ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 医療・ヘルスケアソリューション
  4. 医療情報ソリューション
  5. ソリューション一覧
  6. 電子カルテシステム
  7. 災害対策ソリューション
ここから本文です。

電子カルテを中心とした医療情報ソリューション MegaOak

BCP対応ソリューション

ロゴ

概要

自然災害やウィルス感染等による基幹システム停止やネットワーク障害時にも診療継続をご支援します。 システム更新や定期メンテナンスに伴う停止時にも参照系として活用可能です。

※浜松医科大学医学部附属病院様で開発・運用されております。

運用

通常時の運用

運用イメージ

  • 電子カルテデータ、SS-MIX標準化ストレージ及び画像管理システムから抽出した患者情報を情報統合サーバに集約します。集約するデータ範囲は必要に応じて限定することもできます。
  • 情報統合サーバから病院施設内に準備した可搬型HDDにデータをコピーします。可搬型HDDの個数は導入時に検討します。

障害時の運用

  • サーバダウン・ネットワーク障害時は可搬型HDDをPCに接続して参照可能です。
  • データ参照ビューアの提供で電子カルテシステムなしで参照することができます。

※非常用電源バッテリーは復旧していることを前提としています。

障害時の運用

システム構成イメージ

構成例:NEC電子カルテシステム「MegaOakHR」と富士フィルムメディカル画像管理システム「SYNAPSE」が情報統合サーバー(エヌ・エス・エム カルテファイリングシステム「SmartCabinet」に接続され、1日1回患者データを転送しいてる。転送先ではHDD暗号化対応の可搬型HDDに患者データをコピー、ワイヤによる施錠管理、電子ロックによる入退室管理が行われている。SBS情報システム統合情報参照ビューアには可搬型HDDを持ち込んでPCに接続して参照する。

患者情報参照運用イメージ

ページの先頭へ戻る