ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. 2017年度NEC社会起業塾生(第16期生)に2団体を決定
ここから本文です。

2017年度NEC社会起業塾生(第16期生)に2団体を決定

2017年9月15日
日本電気株式会社

NECは、若手の社会起業家育成プログラム「NEC社会起業塾」(注1)の最終選考会を実施し、2017年度NEC社会起業塾生(第16期生)として2団体を決定しました。

NECは、「NEC社会起業家育成プロジェクト」(注2)の一環で、2002年からNPO法人ETIC.(注3)と協働で、「NEC社会起業塾」を実施しており、当社が取り組むべき社会課題と親和性の高い社会起業家をこれまでに58団体支援してきました。

2017年度は、応募41団体から事前選考会を通過した16団体のプレゼンテーションを審査し、林業流通や、子育て世代のつながりをテーマに事業化を計画している2団体「株式会社森未来」「NPO法人aLku」(順不同)への支援を決定しました。

また、2015年度から実施している社会起業塾卒塾生との連携プログラムであるNEC社会起業塾「Next Stageプログラム」および「未来創造プログラム」も継続して実施します。

2017年度NEC社会起業塾生 (第16期生)は次の2団体です。
(順不同、敬称略)

写真:浅野純平

「株式会社森未来(しんみらい)」

  • 代表者名:浅野 純平 35歳
  • 事業内容:日本の林業を稼げる産業にするための木材流通プラットフォームの実現
  • 活動地域:東京都を中心とした全国各地の木材産業地
  • 代表者コメント:このNEC社会起業塾で志の高い仲間やメンターと学び合う事によって、お互いに高め合い私自身の志と覚悟をさらに磨きたいと思っております。

写真:佐藤亜紀

「NPO法人aLku」

  • 代表者名:佐藤 亜紀 30歳
  • 事業内容:BabyBoxプロジェクト〜子育て世代のつながりをデザインするソリューションBOX~
  • 活動地域:山形県長井市
  • 代表者コメント:「aLkuが解決したい社会課題は何なのか?私は何のために事業を行っているのか?課題だと思っていたものは本当に課題なのか?また私は本当に課題を理解し背景を把握しているのか?」NEC社会起業塾でその「問い」に対する「答え」を見つけたいと思っています。

また、2017年度のNEC社会起業塾卒塾生との連携プログラムの概要は次の通りです。

  1. 「NEC社会起業塾Next Stageプログラム」
    前年度の「NEC社会起業塾」卒塾生に対し、事業の加速に向けた企画立案やマーケティング活動の支援を実施します。今年度は、以下の団体を支援します。

    2016年度卒塾生「NEC社会起業塾」卒塾生
    • 団体名:株式会社R65
    • 代表者名:山本 遼 26歳
    • 事業内容:65歳以上のお部屋探しを支え、自分らしい暮らしを応援
  2. 「NEC社会起業塾 未来創造プログラム」
    社員と卒塾生が、社会の様々な課題を先進のICTを活用し、解決の方向性や協働、連携の可能性を検討することで、課題解決の実現や新たな社会価値を共創していきます。今年度は、以下の2団体を支援します。

    2014年度「NEC社会起業塾」卒塾生
    • 団体名:NPO法人ReBit(リビット)
    • 代表者名:藥師 実芳(ヤクシ ミカ) 28歳
    • 事業内容:LGBTの子どももありのままで大人になるための教育支援事業
    2014年度「NEC社会起業塾」卒塾生
    • 団体名:一般社団法人i-oh-j(イオウジ)
    • 代表者名:良雪 雅(リョウセツ マサシ) 32歳
    • 事業内容:地方自治体における救急医療支援事業

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

  • (注1)NEC社会起業塾 http://jpn.nec.com/community/ja/resources/npo.html
    2002年よりNPO法人ETIC.主催、NECがオフィシャルパートナーとして協働で開催し、社会的課題に取り組む若手社会起業家を支援するプログラム。2016年度までに58団体が卒業し、卒業生には、NPO法人フローレンス(ハーバード・ビジネス・スクール・クラブ・オブ・ジャパンより「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」を最年少で受賞、ニューズウィーク「世界を変える100人の社会起業家」に選出)やNPO法人かものはしプロジェクト(国際青年会議所世界大会にてTOYP賞『世界で最も傑出した若者賞』を受賞、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー(リーダー部門)を最年少で受賞)等がいる。また2013年度には10年以上にわたる実績が評価され、「企業フィランソロピー大賞・社会変革への礎賞」(主催 公益社団法人日本フィランソロピー協会)を受賞。
  • (注2)NEC社会起業家育成プロジェクト http://jpn.nec.com/community/ja/resources/npoproject.html
    社会を変える大きなインパクトを創出する可能性を持つ社会起業家を「NEC社会起業塾」「NEC社会起業塾Next Stageプログラム」「NECプロボノイニシアティブ」を通して支援するプロジェクト。
  • (注3)NPO法人ETIC.
    新しい事業づくりを通して次世代社会を創り出すことに挑戦する起業家型リーダーを育成・輩出し、社会に新しい生き方・働き方のスタイルを提案するNPO法人。ベンチャー企業やNPO、大手企業の新規事業部などで、学生が責任のあるポジションにたち、事業の成功に貢献することを目指して取り組む「長期実践型インターンシップ」(97年~)、社会起業家を志す若者の事業プランコンペティション「STYLE」(02年~)、ソーシャルビジネスを立ち上げる若者を支援する「NEC社会起業塾」(02年~)、地域に根付いた若者の挑戦機会を創り出す事業を応援する「チャレンジコミュニティ創成プロジェクト」(04年~)などを実施し、現在では全国100地域で人材育成プログラムなどがスタート。東日本大震災を受け、「震災復興リーダー支援プロジェクト」も開始(11年~)。現在までに800名以上の起業家を輩出。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC コーポレートコミュニケーション部 CSR・社会貢献室
TEL:03-3798-9555
E-Mail:sco@csr.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
http://jpn.nec.com/profile/vision/message.html
Orchestrating a brighter world

ページの先頭へ戻る