Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NEC、PLMソリューション「Obbligato III」に様々な電気系CADデータの閲覧機能を追加

NEC、PLMソリューション「Obbligato III」に様々な電気系CADデータの閲覧機能を追加

2014年5月27日
日本電気株式会社




NECは、PLM(Product Lifecycle Management、 注1 )ソリューション「Obbligato III(オブリガート スリー)」の新製品として、様々な電気系CAD(Computer Aided Design)データの検索や閲覧などが可能な「Obbligato III/Electronic CAD Viewer(オブリガート スリー/エレクトロニック キャド ビューワ)」を、本日から販売開始します。

本製品は、国内外の主要な電気系CADソフトのファイル形式に対応し、プリント基板設計時の検図作業の効率化を支援するものであり、NEC自身がグループ内に導入しているツールを基に製品化したものです。

NECはこれまでObbligatoシリーズを国内750社以上の製造業に納入しており、国内トップシェア( 注2 )を有しています。NECは本製品を、電機・ハイテク・自動車を中心とした製造業企業に拡販し、PLMソリューション事業の一層の強化を図ります。



Obbligato III Electronic CAD Viewer画面イメージ Obbligato III Electronic CAD
Viewer画面イメージ
Obbligato III Electronic CAD Viewer作業イメージ Obbligato III Electronic CAD
Viewer作業イメージ


背景


昨今、電機・ハイテクや自動車業界では、国内外のODM(注3)を活用した水平分業による製品開発が加速しています。水平分業では、企業は委託先のODM企業がCADで設計した図面を検図する必要がありますが、使用するCADソフトがODM企業により異なるため、CADデータのPDFファイル化や、ODM企業が使用するCADソフトを導入し閲覧しています。
特に、プリント基板の設計を行う電気系CADにおいては、PDFファイルでは部品の配置や配線の接続・経路など詳細の確認が困難です。また、複数のCADソフトの導入もコスト増となるため、様々なファイル形式のCADデータを閲覧できるソフトが求められています。



本製品の特長


  1. 国内外の主要な電気系CADソフトに対応
    国内外の主要メーカが販売している、プリント基板設計用の電気系CADソフトのファイル形式に対応。
    プリント基板上の任意の領域を指定した拡大/縮小、層・構成要素毎の表示ON/OFFや表示色変更、反転・透過表示などの機能を搭載しており、検図作業を効率化。
    CADデータを「Obbligato III」を介して各部門間で共有することで、プリント基板の設計から生産、保守までの各工程でスムーズな作業連携を実現。


  2. 独自の検索・集計機能や簡易編集機能を搭載
    1. 検索機能(クロスプローブ)
      回路図と基板レイアウト図に表示された配線や部品をクリックすることで、それぞれの図における場所を検索してハイライト表示。

    2. 集計機能
      各配線の配線長・接続プレーン(層)数・ビア数・ピン数・配線幅などを自動集計し、Excelで表示。また、全体の基板面積や部品搭載面積から実装密度を計算して表示。

    3. 簡易編集機能
      基板の外形・使用する部品リスト・設置する際の部品毎の占有領域(フットプリント)を登録することで、基板上への部品の配置検討や実装率の確認が可能。

  3. NECのEMI抑制設計支援ツール「DEMITASNX(デミタスエヌエックス)」と連携
    「Obbligato III/Electronic CAD Viewer」で検図したCADデータは、EMI抑制設計支援ツール「DEMITASNX」(別売)でも利用可能。NECの中央研究所や国内外の大学で実施してきた、プリント基板動作時における電磁波ノイズ発生に関する検証結果に基づき、最適な部品配置・配線設計を支援。


価格・出荷日・販売目標


「Obbligato III/Electronic CAD Viewer」の価格は10万円(税別)で、本年5月30日から出荷を開始します。NECは本製品を、今後3年間で50社以上への提供を目指します。

NECは本製品を、国内最大の製造業向けITソリューション展示会「第25回 設計・製造ソリューション展(DMS)」(会期:6/25(水)~27(金)、会場:東京ビッグサイト(東京都江東区))にて展示します。

NECグループは、「2015年中期経営計画」をもとに、人が豊かに生きるための安全・安心・効率的・公平な社会の実現に向け、ICTを活用した高度な社会インフラを提供する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進し、「社会価値創造型企業」として、社会の様々な課題解決に貢献していきます。




以上



(注1) PLM(Product Lifecycle Management):
設計図面・仕様書・部品表など、製品開発の過程で発生する膨大かつ多種多様な技術情報を、製品構成情報(BOM:Bill Of Materials)に紐付け、製品ライフサイクルにわたって統合管理することで、開発力の強化を目指す改革・取り組み。

(注2) (株)テクノシステムリサーチの「2014年機械系CAD/PLM関連ビジネス市場分析調査」(2014年5月発行)

(注3) ODM(Original Design Manufacturer):
相手先のブランドで設計・生産の受託を行う企業。


PLMソリューション「Obbligato III」について


EMI抑制設計支援ツール「DEMITASNX」について


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 製造・装置業共通システム開発本部
TEL:03-3456-7474

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

Share: