ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. NEC Cloud Solutions
  4. NEC Cloud System (OSS構築モデル)
  5. 経営とICTインフラに、スピードと柔軟性を。
ここから本文です。

NEC Cloud System(OSS構築モデル)

OpenStackを活用したクラウド基盤構築・運用支援ソリューション

経営とICTインフラに、スピードと柔軟性を。めまぐるしく変化する経営環境にすばやく対応するために、これからのICTインフラは、「スピード」と「柔軟性」がカギ。

グローバルビジネスの拡大、消費者ニーズの多様化や個客化、サービス提供サイクルの短期化、さらに異業種による業界への新規参入など、企業を取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。こうした変化に対応し、ビジネスをさらに成長させるための鍵。それが、「スピード」と「柔軟性」です。
 
「市場変化をすばやく経営に反映したい」「ニーズに即した意思決定を図りたい」「経営戦略をタイムリーに実行したい」、これからの企業経営やビジネスの成長を支える基盤として、ICTインフラに求められるのも、「スピード」と「柔軟性」です。こうした背景を受けて、いま企業の間では、クラウドによるICTインフラ構築が、大きな流れになっています。

世界標準の先端技術をすばやく反映。
「OSS」活用によるクラウド基盤構築企業が増えています。

近年、特に注目が高まっているのがOSS(Open Source Software)を活用したクラウド環境の導入です。オープンなコミュニティで開発されるOSSの最大の特長は、世界レベルによる開発力と圧倒的な開発スピード。さらに、その技術や機能がつねに進化することも大きな特長です。
 
これにより、OSSを活用したクラウド導入企業では、最先端の技術をいち早く活用できるとともに、市場環境やニーズの変化をすばやく機能に反映できる点を高く評価しています。この流れは、通信業界はじめ、Web企業、民間企業など、日本でも急速に拡がっています。

オープンソースへのいち早い取り組み、
OpenStackを採用したクラウド基盤サービスの提供など、
NECには、時代をリードする実績があります。

NECは、オープンソース構想に賛同して、2000年からLinuxを始めとするさまざまなプロジェクトや標準化団体に参画してきました。OpenStackコミュニティにおける開発貢献で、世界トップ10※という実績があります。そのトップ10の中で、NECは唯一の日本のICTベンダーです。NECは、2014年にOpenStackを採用した高性能・高信頼のクラウド基盤サービスを提供開始。また、SDNを活用したソリューションにおいても多くの構築実績を持っています。こうした実績とノウハウをもとに、NECではOSS活用による先進のクラウド基盤構築ソリューションを提供しています。

  • 2015年/10月リリース

OSSを活用したオープンなクラウド基盤を提供。
高い信頼性と拡張性を実現した「NEC Cloud System」

「NEC Cloud System(OSS構築モデル)」は、事業環境の変化にすばやく対応できるオープンなクラウド基盤を、OSSをフル活用して構築するソリューションです。

特長1:高い信頼性と拡張性を備えたオープンなクラウド基盤を提供します。

『オープン技術による柔軟性』『自動化による機敏性』『標準化による効率性』を実現するため、OpenStackを中心とした最新のオープンスタンダード技術を採用。さらにNECが長年培ってきたOMCS(Open Mission Critical System)技術を融合することで先進機能とともに、ミッションクリティカルな運用に対応できる高可用性、高性能、高運用性、高拡張性、高連携性、高気密性を実現しています。
さらに、NECはオープンなクラウド環境の上で、お客様、パートナー含め、イノベイティブなソリューションの実現を推進していきます。

特長2:高品質なクラウド環境の短期構築と運用の効率化を支援します。

OpenStackを採用したクラウド基盤サービス提供による構築・運用ノウハウをもとに、必要な要件や機能を予め標準モデル化。ニーズやシステム要件に応じて、徹底検証した機能や製品の柔軟な組み合わせ(Building Block方式)により、クラウド環境をスピーディに構築します。また、運用の自動化などにより、運用業務の効率化と負荷低減を可能にします。

特長3:充実のサポート体制に加え、OpenStackの品質強化にも貢献します。

OpenStackをはじめとするOSS対応の専門部隊により、提案から設計、構築、運用、障害発生時の対応など、NECがトータルに支援します。また運用やサポート業務を通じてNECは、性能・可用性などの視点から評価を行い、OpenStackの強化を進めています。その際の修正部分やカスタマイズした機能は、オープンソースコミュニティにフィードバックすることで、オープン性を保つと同時にOpenStackの品質強化にも貢献します。

「NEC Cloud System」が、ICTインフラも、経営も革新します。

システム視点の効果

  • OSSを活用した柔軟かつ高信頼のICTインフラの短期間での構築。
  • ICTインフラの全社統合でICT資産や運用を効率化。
  • 経営・事業からの要望へ迅速な対応。セキュリティの強化。

経営視点の効果

  • 経営戦略のタイムリーな実行。新サービスの早期立ち上げを支援。
  • インフラと運用の統合化と効率化で、ICTコストを低減。
  • コンプライアンスの強化や事業継続性の向上。

ページの先頭へ戻る