ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. Azure上のOSSの構築から保守までをトータルに支援する「OSSミドルウェアサポートサービス」を提供開始
ここから本文です。

Azure上のOSSの構築から保守までをトータルに支援する「OSSミドルウェアサポートサービス」を提供開始

~ユーザのクラウドネイティブなアプリケーションの開発、実行を加速~

2017年2月28日
日本電気株式会社

NECは、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)とレッドハット株式会社(以下、レッドハット)(注1)が2017年1月より開始しているRed Hat on Azure Partner Network(注2)にMASTER Partnerとして加盟し、Microsoft Azure上でのオープンソースソフトウェア(OSS)の構築から保守までをトータルに支援する「OSSミドルウェアサポートサービス」を、本日より提供開始します。
これは、オンプレミス環境でWindowsとRed Hat Enterprise Linuxを混在利用しているユーザのクラウドへの移行、およびクラウド上でのOSSの利用ニーズに応えることを目的としています。

本サービスでは、Red Hat JBoss Middleware、Red Hat OpenShift Container Platform、Hadoop、Spark(注3)に代表されるミドルウェア領域のOSSの構築や運用について、一括して技術支援を行い、ユーザの運用負荷の軽減に貢献します。これによりユーザは、安心してOSSを用いたクラウドネイティブなアプリケーションを開発、実行できるようになり、より柔軟で迅速なアジャイル開発が可能になります。

背景

近年、オンプレミス環境で混在利用されているWindowsとRed Hat Enterprise Linuxの両方を、クラウド環境、とりわけMicrosoft Azureで利用したいというニーズが高まっています。
また、デジタルビジネスへの対応など、新ビジネスや新サービスを迅速に立ち上げるために、アプリケーションと実行環境をパッケージ化して高速に起動・実行可能とするコンテナ技術を活用した、クラウドネイティブなOSSのアプリケーション開発が注目されています。しかし、OSSごとに利用できる技術支援サービスが分散していることによる、クラウド上におけるOSSミドルウェアの構築時や、トラブル発生時の運用負荷が課題となっています。

本サービスの特長

10年以上のOSSサポートの実績を有するNECは、NECの Microsoft Azureソリューション(注4)の提供を通じて蓄積したクラウド構築のノウハウを活用し、Azure上のシステム構築から保守までをトータルに支援する「OSSミドルウェアサポートサービス」を開始します。
これまで、日本マイクロソフトが提供するMicrosoft Azure上で、レッドハットのRed Hat JBoss MiddlewareやRed Hat OpenShift Container Platformのサブスクリプションを使用する場合は、別途購入したリテール版のレッドハットサブスクリプションを持ち込むことが可能で、サポートはレッドハットが行う形態でした。これに加えて今回新たに、NECがレッドハット認定クラウド&サービスプロバイダー(Certified Cloud and Service Provider: 以下、CCSP)として、レッドハットの Red Hat JBoss MiddlewareやRed Hat OpenShift Container PlatformといったOSSミドルウェアおよびコンテナプラットフォームについて、サブスクリプションおよびサポートの提供を開始します。これにより、NECがユーザを直接サポートする形態を実現し、サブスクリプションの月額利用も可能となります。
NECは、Microsoft Azure Marketplace(注5)で利用可能なPostgreSQLやTomcat(注6)などのOSSと合わせて、国内でサポート実績を有する技術者が直接、構築時やシステムトラブル時などの問合せに日本語で対応します。これにより、ユーザはOSSミドルウェアごとに分散されていた技術支援サービスを一元的に管理可能となり、運用負荷の軽減につながります。

なお、今回、レッドハットのCCSPとして、Red Hat JBoss MiddlewareやRed Hat OpenShift Container Platformのサポートの提供開始は、日本国内では初めてとなります。

価格、販売目標

提供価格:月額4万円(税別)~
(Apache+Tomcatサポートの場合、Red Hat Enterprise Linux OSを含む)
販売目標:今後3年間で200ユーザ

