ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. NX7700xシリーズ 
  5. 技術サポート情報・ダウンロード
  6. BIOS/ファームウェア、修正物件
  7. NX7700xシリーズ向けUniversal RAID Utility Ver3.1(Windows版)
ここから本文です。

技術サポート情報・ダウンロード

=====================================================================
 NX7700xシリーズ向け
 Universal RAID Utility Ver3.1 (Windows版)
=====================================================================
【ソ フ ト 名】  Universal RAID Utility Ver 3.1
【登  録  名 】  320818-A01_635388667440011951.zip
                  uru31jug_compB.zip
【著 作 権 者】  日本電気株式会社
【対 象 機 種】  <本体装置>
                 - NX7700x/A2010M-60
                 - NX7700x/A2010M-30
                 - NX7700x/A2010M-15
                 - NX7700x/A2010L-60
                 <RAIDコントローラ>
                 - NE3303-173 RAIDコントローラ (512MB, RAID 0/1/5/6)
                 - NE3303-168 RAIDコントローラ (1GB, RAID 0/1/5/6)
                 - NE3303-H001 RAIDコントローラ (1GB, RAID 0/1/5/6)
【対象ユーザー】  上記対象機種にて、以下のいずれかのWindowsをインストー
                 ルしたNX7700xシリーズをご利用のお客様
                 - Windows Server 2012 R2
                 - Windows Server 2012
                 - Windows Server 2008 R2
【ソフト種別 】  ユーティリティ
【作 成 方 法】  圧縮ファイル(ZIP形式)
=====================================================================

【ソフトの紹介】
  Universal RAID Utility(以下「本ソフトウェア」と呼称します。)は、上記
【対象機種】に記載のRAIDコントローラを管理するRAIDシステム管理ユーティ
リティです。

  Ver 3.1 Rev 2537は、RAID60を作成できるように機能強化しております。

  ご使用にあたり、以下の本ソフトウェアのご使用条件を充分にお読みくだ
さい。本使用条件にご同意いただけない場合には、本ソフトウェアをダウン
ロードしないでください。本ソフトウェアをダウンロードした場合には、本
使用条件にご同意いただいたものとします。


【ソフトウェアのご使用条件】
  日本電気株式会社(以下「弊社」といいます。)は、本使用条件とともにご
提供するソフトウェア・プログラム(以下「許諾プログラム」といいます。)
を日本国内で使用する権利を、下記条項に基づきお客様に許諾し、お客様も
下記条項にご同意いただくものとします。お客様が期待される効果を得るた
めの許諾プログラムの選択、許諾プログラムの導入、使用および使用効果に
つきましては、お客様の責任とさせていただきます。

1. 期間
 (1)本使用条件は、お客様が本ソフトウェア製品をお受け取りになった日に
    発効します。
 (2)お客様は、1ヶ月以上前に、弊社宛て書面により通知することにより、い
    つにても本使用条件により許諾される許諾プログラムの使用権を終了さ
    せることができます。
 (3)弊社は、お客様が本使用条件のいずれかの条項に違反されたときは、い
    つにても許諾プログラムの使用権を終了させることができるものとしま
    す。
 (4)許諾プログラムの使用権は、本使用条件の規定に基づき終了するまで有
    効に存続します。
 (5)許諾プログラムの使用権が終了した場合には、本使用条件に基づくお客
    様のその他の権利も同時に終了するものとします。お客様は、許諾プロ
    グラムの使用権の終了後直ちに、許諾プログラムおよびそのすべての複
    製物、ならびに許諾プログラムとともに提供されたマニュアル等の関連
    資料を破棄するものとします。

2.使用権
 (1)お客様は、許諾プログラムをお客様がお持ちの以下のいずれかのWindows
    を使用している弊社NX7700xシリーズにおいてのみ、使用することが
    できます。
    - Windows Server 2012 R2
    - Windows Server 2012
    - Windows Server 2008 R2
 (2)お客様は、前項に定める条件に従い日本国内においてのみ、許諾プログ
    ラムを使用することができます。

