ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

NEC Global Enterprise Solutions

English

About Concept

NECのソリューション・バリューをお客さまの成長力に

Case Studies

株式会社エクセディ様
富士ゼロックス株式会社様
7-Eleven, Inc.様
株式会社プリンスホテル様
PVR様
株式会社アデランス様

Concept Movie

 

グローバルに事業を展開するお客さまのさまざまな問題解決と社会価値の創造を、バリューチェーン・イノベーションで実現します。

Value Chain Innovation

Manufacturing Logistics Retail Hospitality Automotive Transportation Cross Industry

NECならではのノウハウで世界をつなぎます

製造業を元気に!変革に応える「NEC Industrial IoT 」

リーマンショック以降、東日本大震災やタイでの大洪水など日本の製造業は非常に苦戦を強いられてきました。かつてのような一社ごとでの改善・改革では危機を乗り切れない、解決が困難な課題に直面していたのです。
そのような中、製造業であるNEC自身の取り組みが少しでもお役に立てれば、そして、皆さんで課題を共有し知恵を絞り共創し、製造業を元気にしたいという思いで、2012年にNECものづくり共創プログラムを立ち上げました。
現在、ドイツや米国を中心に、IoTを活用した製品・サービスなどの革新、ビジネスモデルや産業構造の変革に取り組む動きが活性化しています。また、日本の製造業においても、競争力強化や取引先の要求への対応などの観点から、IoT活用の機運が高まっています。
NECは、製造業でのIoT活用について、設備機器のリアルタイムでの最適制御などにより変化に対する柔軟性を高める「Process Innovation(つながる工場)」と、新たな製品の使い方やサービスの提供による付加価値を高める「Product Innovation(つながる製品)」の2つの視点が重要と捉えています。これらの視点の実現を支えるソリューションとして、2015年6月に「NEC IndustrialIoT」を発表しました。市場ニーズに即応できるグローバルでの生産プロセス改革や、部品にまで至る個体管理トレーサビリティの実現・品質向上、さらに新製品やサービス創出力の強化などがお客様の価値として提供できると考えています。
NEC Industrial IoTの特長は、まさにNECものづくり共創プログラムの目指す「お客様やパートナー様との共創」です。さまざまな分野の設備や技術が関わるIoTは、一社の力だけではできません。しかし、それぞれの領域で強みを持つ企業が力を合わせれば、これからのものづくりを支える先進的なIoT環境を、よりスムーズに実現できるのです。これは製造業がグローバル競争力を高めるための非常に重要なポイントと確信しています。
直面する時代の変革にNEC Industrial IoTで応え、製造業がさらに元気になることに貢献していきたいと考えます。

NEC 執行役員 松下裕

NEC
執行役員
松下裕

人々の生活インフラのコンビニエンスストアを24時間365日止めることなく支える

NECは、「造る」「運ぶ」「売る」をつなぐバリューチェーンにおいて、どのような貢献ができるかを、大きな命題として捉えています。それぞれの分野ごとでお客様に合わせた、ソリューションを提供しています。
例えば「売る」の分野では、ドラッグストアやコンビニエンスストアなどの小規模多店舗展開型のお客様へソリューションを提案しています。具体的には、ITサービスLCMモデル、ITをライフサイクルでマネジメントするサービスの提供です。開発、導入・展開、店舗運営サポート、企画・コンサルというサイクルで店舗運営を止めることなく回し続けるモデルです。 コンビニエンスストアは、生活者に欠かすことができない生活インフラになっています。それが顕著に表れたのが、2011年の東日本大震災でした。いざというときの安心を支えるインフラを止めるわけにはいかない。その経験を経て私たちは、蓄積していたITサービスLCMモデルのノウハウを結集すれば、災害時でも24時間365日止めることなくコンビニの店舗運営を目指すお客様を支えることができると気づきました。
このITサービスLCMモデルは、回すたびにノウハウが蓄積されます。例えば2万店舗を超えるチェーンの場合、新サービスを導入・展開するにも非常に時間がかかります。当初は1年がかりでしたが、今では半年で実施できるまでになりました。お客様の地域格差減少に、少しでも貢献できると考えています。
サポート面では、NECはコールセンターも運営しています。店舗運営者から寄せられる声は、ITだけに留まりません。コーヒーサーバーや冷蔵庫、トイレにまで至る設備の不具合をデータとして蓄積して、そこから改善点と解決法を見つけ出し、次のサイクルに投入していきます。
さらに最新のシステムは、予兆管理とリモートメンテナンスによる保守サービスにまで及んでいます。今後IoTが普及していく中、機器管理、故障検知、自動通報など業務システム基盤の強化や、映像を含めた管理での「止めない」店舗運営で、人々のより安心できる生活インフラへ貢献し続けます。

