ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. プライベートクラウド(自社構築)
  5. 導入のアプローチ
ここから本文です。

プライベートクラウド導入のアプローチ

リスクを抑えつつ効果的なクラウド導入を実現

ICTコストの最適化と運用効率化が期待されるプライベートクラウド。
しかし、部門やシステム毎に縦割りで構築されたシステムを、一気にプライベートクラウド化することは、過大投資や運用変更によるリスクをともないます。
そこで、NECでは、仮想化を起点に段階ごとの課題を解決しながら着実にステップアップしていくアプローチを、リスクを抑えた効率的な進め方として提案しています。

着実なステップアップの実現をNECの高信頼なプラットフォーム製品がサポートします。

全社規模の仮想化(仮想化の全社展開)

高可用性が求められる業務システムも含めて全社規模で仮想化を導入することで、サーバ統合による台数削減や、老朽化したシステムの延命などのメリットを最大化することができます。その際に検討すべきポイントをご紹介します。

仮想化共通基盤の導入

ICTリソースを集約しリソースプール化した仮想化共通基盤を構築することで、全社レベルの最適化を進めることができます。その際に検討すべきポイントをご紹介します。

運用の自動化・セルフサービス化の実現

従来、IT部門が、業務部門の要求に応じて、行っていた設定・構築作業を自動化することで、さらなる効率化が可能となります。 その際に検討すべきポイントをご紹介します。

SDNを活用し仮想化のメリットを最大化

SDNを活用し仮想化のメリットを最大化

サーバ、ストレージに加えて、ネットワークの仮想化と集中管理を行う事で、機器台数の削減やさらなる管理コストの低減が可能になります。その際に検討すべきポイントをご紹介します。

ページの先頭へ戻る