ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

運用管理

サービスの利用状況を見える化し、リソースの払い出しやモニタリングなど、クラウドシステムの運用を自動化、効率化する機能を提供。クラウド化に向けた前段階として、既存の物理環境と仮想環境のインフラ管理を効率化する機能も提供します。

クラウド運用の自動化とセルフサービス化を実現したい
[WebSAM Cloud Manager/WebSAM vDC Automation]

企業内に所有するマルチベンダ環境下のICTインフラを一元管理し、手間のかかる構築作業や日々の運用など、クラウド運用全体を自動化します。
さらに、セルフサービスポータルにより、オンデマンドなサービス利用の利便性向上と管理の効率化を実現します。

図版:クラウド運用の自動化とセルフサービス化を実現したい

クラウド運用の自動化

仮想マシンの払い出し要求に応じて、仮想マシンの構築からストレージ割り当て、ネットワーク設定、アプリケーションのインストール、監視設定まで、実際に業務で利用するために必要となる一連の設定作業を自動化します。これらの自動化手順は、NECの検証済みテンプレートとして標準提供しています。また、ICTインフラを共有リソースとして一元的にプール管理し、利用 部門や用途・種別に応じた柔軟なリソース管理が可能です。

また、いち早くSDNの概念を取り込み、OpenFlow対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」と連携することで、サーバ・ストレージに加えて、ネットワークの仮想化と集中管理が可能となり、クラウド運用全体の自動化が可能です。

ポータルを介してセルフサービス化

セルフサービスポータルを介して、業務部門が自ら利用申請や仮想マシンの運用操作(電源ON/OFF、スナップショット作成・リストア指示)、稼働状況の確認が可能です。役割に応じて必要な管理機能を実装した標準ポータルは、業務に合わせてカスタマイズも容易。IaaSに関する一連の作業をシームレスに実行できます。

サービス利用状況の見える化

ICTリソースに価格を紐付けてサービスとして提供し、業務部門ごとの契約情報を一元管理して見える化。自動的に収集・蓄積した利用内容や契約変更情報を活用することで、部門ごとのICTリソースの利用コストを把握できます。

導入効果

  • ICTインフラの提供までのリードタイムを短縮
  • クラウドシステムの信頼性向上、運用コスト削減

物理・仮想環境を統合管理し、ITリソースを有効活用したい [WebSAM SigmaSystemCenter]

混在する物理環境・仮想環境を統合的に管理し、全社共通のICT基盤(リソースプール)として自律的に最適化することで、ITリソースの有効利用と運用コスト削減を実現します。

図版:仮想環境を統合管理し、ITリソースを有効活用したい

統合管理による運用の標準化

異なる仮想化基盤(VMware vSphere、Citrix Xen Server、Microsoft Hyper-V、KVM)から物理環境までを一元管理。1つのコンソールから各リソースの稼働状態の把握や電源ON/OFF、マシン増設など、同様な操作性で運用できます。

ITリソース管理の効率化

ITリソースをプール化して集中管理。CPU・メモリ・ディスク容量など、簡単な操作で各種リソースの割り当てや変更ができるため、複雑なITリソースの管理を簡易化し、運用者の負担を軽減します。

リソース最適配置による省電力運用

負荷に応じて、仮想マシンを自動的に集約・最適配置することで消費リソースを平準化。集約により余剰となったサーバを電源OFFすることで省電力運用を実現し、サーバ集約のメリットを最大化します。

導入効果

  • 運用品質の向上、管理コスト削減
  • 負荷に応じたITリソースの有効活用


ページの先頭へ戻る