NEC 執行役員 松下裕

NEC
グローバルリテールソリューション事業部
事業部長代理
川見秀樹

日本での経験とノウハウを生かし、ICT-LCMサービスのグローバル展開を全世界に進めていきたい

NECは、国内外におけるコンビニエンスストアなどの多店舗展開型のお客さまをIT面でサポートしてきました。長年にわたる経験とノウハウを標準化し、海外のお客さまにも利用していただきたいというのがグローバル展開の基本コンセプトです。
2013年5月にマレーシアにRBSC(Regional Business Support Center)を立ち上げ、「日本のコンビニエンスストアのIT変遷は?」「NECの経験とノウハウは具体的にどんなものか?」「お客さまをサポートするための提案方法やデリバリ手法は?」など、100名以上の海外現地法人メンバー、販売パートナーさまに対するトレーニングを提供してきた結果、現地メンバーが具体的な事例を含め、自ら説明やデモができるようになりました。
お客さまへの導入を経験することで、自身の経験と言葉で話せるようになり、より前向きな提案ができるという好循環が現地で生まれています。たとえばタイでは、大手お客さまのサポートを経験したメンバーが、周辺国ミャンマーやカンボジアにも提案ができるようになりました。この流れを各国に作っていくことが大事だと思っています。
ライバルも多いですが、ハード・ソフトを自社で持ち、システムの企画・導入・展開、そして保守サービスまで一社で提供できる会社は多くありません。
今後は最大の強みであるノウハウ・RBSCモデルを、物流等の多業種にも展開し、全世界のお客さまをIT面で支援していきたいと思っています。

APAC RBSCセンター長 稲葉孝之

NEC
グローバルプロダクト・サービス本部
主席主幹
稲葉孝之

グローバルに展開するRBSC

140以上の国や地域で事業活動を展開。
NECの支社、オフィス、研究所施設は、
58の国や地域に広がっています。

 

 

※所属、役職はインタビュー当時のものです

NECは、先進のICTで人々の暮らしにつなぎます

お客さまとともに、安心・安全な社会インフラや快適で豊かな生活環境づくりに貢献
ビジネスの成長と豊かな社会発展の両立をICTで担っていきます

世界トップレベルの顔認証技術*

世界トップレベルの顔認証技術

認証の手間がかからず、離れた場所からでも認証できるなど、顔認証には多くのメリットがあります。企業内での入退場管理などセキュリティ分野はもちろん、たとえばホテルやデパートなどでは、訪れたVIPをいち早く見つけて付加価値の高いサービスを提供することも可能です。顔認証技術が多くの分野で、サービス向上や付加価値の創造に役立ちます。

*NECは、米国国立標準技術研究所(NIST)の顔認証技術 ベンチマークテストで3回連続の第1位評価を獲得

ビッグデータ分析を支える先進の独自技術

ビッグデータ分析を支える先進の独自技術

多くの分野で活用が期待されるビッグデータのアナリティクス領域で、世界初となる多くの独自技術が生かされています。たとえば多種多様なデータから自動的に複数の規則性を導出する「異種混合学習」を使えば、コンビニエンスストア全店舗の商品購入データの中から混在するパターン・規則性を抽出し、店舗ごと・商品ごとの売り上げを予測することが可能になります。

ビジネスと社会の革新に貢献するクラウドソリューション

ビジネスと社会の革新に貢献するクラウドソリューション

企業が競争優位性を高め、また公共機関がより良いサービスを提供するには、アプリケーションとそれを支える基盤が重要です。NECのクラウドソリューションは、ICTコストの最適化と事業継続性、セキュリティを担保しつつ、お客さまのシステム規模・業種・用途に応じたサービスメニューを用意。日本国内における各種ソリューションやサービス提供で培ってきた技術力や運用力、プラットフォーム製品などの強みによって、ビジネスと社会の革新に貢献します。