3.許諾プログラムの複製、改変および結合
 (1)お客様は、滅失、毀損等に備える目的でのみ許諾プログラムを1部複製す
    ることができます。ただし、許諾プログラムを固定メモリに組み込んだ
    ときにはこの限りではありません。この場合、お客様は、許諾プログラ
    ムの記憶媒体を滅失、毀損に備える目的でのみ保管することができます。
 (2)お客様は、許諾プログラムのすべての複製物に、許諾プログラムに付さ
    れている著作権表示およびその他の権利表示を付すものとします。
 (3)お客様は、本使用条件で明示されている場合を除き、許諾プログラムの
    使用、複製、改変、結合、書籍雑誌やネットワークへの転載またはその
    他の処分を行うことはできません。
 (4)お客様は、いかなる場合であっても許諾プログラムとともに提供された
    マニュアル等の関連資料を複製、書籍雑誌やネットワークへ転載するこ
    とはできません。
 (5)本使用条件は、許諾プログラムに関する無体財産権をお客様に移転する
    ものではありません。

4.許諾プログラムの移転等
 (1)お客様は、下記の全ての条件を満たした場合に限り、本使用条件に基づ
    くお客様の権利を譲渡することができます。
  (イ)お客様が本使用条件、許諾プログラムおよびそのすべての複製物、な
      らびに許諾プログラムとともに提供されたマニュアル等の関連資料を
      譲渡し、これらを一切保持しないこと。
  (ロ)譲受人が本使用条件に同意していること。
 (2)お客様は、本使用条件で明示されている場合を除き、許諾プログラムま
    たはその使用権の第三者に対する再使用許諾、譲渡、移転またはその他
    の処分をすることはできません。

5.逆コンパイル等
  お客様は、許諾プログラムをリバース・エンジニア、逆コンパイルまたは
  逆アセンブルすることはできません。

6.保証の期限
 (1)弊社は、許諾プログラムに関していかなる保証も行いません。許諾プロ
    グラムに関し発生する問題はお客様の責任および費用負担をもって処理
    されるものとします。
 (2)前項の規定にかかわらず、弊社が許諾プログラムの誤り(バグ)を修正し
    たときは、弊社は、自己の裁量により、かかる誤りを修正したプログラ
    ムもしくは修正のためのプログラム(以下、これらのプログラムを「修正
    プログラム」といいます。)または、かかる修正に関する情報を弊社が定
    める方法により提供することがあります。お客様に提供された修正プロ
    グラムは許諾プログラムとみなします。

7.責任の制限
  弊社は、いかなる場合も、お客様の逸失利益、特別な事情から生じた損害
  (損害発生につき弊社が予見し、または予見し得た場合を含みます。)およ
  び第三者からお客様に対してなされた損害賠償請求に基づく損害について
  一切責任をおいません。

8.その他
 (1)お客様は、いかなる方法によっても許諾プログラムおよびその複製物、
    ならびに許諾プログラムとともに提供されたマニュアル等の関連資料を
    日本国から輸出してはなりません。
 (2)本使用条件にかかわる紛争は、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所
    として解決するものとします。


=====================================================================
インストールイメージの準備
=====================================================================

  本ソフトウェアをインストールする前に、以下の手順でインストールイメ
ージを準備します。
  本ソフトウェアのインストール手順は、「Universal RAID Utility ユーザ
ーズガイド」を参照してください。

【操作手順】
  (1) 320818-A01_635388667440011951.zip および、uru31jug_compB.zipをダ
      ウンロードします。

  (2) 本ソフトウェアをインストールするコンピュータの任意のフォルダにダ
      ウンロードした320818-A01_635388667440011951.zipおよびuru31jug_
      compB.zipをコピーします。

