  • (注6)Product Data Management:設計図面、仕様書、部品表などの製品技術情報を一元的に管理すること。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第一製造業ソリューション事業部 バリュークリエイション部
TEL:03-3456-7533
E-Mail:monozukuri@mml.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
http://jpn.nec.com/profile/vision/message.html
Orchestrating a brighter world

ページの先頭へ戻る