ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. NEC Cloud PaaS
  7. PaaS基盤サービス(OS)
ここから本文です。

PaaS基盤サービス(OS)

コンテナ型のアプリケーション開発・運用に適したPaaS基盤サービスです。コンテナプラットフォーム製品OpenShiftを中心に、検証済みの各種周辺ソフトウェアをNEC Cloud IaaS上に提供することで、迅速な環境構築、効率的な運用が可能になります。
これにより、新しいビジネスやサービス立ち上げに必要なアプリケーション開発環境の素早い立ち上げ、ビジネス成長に合わせたリソースの調達が可能になり、開発作業への専念、初期投資や運用コストの抑制を可能にします。

PaaS基盤サービス(OS)の概要

PaaS基盤サービス(OS)は、DockerやKubernetesなどのOSSを活用したコンテナプラットフォーム/コンテナアプリケーション実行支援/運用管理環境を提供します。
Red Hat OpenShift Container Platformを中心とし、継続的インテグレーション(CI)/継続的デリバリ(CD)環境を実現するソフトウェア、ID管理などの周辺システム、開発したアプリケーションを運用管理するためのソフトウェアも提供します。
コンテナプラットフォームの冗長化だけでなく、コンテナアプリケーション実行支援/運用管理環境も冗長構成をとっているため、可用性の高い環境を実現します。PaaS基盤自体の運用管理システムとして監視、バックアップ、ログ管理の機能も利用可能です。
本サービスはNEC Cloud IaaSの仮想サーバサービス(HA)、物理サーバサービス上で構築可能で、幅広い性能要件に対応し、クラウドサービス上での利用のため、ビジネスニーズに合わせたリソースの柔軟な利用が可能です。

特長

  • Dockerを利用したコンテナ型のアプリケーション開発環境をクラウド(NEC Cloud IaaS)上で提供
  • コンテナアプリケーション実行支援/運用管理環境に必要な機能も事前評価済みの構成で提供
  • 仮想サーバに加え物理サーバ上でも構築でき、より高性能なニーズにも対応

お客様メリット

  • 評価済み環境をサービスとして導入することにより、短期導入、初期投資の抑制が可能
  • ビジネス成長に合わせたリソースをIaaS上で柔軟に調達可能
  • 新しいビジネスやサービス立ち上げに必要なアプリケーション開発にSEリソースを集中できる

サービス内容

サービス名 提供コンポーネント
PaaS基盤(OS)基本セット OpenShift制御系(3ノード冗長構成)および実行ノード、OpenShiftの動作に必要となる周辺システムのセット
  • ロードバランサ:
    OpenShift制御ノードの負荷分散
  • ID管理:
    PaaS基盤環境の統合ID管理
  • データ永続化機能(NFS利用):
    OpenShift管理情報およびAPコンテナのデータ格納
CI/CD環境およびユーザAP運用管理環境で用いるOpenShift上で利用可能なアプリケーション(GitLab、Redmine、EFK、Jenkins、Zabbix)のサンプルテンプレート
OpenShift実行ノード APコンテナが動作する実行ノードを追加構築
PaaS基盤(OS)運用管理オプション PaaS基盤の運用管理システムを冗長構成で提供
  • Zabbix:
    PaaS基盤の監視
  • Bacula:
    PaaS基盤のバックアップ/リストア
  • ELK:
    PaaS基盤のログ収集、可視化
  • OpenShift:開発者がクラウドでアプリケーションを迅速に開発、ホスティング、拡張、デリバリーするためのPaaS (Platform-as-a-Service) 用OSS
    Red Hat®社のRed Hat OpenShift Container Platform (旧OpenShift Enterprise)を使用
  • コンテナ技術:1つのOS環境の中に分離した空間(コンテナ)を作成して、分離した空間ごとに異なるアプリケーションの実行環境を構築する技術(一般的なサーバ仮想化に比べてより少ないコンピュータリソースで高速にアプリケーションが起動できる)
  • Docker(ドッカー):コンテナアプリケーション開発・管理のためのOSS
  • Kubernetes(クーバーネティス):コンテナアプリケーションのオーケストレーションのためのOSS
  • CI:Continuous Integration(継続的インテグレーション)
  • CD:Continuous Delivery(継続的デリバリー)
  • SCM:Software Configuration Management(ソフトウェア構成管理)
  • S2I:Source to Image(ソースコードからDockerイメージを生成すること)
  • GitLab(ギットラボ):リポジトリ管理のためのOSS
  • Redmine(レッドマイン):プロジェクト管理のためのOSS
  • EFK(ElasticSearch(エラスティックサーチ)、Fluentd(フルーエントディー)、Kibana(キバナ)):ログ管理のためのOSS
  • Jenkins(ジェンキンス):継続的インテグレーションのためのOSS
  • Zabbix(ザビックス):統合システム監視のためのOSS
  • Bacula(バキュラ):バックアップ&リカバリのためのOSS
  • ELK(ElasticSearch、Logstash(ログスタッシュ)、Kibana):ログ管理のためのOSS
  • NFS:Network File System(OpenShift管理情報およびAPコンテナのデータ格納に利用)

価格

OpenShift基本セット 月額35万円から

関連情報

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る