ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. CSR(企業の社会的責任)への取り組み
  4. ガバナンス
ここから本文です。

ガバナンス

リスクマネジメント

NECは、リスクマネジメントの一環として、以下取り組みを推進しています。

コンプライアンスとリスクマネジメント

NECでは、「コンプライアンス」を法令遵守はもちろんのこと、社会通念や一般常識までも含めた広義の概念としてとらえています。また、「リスクマネジメント」とは、コンプライアンス違反を含め、NECの事業に影響を及ぼすリスクを適切に把握し、効果的、効率的に対策を講じていく活動です。NECは、コンプライアンスとリスクマネジメントを企業の存続そのものにかかわる活動と考え、トップマネジメントも含めた全社的な取り組みを継続的に実施しています。

さらに詳しく

税務に対する考え方

NECは、NECグループ行動規範において、

  • 関係法令およびこの規範を始めとする社内規程を常に遵守し、すべての企業活動が正常な商慣習と社会倫理に適合したものとなるよう努めること
  • 財務・会計関係を始めとするすべての記録を正確かつ公正に行う等、関係法令および社内規程に従って、適正に業務を遂行し、不正な会計処理および会社に損害を生じさせる行為等を決して行わないこと
と定めています。税務に関しても、同様の姿勢を基本に取り組んでおり、中長期的な視点で最適化を進めるよう努めています。

さらに詳しく

公正な取引の推進

NECでは、コンプライアンス徹底のための重要な活動として、競争法や贈収賄防止規制遵守のための体制強化など、「公正な取引の推進」に積極的に取り組んでいます。世界各国で厳しい競争が行われている中でも、常に「コンプライアンスを最優先とする」意識を持ち、これを実践していくことが重要であると考えています。なお、贈収賄防止など「腐敗防止」は、国連グローバル・コンパクトの10原則の1つで、世界共通の関心事であり、NECも積極的にこれに取り組んでいます。

さらに詳しく

事業継続

NECは、情報通信技術による社会インフラの構築に長年携わっています。災害発生時には、社会インフラとしての通信ネットワークや交通、防衛、金融などの基幹システムをいち早く復旧することが望まれます。

そのため、NECグループ全体で「事業継続計画(BCP: Business Continuity Plan)」を策定し、それを維持・改善するための「事業継続マネジメント(BCM: Business Continuity Management)」に積極的・計画的に取り組んでいます。

さらに詳しく

情報セキュリティ

NECは、誰もが安心して情報通信技術の恩恵を享受し、豊かな社会を実現していくために、情報セキュリティを重要な経営活動として位置づけ取り組んでいます。

さらに詳しく

個人情報保護

個人情報とは、特定個人の識別情報であり、番号などの識別子単体の情報もこれに該当します。当社は、個人番号を含む個人情報を適切に保護することが当社の社会的責務と考え、独自の個人情報保護方針を定め、これを実行し、かつ、維持しています。また、関連法令に示された個人情報の保護だけでなく、プライバシーに関わる情報についても配慮した事業活動を行っています。

さらに詳しく

ページの先頭へ戻る