ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. NECのデザイン
  4. デザイン事例
  5. 液晶ディスプレイ MultiSync®LCD PAシリーズ
ここから本文です。

液晶ディスプレイ MultiSync®LCD PAシリーズ

NECが独自に開発したアルゴリズムにより、ディスプレイ単体で、P型(赤が見分けにくいかた)、D型(緑が見分けにくいかた)、T型(青が見分けにくいかた)の色覚特性、およびコントラスト確認用の表示が可能なLCDディスプレイです。色に関わるすべての人へ、カラーユニバーサルデザインを意識した作業を簡単に実現します。

製品イメージMultiSync® LCDPA241W(BK)概観デザイン

本製品はP/D/T型のエミュレーションにおいてNPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)により
「カラーユニバーサルデザイン支援ツール」として認定されています。

カラーユニバーサルデザインを実現する機能

  • 色覚エミュレーション※機能によりカラーユニバーサルデザインを意識した作業を簡単に実現。 ※色覚エミュレーション:色弱のかたの見わけにくさを仮に再現すること。
  • CUDOと協力し、NEC独自のアルゴリズムを開発。AdobeRGB/sRGBの両方でユーザー評価結果がよい色変換方式を搭載。通常のオフィス環境でよく使われるsRGBでの色確認が容易。
  • 検証用ソフトウェアツールが持つ静止画での確認機能に加え、映像や動きのあるウェブサイトなどもリアルタイムに確認、編集が可能。

UD配慮のポイント

操作のしやすさ

  • 新開発のアプリケーション「MultiProfiler」を用い、ディスプレイ上に(ICCプロファイル※を反映させた)様々な色彩環境が正確に再現でき、複数の色表現の比較・確認・校正作業が容易になった。 ※カラーマネージメントで使う機器や色の設定ごとの特性を記述したファイル

様々な色彩環境を再現できることを示した図

  • NEC独自の二画面表示とリアルタイムプレビュー ひとつの入力信号を異なる画質設定(色空間など)で2つの画面に表示。比較・確認しながら編集作業もでき、作業効率が飛躍的に向上。

Picture by Picture 画面
左右の画面を並べて比較確認しながら編集

Picture in Picture 画面
大画面で編集しながら子画面で確認可能

縦型画面
2つの画像をより大きく表示確認

様々な使用環境や状況への配慮

使い勝手を向上させた「スタンド機能」

  • スタンドのベース部分を従来比約38%※に縮小、またベースを固定したまま左右の角度調節ができるので、デスクを広く使える。 ※LCD-PA241Wの場合

スタンド背面イメージ

  • 高さ調節でディスプレイ部をスタンドベースまで下げることが可能、またスタンドのピボット機構により、画面を90度回転させて縦置き※使用することができる。 ※縦型表示でご利用には、市販の縦型表示機能を持ったグラフィックボードを別途 ご用意ください。

ディスプレイ回転イメージ

複数のパソコンやUSB機器を接続できるUSBハブ(2UP、3DWN)

  • スタンドのベース部分を従来比約38%※に縮小、またベースを固定したまま左右の角度調節ができるので、デスクを広く使える。 ※LCD-PA241Wの場合

スタンド背面イメージ

  • 2台のPCを接続し、ひとつの入力機器(マウス/キーボード)で切り替えて使用することができる。

ハブイメージ

イノベーション(ユーザーにとっての新しい価値)

同一ディスプレイに、異なる色彩環境を正確に再現した二画面を表示して、比較しながら作業することが可能になった。

オリジナル画像と色覚エミュレーション結果の比較

オリジナル画像とエミュレーション結果の同時表示により、見分けにくい色の箇所を容易に見つけ、結果を確認しながら修正作業が行える。Webデザインや印刷物の出力イメージ、ソフトウェアやハードウェアの配色などでカラーユニバーサルデザインを意識した作業が簡単に行える。

エミュレーション結果イメージ

画像と印刷物の比較

画像(RGB色空間)と印刷物(CMYK空間)の色合わせが簡単にできる。撮影データーのデジタル入稿時には印刷イメージを確認しながら、印刷可能な色への校正が行える。

デジタル入稿時の流れを示す図

撮影した写真とWeb画面の比較

カメラで撮影した写真(AdobeRGB色空間)とWeb画面(sRGB色空間)の色合わせが簡単にできる。オンラインショッピングのカタログ作成などの作業が効率的に行える。

比較イメージ比較、色合わせ sRGBでオリジナルの色調に近く見えるように加工する

ページの先頭へ戻る