今後について

NECは将来的に、本サービスを発展させ、Microsoft Azure上でのOSSミドルウェアの構築や運用について一括して対応する、マネージドサービス化を目指します。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。NECは、中核領域のクラウド事業強化の一環として、日本マイクロソフトとレッドハットが日本国内で開始している「Red Hat on Azure Partner Network」にMASTER Partnerとして加盟し、企業や団体のクラウド導入支援を推進していきます。

なお、本発表にあたり、パートナーから賛同文をいただいています。

日本マイクロソフト株式会社
クラウド & エンタープライズビジネス本部 
業務執行役員 本部長 佐藤 久
日本マイクロソフトは、レッドハット様と日本マイクロソフトが2017年1月より開始したRed Hat on Azure Partner Networkに、NEC様が第1号MASTER Partnerとして加盟され、この度提供を開始された「OSSミドルウェアサポートサービス」により、お客様のMicrosoft Azure上でのOSSの導入をご支援、促進されることを、心より歓迎いたします。
NEC様が「NECの Microsoft Azure ソリューション」とともに、「OSSミドルウェアサポートサービス」を提供されることにより、これまで以上にオープンで安心して利用できるクラウド基盤の構築・運用が容易となり、お客様のクラウドニーズにお応えできるものと考えております。今後も日本マイクロソフトは、NEC様、レッドハット様との連携を強化し、より多くのお客様のクラウドを活用したビジネスの発展に寄与してまいります。

レッドハット株式会社
パートナー・アライアンス営業統括本部 OEM営業本部
本部長 小山 明
国内で多くのエンタープライズ企業のITサポート実績を有するNEC様が、Microsoft Azure上で、Red Hat JBoss Middleware、Red Hat OpenShift Container Platformを利用したシステム構築・運用サポートを拡大することを、心より歓迎いたします。これにより、革新的なオープンソースのテクノロジーをより安心して、柔軟な活用形態でご利用いただくことにより、お客様のビジネスイノベーションに貢献できることを期待しております。

以上

  • (注1)日本マイクロソフト株式会社(本社 東京都港区、代表取締役社長 平野拓也)
    レッドハット株式会社(本社 東京都渋谷区、代表取締役社長 望月弘一)
  • (注2)Red Hat on Azure Partner Network:レッドハットと日本マイクロソフトのクラウド導入を加速するパートナー企業向けプログラム。https://rhazure.azurewebsites.net/
  • (注3)Red Hat JBoss Middleware:オープンソースソフトウェア。オープンスタンダードなJavaEE準拠のアプリケーションサーバ製品をはじめとしたミドルウェア製品。
    Red hat OpenShift Container Platform:オープンソースソフトウェア。DevOpsに対応したコンテナアプリケーションの継続的な開発からデプロイメントの自動化を可能にする革新的なコンテナプラットフォーム。
    Hadoop:大量データ処理のための分散処理基盤であり、様々なデータを大量に集め活用するためのデータハブとして有効。
    Spark:インメモリ処理の特性を、分散処理で活かすインメモリ分散処理基盤。
  • (注4)NECのMicrosoft Azureソリューション
    http://jpn.nec.com/solution/mssolutions/azure/index.html
  • (注5)Microsoft Azure Marketplace:新興企業および独立系ソフトウェア会社(ISV)がソリューションを世界中のAzureのお客様に提供できるようにするアプリケーションおよびサービスのオンラインマーケットプレース。
  • (注6)PostgreSQL:OSSのリレーショナルデータベース管理システムの代表的なソフトウェアの一つ。
    Tomcat:JSP(Java Server Pages)や サーブレットなどを実装したOSSのアプリケーションサーバの代表的なソフトウェアの一つ。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC クラウドプラットフォーム事業部 OSS推進センター
TEL:044-431-7689
E-Mail:oss@osspf.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
http://jpn.nec.com/profile/vision/message.html
Orchestrating a brighter world 世界の想いを、未来へつなげる。

Top of this page