  (3) 320818-A01_635388667440011951.zipおよびuru31jug_compB.zipは、ZIP
      形式の圧縮ファイルです。320818-A01_635388667440011951.zipおよび
      uru31jug_compB.zipを解凍すると、以下のファイルとフォルダを作成し
      ます。

      - Universal RAID Utility Ver3.1 インストールイメージ
        320818-A01_635388667440011951 フォルダ
        - windowsフォルダ
          - Setup.exe     - Universal RAID Utility セットアッププログラム
          - eciフォルダ   - 関連モジュール セットアッププログラム
        - Universal RAID Utility更新ツール - ExpressUpdateでのみ使います
      - Universal RAID Utility ユーザーズガイド
        - uru31jug.pdf  - Universal RAID Utility ユーザーズガイド
        - uru31juga.pdf - Universal RAID Utility ユーザーズガイド(付録A)
        - uru31jugb.pdf - Universal RAID Utility ユーザーズガイド(付録B)
        - uru31jugc.pdf - Universal RAID Utility ユーザーズガイド(付録C)

  (4) 「Universal RAID Utility ユーザーズガイド」の「インストールとア
      ンインストール」を参照し、本ソフトウェアをインストールします。


=====================================================================
注意事項
=====================================================================
  (1)Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2
     のServer Coreでは、RAIDシステムの管理にRAIDビューア、ログビューア
     を使えません。管理者権限で起動したコマンドプロンプトよりraidcmdを
     ご使用ください。

  (2)管理対象装置で有効に設定できるOSのIPアドレスの個数は、42個までと
     なります。43個以上のアドレスを有効に設定した場合、本ソフトウェア
     とESMPRO/ServerManagerが通信できなくなります。

  (3)Universal RAID Utilityが使うTCPポート番号を、Ver2.61以降から以下
     のように変更しました。

       データポート   - 52805(Ver2.6以前) - 5016(Ver2.61以降)
       イベントポート - 52806(Ver2.6以前) - 5017(Ver2.61以降)
       raidsrv Agent  - 52807(Ver2.6以前) - 5018(Ver2.61以降)

     TCPポート番号変更によるUniversal RAID Utilityの動作への影響はあり
     ません。ただし、以下のケースに当てはまるとき、環境の設定によって
     Universal RAID Utilityの設定を変更する必要があります。必ずUniversal
     RAID Utilityユーザーズガイドの[TCPポート]を参照してください。

     - Universal RAID Utilityが使うTCPポート番号を既定値から変更してお
       り、変更したTCPポート番号を、Universal RAID Utilityを更新した後
       も継続して使う場合

     - ExpressUpdateを使ってUniversal RAID Utility Ver2.6以前から、Ver
       2.61以降に更新する場合

     また、以下のケースに当てはまるときは、その他ソフトウェアの設定を変
     更する必要があります。必ずUniversal RAID Utilityユーザーズガイドの
     [TCPポート]を参照してください。

     - ファイアウォールなどの設定に、Universal RAID Utilityが使うTCPポ
       ート番号を指定している場合

     - TCPポート番号[5016-5018]を他のソフトウェア等で使っている場合

  (4)「ホットスペア作成、解除機能」
     ESMPRO/ServerManagerから「ホットスペア作成、解除機能」を使う場合、
     必ず「ESMPRO/ServerManager Ver. 5.72以降」をお使いください。


=====================================================================
改版履歴
=====================================================================
  2014/7/4  Ver3.1 Rev 2537
  [機能強化]
    (1)サポートするOSを追加
      - Windows Server 2012 R2

  2014/3/28  Ver3.1 Rev 2537
  初版発行


=====================================================================
添付ファイル
=====================================================================
 size                            date                filename
----------+-------------------+--------------------------------------
36611360       2014/06/20 13:16:37     320818-A01_635388667440011951.zip
 3312786        2014/06/27 11:17:59     uru31jug_compB.zip

