ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. プライベートクラウド(自社構築)
ここから本文です。

プライベートクラウド特集コーナー

NECがご提供するプライベートクラウドについて、コンセプトや具体的な実現方法など、様々な特集記事をご紹介いたします。

仮想化導入でコスト削減!はじめる今だから、気をつけたいこと

仮想化導入でコスト削減!はじめる今だから、気をつけたいこと

仮想化のメリットでよく聞かれるのがコスト削減です。しかし、物理サーバ台数の削減といった目先のコスト削減で終ってしまってはいませんか?さきざきを見据えたコスト削減を実現するために、気を付けておきたいポイントと、お手軽・簡単に仮想化共通基盤を導入していただける『Cloud Platform Suite』をあわせてご紹介します。

「クラウド」にすべきか「オンプレミス」か それが問題だ。

今、IT部門に必要な選択とは

「クラウド」にすべきか「オンプレミス」か それが問題だ。

”クラウドファースト”という言葉が示すように、最近ではクラウドを前提としたシステム構築が広がってきています。その一方で、”オンプレミスでなければ”というシステムも存在します。様々な選択肢がある中で、どのような組み合わせがベストなのか、その悩みの最適解やシステム構築の新たな潮流について解説します。

(IT Pro Special 2014年9月掲載)

Windows Server 2003サポート終了にも効く
「SDN×仮想化共通基盤」とは

真のICTリソースプールを実現! サーバもネットワークも丸ごと仮想化

「Windows Server 2003/2003 R2」の延長サポート終了が2015年7月に迫り、最新OSへの移行を検討する時期になりました。一時的な延命策として仮想化環境で運用する方法もありますが、ネットワーク経由での脅威には注意が必要です。ネットワークでの対策として、ファイアウォールとVLANによるネットワーク分離が有効ですが、実現には多くの手間やコストが掛かるというネックがあります。
その解決の“鍵”となるのが、ネットワーク仮想化を実現する「Software-Defined Networking(SDN)」です。その導入メリットについて、サーバ仮想化の動向を交えて詳しくご紹介します。

(TechTargetジャパン 2014年3月掲載)

スピード重視のビジネスに「レディメイド」が答える理由とは?

ビジネスがITに期待する「スピード」に応える新たなテクノロジーとして登場したのが「統合型システム」です。NECは、これに「レディメイド」のコンセプトを取り入れた「Cloud Platform Suite」を提供し、ITでビジネスに貢献したい企業をサポートしています。アナリストが、仮想化・クラウドと並んで注目している「統合型システム」のメリットを導入事例も交えながら解説します。

(ITmediaエンタープライズ 2013年12月掲載)

仮想化された基幹系システムの更なる可用性向上を実現

ダウンタイムを極小化する“秘策”とは?

図版:仮想化された基幹系システムの更なる可用性向上を実現

仮想化の適用範囲が拡大し、情報系だけでなく、基幹系にも仮想化を適用するケースが増えており、それとともに「可用性の確保」が極めて重要な課題となっています。

こうした課題を解決する“秘策”ともいえるのが、すでに国内で多くの基幹システムに活用されている仮想化基盤「VMware vSphere」とNECのクラスタソフト「CLUSTERPRO」を組み合わせた対策です。

障害発生時でも仮想マシンとアプリケーションの迅速な切り替えを実施し、ダウンタイムを限りなくゼロに近づけるその対策とは?(2012年5月24日)

仮想化された基幹系システムの更なる可用性向上を実現するのは 「CLUSTERPRO」です。

ネットワークもサーバも「まるごと仮想化」

ネットワーク管理者&サーバ管理者必見!仮想化の全社展開に伴う悩みを解消!

図版:ネットワークもサーバも「まるごと仮想化」

サーバ仮想化のメリットが理解され、部門導入が進む中、“第2フェーズ” にあたるサーバ仮想化の全社展開に取り組んでいる企業では、ネットワーク管理面、そしてサーバ管理面でさまざまな課題を抱えています。

それらの課題を一挙に解決できる「まるごと仮想化」について、ネットワーク管理者の樋下(といした)さん、サーバ管理者の後藤さんの2人と一緒に、そのポイントを探っていきましょう!(2012年5月23日)

「まるごと仮想化」を実現するのは、「OpenFlow対応製品 UNIVERGE PFシリーズ 」と「WebSAM SigmaSystemCenter」です。

仮想化で終わらないために。プライベートクラウドを実現する3つの重要なポイント ~「ネットワークの仮想化」から、「省エネ対策」についてまで

【有識者対談】多くの企業が意識し始めたプライベートクラウド。真のメリットと実現のためのアプローチを検証

図版:300のユースケースに裏付けられた、現場が求める「クラウド運用」とは?

単なるサーバの仮想化統合で終わらずに、真のメリットを享受するプライベートクラウドへと進めるためには、ネットワークにも柔軟性、効率性の追求が必要になります。

これを実現する手段として注目を浴びている「ネットワークの仮想化」から、「IT基盤の共通化と運用の標準化」、「省エネ対策」まで、プライベートクラウド実現のための重要ポイントについて、国内外のクラウド事情に詳しいアナリストと日経コンピュータ 編集プロデューサーの対談を紹介します。

300のユースケースに裏付けられた、現場が求める「クラウド運用」とは?

プライベートクラウド化の意義やメリットを紐解き、実現のために必要な要件を解説

図版:300のユースケースに裏付けられた、現場が求める「クラウド運用」とは?

プライベートクラウド構築・運用経験の中で得られた約300のユースケースを基に、運用現場が本当に必要な機能は何か考え抜いた結果、誕生した「WebSAM Cloud Manager/vDC Automation」。
一般的なIaaSの環境では「インフラ管理」と「業務運用」が独立することで、それぞれの業務部門に管理機能が必要となってきます。

このような自ら実践しているからこそ見えてくる要件に応えるWebSAMが、現場が求める「クラウド運用」を実現します。(2012年2月29日)

ページの先頭へ戻る