ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

高効率インフラストラクチャ

高可用・高信頼かつ拡張性の高い仮想システムの構築と、運用の効率化を支援します。さらに、短期間でクラウド基盤を構築可能なレディメイド型製品もご提供 します。

高可用・高信頼な仮想化システムを構築したい [CLUSTERPRO]

多様なハイバーバイザをサポートし、仮想マシン・ゲストOS・アプリケーションの状態をきめ細やかに監視。
障害発生時に別のサーバ上で動いている仮想マシンに業務を引き継がせることで、仮想化システムの可用性を向上し、業務継続を実現します。

図版:高可用・高信頼な仮想化システムを構築したい

きめ細やかなアプリケーション監視で早期に障害を検出

アプリケーションが実際に動作しているかを確認する高精度な監視により、仮想化基盤の機能では検知困難なアプリケーションのハングアップも早期に検出し、迅速な業務切替を実現します。

システムリソース監視で障害予兆を検出

従来どおり障害発生後の『守り』の切替に加えて、障害発生前に未然に『攻め』の切替を行うことで、システム全体の可用性を向上させる賢いフェイルオーバを実現します。

無停止フェイルオーバで可用性を向上

vMotion(VMware) / Live Migration(Hyper-V、KVM) / XenMotion(XenServer)をサポート。ホストで障害検出時、ライブマイグレーションを試行して不要な業務切替を排除。業務を無停止でのフェイルオーバを実現します。

導入効果

  • 仮想化・クラウド環境の耐障害性を向上
  • 計画保守/障害発生時、その両面よりシステムの可用性を向上
  • 仮想化で複雑化したことによる管理者への運用負担を軽減

柔軟な拡張性をもつクラウド共通基盤を、より手軽に、よりスピーディに導入したい [Cloud Platform Suite R3]

NECのICT共通基盤構築ノウハウを活用して、柔軟な拡張性をもつクラウド共通基盤の短期間での導入を実現します。
導入後の運用を考慮した設計・検証をしており、ドキュメント(説明書、利用の手引き、運用ガイドライン)も添付していますので、すぐにご利用を開始いただけます。

図版:柔軟な拡張性をもつクラウド基盤を、より手軽に、よりスピーディに導入したい

あらかじめ設計・構築済みのICT共通基盤としてパッケージ化

NECがこれまで培ってきたICT共通基盤構築ノウハウに基づき、あらかじめ設計・検証された機器構成(ハードウェア、ソフトウェア)で、構築済みのパッケージとしてご提供*します。購入後の設計・セットアップ作業が不要なため、スピーディにICT共通基盤を導入することができます。

*ご提供範囲は、OS以下の仮想化基盤となります。

導入後の基盤運用を簡易化する運用ガイドライン

製品の説明書に加え、仮想化基盤運用のポイントや実際の操作手順を記載した運用ガイドラインを標準添付。OS以下の仮想化基盤までの運用を簡易化し、導入後の運用コストを削減できます。

増設設計が不要な優れた拡張性

最小構成からの導入であっても、ICT共通基盤として将来の拡張まで見据えたシステム設計を実施しています。このため簡単かつ安全に機器を増設でき、運用に合わせた段階的なITリソースの追加が可能です。

導入効果

  • ICT共通基盤の導入期間を大幅に短縮
  • 仮想化基盤の運用管理の簡易化により、導入後の運用コストを削減
  • 導入後の拡張も容易で、短期間での増設・移行が可能

複雑化するネットワークの構成変更や運用を効率化したい [プログラマブルフロー]

ネットワークのシンプル化・可視化・仮想化を実現し、サーバ・ミドルウェア・アプライアンス等と合わせてリソースをプール化することでシステム全体の柔軟かつ効率的な運用を実現します。

図版:複雑化するネットワークの構成変更や運用を効率化したい

ネットワークの可視化

通信経路を可視化することで、通信異常や遅延の発生などの品質低下を検出でき、運用管理者の負担を軽減します。

ネットワークの仮想化

物理構成情報をコントローラが集約し、複数のスイッチを1台の大きな仮想的なスイッチとして管理可能。物理ネットワーク上に仮想的なネットワークとして複数のトポロジー(仮想テナントネットワーク:VTN)を組むことができます。

ネットワークのシンプル化

コントローラによる通信経路制御の集中管理により、従来のようなデータの流れの中にネットワークアプライアンスを組み込むようなサイロ型のネットワーク構成は不要。物理構成にとらわれないシンプルなネットワークを実現します。

導入効果

  • 高い柔軟性と拡張性により、初期投資をミニマム化
  • 物理構成に捉われない自由度の高い設計により、構築コストをミニマム化
  • ネットワークの可視化により、運用・監視・障害対応コストをミニマム化


ページの先頭へ戻る