以下に記載しているダウンロードパッケージのMD5チェックサムとダウンロー
ドしたファイルのMD5チェックサムを比較することで、ダウンロードパッケー
ジを正しくダウンロードできているか確認できます。
 md5sum                                                   filename
---------------------------------+-----------------------------------
778357b5cdb87db2374e84dc540d72e7         320818-A01_635388667440011951.zip
2b35b89b5c4c4e6538bdc5a9f6fe7656          uru31jug_compB.zip


- 320818-A01_635388667440011951.zip
 date                                size                       filename
------------------+----------------+---------------------------------
2014/06/19  14:46             3,422                  readme_jp.txt
2011/05/13  20:11               509                   setup.iss
2014/06/20  13:15               146                   ExUpHash.xml
2014/06/20  13:14             8,361                   ExUpInfo.xml
2011/05/09  11:09                37                    uruSetup.bat
2014/06/19  14:46             3,371                   readme_en.txt
2011/05/27  17:30            10,049                  uruSetup.js
2013/04/12  10:22        12,834,392                windows/Setup.exe
2012/10/17  17:18             8,192                   windows/eci/1033.mst
2009/04/02  13:10               318                  windows/eci/setup.iss
2012/10/17  17:18         2,243,453                 windows/eci/ISSetup.dll
2012/10/17  17:18           328,704                 windows/eci/ExpressUpdate Agent.msi
2009/04/07  11:19               197                   windows/eci/update.iss
2012/10/17  17:18         4,202,510                 windows/eci/Data1.cab
2012/10/17  17:18            36,352                  windows/eci/1041.mst
2012/10/17  17:18         2,330,422                 windows/eci/setup.exe
2009/09/11  13:51         3,919,945                 windows/eci/src/libiconv-1.9.2.tar.gz
2012/06/01  17:46         8,247,659                 windows/eci/src/axis2c-src-1.6.0.zip
2012/06/01  22:10             1,172                   windows/eci/src/axis2c-src-1.6.0.patch
2012/06/01  22:17            58,228                  windows/eci/src/openslp-2.0.beta1.patch
2010/02/17  08:53               554                   windows/eci/src/axis2c-1.6.0.patch
2012/06/01  18:06               381                   windows/eci/src/readme.txt
2012/06/01  18:01         5,642,684                 windows/eci/src/openslp-2.0.beta1.zip
2012/06/01  18:02                45                    windows/eci/src/revision.txt
2008/05/27  11:41             6,406                   windows/eci/doc/OpenSSL_license.txt
2009/09/11  11:54             1,249                   windows/eci/doc/zlib_license.txt
2008/03/27  08:27             1,686                   windows/eci/doc/OpenSLP_license.txt
2009/10/08  20:07               568                    windows/eci/doc/ApacheNotice.txt
2009/09/11  10:43             3,458                   windows/eci/doc/OpenSLP_EULA.txt
2009/09/11  11:51             1,162                   windows/eci/doc/MIT_license.txt
2009/09/11  10:24             2,244                   windows/eci/doc/OpenSSL_WOILA.txt
2007/09/26  16:26            11,560                  windows/eci/doc/ApacheLicense_v2.txt
1999/12/31  21:50            25,283                  windows/eci/doc/LGPL_v2.txt


- uru31jug_compB.zip
 date                           size              filename
------------------+----------+---------------------------
2014/06/27  10:36         2,767,534    uru31jug.pdf
2013/06/06  18:16           119,169    uru31juga.pdf
2013/06/06  18:18           206,799    uru31jugb.pdf
2014/06/27  10:39           323,892    uru31jugc.pdf

---------------------------------------------------------------------
【商標および著作権】

本ソフトウェアの著作権は日本電気株式会社が有しています。

*Microsoft、Windows、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国
 及びその他の国における登録商標です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
---------------------------------------------------------------------
   Copyright NEC Corporation 2007-2014

上記に同意して頂ける場合のみ下記ファイルをダウンロードして頂くことができます。

ページの先頭へ戻る